カテゴリ:■社会百態( 59 )

e0094583_20442529.gif日本《中國情報局》10月9日載文《中國送禮:留下價格標籤以顯誠意》,摘要如下:

在商店的收銀台,不經意聽到顧客和店員的對話。
店員:“是送人的吧?”
顧客:“是。”
店員:“那我把價格標籤撕下來。”
顧客:“啊,這樣就可以,不用撕。”
店員:“是用來送人的吧?”
顧客:“是。”
店員:“這樣可以嗎?價格會被人家知道!”
顧客:“這樣就可以。請不要撕!”

這位顧客幾乎可以肯定是中國人,也許正為回中國做準備,到商店來買些禮物。買多少錢的東西帶回去呢?問題是價格。在中國禮物的金額等於顯示誠意。

所以,必須把價格標籤留下。如果沒價格標籤,金額就不得而知。金額不得而知,就等於故意不讓人知道金額,就是怕金額被人知道,也就必定是便宜貨無疑。因此,出現了上述對話。

這在日本人看來,似乎難以想像。當然,並非全中國都如此。中國好像只是北方有這種習慣,而且今天在一些中國人身上也許已經看不到這種情況。

日本人也經常買禮物,送給親戚,或者分發給單位同事和左鄰右舍。但是,我們所帶的禮物,以溫泉饅頭之類的糕點為主,真正是區區的微小東西,表示“沒有忘記你”的意思。而中國人的禮物,是攝像機、高級化妝品等,是名副其實的“禮物”。

顯示禮物的金額,送給對方就不心虛,堂堂地表示,我是多麼為你著想,明確告訴對方我花了不少精力和金錢。這樣方能表達真心,才是誠意的直接表現。為此,很多中國人每次回國都為準備禮物而傷透腦筋。

我也經常得到中國留學生送來的禮物。我夏天回國,初秋返回學校,新學期一開始,學生就帶來禮物,說“這是老家的土特產”,但物品相當貴重。“我跑遍了北京,特意為老師買的。”“那肯定很貴吧?”我問道。他坦率地回答:“是的。”

那些禮物看上去是那麼高檔。鹿茸、人參、刻有我名字的印章、高級月餅、一套中國茶具。我也曾收到過茶葉,那也非常高檔,味道就不用說了,那容器和裝飾都透著一種高級感。似乎在說:“怎麼樣,夠檔次吧?”

中國人喜歡絢爛豪華更甚於別致,也許是為了表示精神旺盛,而非萎靡不振。這也許與中國整體欣欣向榮的景象有關。

日本學生暑假裏也到中國去短期留學,或者回歸故里,同樣也買土特產來。那就像是扔到助手室的桌子上一樣,放在那裏,都是些熊貓巧克力、地方上有名的糕點之類,請大家吃。

日本人、中國人花在禮物上的心思和努力還真不同。
[PR]
8月18日/隨著中國各地高考成績的陸續公佈,一張張高校錄取通知書送達學生手中,一場場“謝師宴”也陸續上演。許多酒樓飯店抓住這個商機,煞費苦心,推波助瀾,把“謝師宴”的規格抬得越來越高,已經有點變味了。
e0094583_621527.jpg


More
[PR]
e0094583_15514993.gif今年是中國農曆的丙戌年,也就是俗稱的狗年。隨著中國經濟的高速增長,城市生活水準不斷提高,今年中國各大城市寵物店的寵物狗尤其好賣。

More
[PR]
e0094583_22592.gif産経新聞2006/07/25
中国が国家プロジェクトとして進めているネット規制システム「金盾」をバージョンアップし、パソコン別検閲が可能となるなど、より巧妙化している。

More
[PR]
據稱,其他國家對於汽車的狂熱很難超過中國,因為對中國人而言,擁有一輛閃亮的新車,意味著達成了中產階級的夢。不過,顯然車子本身已不能滿足這些中產階級了,一塊車牌所能展示的象徵意義,幾乎要與汽車一樣的多。

More
[PR]
中国 マンション高騰で若者たちが結婚できない?
沸騰する中国経済は中国に繁栄をもたらし、中国の生活水準は日々上昇していると言われて久しい。テレビで紹介される上海のテレビ塔「東方明珠タワー」を背景とする美しい夜景は、中国の繁栄を代表するかのごとく強烈な印象を我々の脳裏に焼きつけている。

More
[PR]
e0094583_21262220.gif中國人怎麼這麼多啊!
e0094583_18475638.jpg
e0094583_18474575.jpg

[PR]
e0094583_18542548.gif中国で、5月1日の「労働節(メーデー)」に伴う大型連休は結婚式が集中するシーズンでもある。今年も各地から結婚式に伴う話題が寄せられている。中国新聞社などが伝えた。

5月上旬は気候もよく、しかも連休ということで、結婚するカップルにとっても披露宴に招待される人にとっても都合がよい。そのため、10月1日の国慶節(建国記念日)に伴う大型連休と並んで、結婚式が集中する。
上海市の場合、5月1日に始まった1週間の連休中に挙式するカップルは前年よりも3割程度増加して3万組に達すると予想されている。このため、披露宴の出席者も少なく見積もってのべ300万人に達すると考えられる。披露宴出席者が用意する「ご祝儀」は500元-1000元が相場なので、ご祝儀の総額だけで15億元-30億元の現金が動く計算だ。
披露宴の価格も上昇する傾向がある。上海市を中心に観光業、ホテル業、不動産業などに携わる巨大グループ錦江集団の傘下ホテルである新錦江大酒店では、結婚披露宴の定価を昨年より1割程度引き上げた。また、上海波特曼麗嘉大酒店(上海ポートマン・リッツカールトンホテル)の関係者は、上海市内の高級ホテルで結婚披露宴を催す場合、10万元程度が必要だとしている。
さらにこの時期、中国各地では集団結婚式が挙行される。地方政府やその関連機関、さらに共産党支部などが主催する公益的な性格が比較的強いものもあり、イベント会社が主催する豪華なものもある。
5月1日に河南省・許昌市で開催された集団結婚式では、参加した108のカップルが街をパレードして注目を集めたが、この集団結婚式は、ある企業が従業員を対象に開催したものだ。主催者側は、「結婚する人の経済的な負担を軽くする目的がある」と説明している。
なお中国都市部では、花嫁衣裳の主流は既に西洋風のウエディングドレスになっている(写真)。もともと中国の結婚式といえば、喪服などで使われる「白」は避け、衣装や調度品などすべてに縁起のよい色とされる「赤」を多用するのが常識だったが、人々の意識も大きく変化しているようだ。(サーチナ)
[PR]
29日は中国最大の祝日、春節(旧正月)。大みそかに当たる28日、北京では春節限定で13年ぶりに解禁となる爆竹と花火の準備が進んでいる。市民は久々に爆音の鳴り響く「春節らしい春節」に心を躍らせ、警察や消防は負傷者や火災の発生に備えて「厳戒態勢」を敷いている。
e0094583_16452238.jpg

 「元日の午前0時に市民が一斉に爆竹を鳴らす活気はすごいものだ」。アルバイトの男性(45)は春節が待ち遠しい。勤めていた工場が昨年閉鎖されたため、今は妻の月給を合わせても収入は1800元(約2万6000円)。「薄給の身では一瞬で燃えてしまう爆竹に大金はつぎ込めない」と言いながら、20~30元の安い爆竹を買い込んだ。

 魔よけなどとして、中国で長い歴史を持つ春節名物の爆竹と花火だが、劣悪品による負傷者や火災が後を絶たず、90年代には各地で相次いで禁止に。北京では負傷者544人、火災数十件が発生した93年の春節を最後に、伝統の光景が見られなくなった。

 しかし、経済発展で春節に娯楽性を求める人が増え、伝統文化を見直して爆竹や花火の解禁を求める声が高まってきた。低所得者の間でも「爆竹を鳴らすくらいの庶民の憂さ晴らしを許してほしい」という声があり、今年は全国約180都市で春節期間中に限って解禁となった。

 北京では今月22日から市内2116カ所の許可を受けた商店が販売を開始。市当局は安全確保のため、全地球測位システム(GPS)を搭載した爆竹・花火の輸送車を75台用意した。負傷者に対応するため、緊急医療態勢を組む病院や、「爆竹保険」を発売する保険会社も出現。消防局は119番通報の電話受け付けを通常の9倍に増やし、「厳戒態勢」を敷いている。

 家族や親せきが家に集まる伝統的な春節の過ごし方も変わってきた。北京や上海など経済発展の進む都会では、大みそかの食事をレストランで過ごす一家が増え、人気店は予約が取れない状態だ。

 春節期間中は1週間の休暇となるため旅行する家庭も多い。行き先は収入ランクに応じて欧米、東南アジア、海南島や雲南省などの国内に分かれる。今年の春節旅行の一番人気は、昨年9月にオープンした香港ディズニーランドだ。北京の旅行会社に勤める廖珍群さん(35)は「子供のいる家族に香港ディズニーランドは人気があり、ブーム真っ盛りで、既にツアーは満員。春節間際になって駆け込みで申し込みをしようとした人は、全部お断りした」と話す。2~4泊で、値段は1人5000~1万元以内が主流だという。香港入境事務所によると、春節を香港で過ごす中国人は、前年比8%増の約50万人に上ると予想される。(毎日新聞)

爆竹禁令解除 北京城炮聲響徹雲宵
今年大陸北京市區內終於可以放鞭炮,因此,大年夜裡到處鞭炮聲絡繹不絕,街道上煙霧迷漫,場面非常壯觀,帶你到北京去感受一下。
TVBS特派記者陸惠玲:「北京城的爆竹禁令解除了,12點一到到處都是炮聲隆隆。」
轟隆隆鞭炮聲,劃破寧靜的夜空,原本黑鴉鴉一片的市區,突然間,像是醒了過來,有放鞭炮的,也有看熱鬧的,整個街道炮聲響徹雲宵,這也難怪,因為北京市民已經有十二年沒這樣痛快的慶祝新年了。
記者:「是不是感覺特別過癮?」北京市民:「那肯定的,這都憋了十二年了,還不讓放著。」
燦爛的煙火在空中綻放,霹哩趴啦的長串鞭炮響個不停,北京民眾說,這樣才有過年的氣氛。北京市民:「感覺今年特別好,因為可以看到煙花,新年特別開心。」
往來為了怕引起火災,北京市區內禁止燃放鞭炮,但對中國人來說,不放鞭炮就不像在過年,這種習俗是禁也禁不了,於是在今年解禁,而這也苦了所有北京市的警察,大年夜不但不能休息,而且所有的警車必須全員出動,嚴陣以待,爆竹一聲除舊歲,北京今年的春節,特別有味道。
[PR]