<   2005年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

e0094583_13361953.gif一人っ子政策が始まって30年近くになった。その第一世代は今や中国社会で中堅を担うポジションになりつつある。
彼らがそう遠くない時期に社会の主流となってくれば、さてどのような変化が現れるのか。解答の一例がちょうど昨日(2005/11/27)のサーチナ・中国情報局に掲載されていたので引用させていただく。

サーチナ・中国情報局 http://searchina.ne.jp/

生活の質を重視:一人っ子政策世代が消費の主役に

BNPパリバの中国研究部が発表した報告によれば、中国の消費構造は大きな変革を迎えようとしており、今後、第三の消費ピークに突入するという。こうした状況の変化は、一人っ子政策で1970年代末に生まれた子どもたちが、消費の主力になり、この世代が、蓄財よりも消費に向かいやすい傾向があるためとしている。中国新聞社が伝えた。
BNPパリバでは、中国の消費者は従来、貯蓄率が高く、消費を低く抑えようとする傾向が濃厚だったが、一人っ子政策世代の消費能力向上に伴い、こうした状況が変化するという。今後3年間、中国の小売成長は年間13-14%の成長を維持することになるとしている。
中国の社会消費財小売総額は、01年には前年比10.1%増、02年には8.8%増、03年には9.1%増、04年には13.3%増となっていた。05年も13%前後の成長が見込まれている。
中国の一人っ子政策は1977年から始まっており、そこから生まれた子どもたちは、05年までに30歳前後に達している。この世代は、改革開放で最も恩恵を受けた時代に成長しており、特に大都市などを中心として、貧困状況は経験していない。彼らの親の世代と違い、総じて貯蓄に熱心ではなく、消費に積極的だという性格があるという。いわゆるその月の収入をその月に使い切ってしまう「月光族」(使い切ってしまうことを中国語で「光」という)がそれを象徴しているという。
生活に困るという状況を知らない彼らは、生活における質、特に個性的であることやブランドを重視、これらの特徴を備えた消費層が今後15年、中国の消費における中心となる。
このレポートでは、1981年以前に生まれた一人っ子政策世代はすでに9000万人を超え、現在25-30歳、これが第一世代を形成。82-98年に生まれた子どもは約3.2億人、この一人っ子政策第二世代の子どもたちは、第一世代よりもさらに成長環境がよかったと指摘。この第二世代も08年ぐらいになれば、徐々に主力消費層の仲間入りを果たすことになる。それ以降、中国の個人消費のポテンシャルはますます顕在化されることになると結論付ける。これが消費の第三のピークというわけだ。
このレポートでは、中国における消費の第一ピークは生活必需品を満足させた84-89年まで、第二のピークはファッションや自転車、一部の家電などのニーズをクリアした92-97年までとしている。第三のピークは、「質」が一つのキーワードとなって、ブランド、流行、食品の安全や衛生などのニーズが高まると見ている。また、不動産や自動車が最も注目される消費財となると予想している。
[PR]
e0094583_3514570.jpg
新民晚報 
經曆了28年的相濡以沫,又忍受了33年的生离死別,今天,巴金和夫人蕭珊,終于可以如巴老生前所愿,將兩人的“結局連在一起” 上午,巴老的家人捧著巴金和蕭珊的骨灰,來到長興島附近的東海海域,9時50分,玫瑰花雨中,兩人的骨灰被撒向大海,永遠地相融在一起,再不分离。

More
[PR]
by officemei | 2005-11-25 21:14 | ■上海
24日付の上海紙「青年報」によると、中国内陸部・湖南省衡陽県の児童養護施設が、誘拐された乳児の売買にかかわっていたことが発覚、施設代表や会計責任者など27人が警察に拘束された。同紙によると、同施設は数年にわたり、誘拐された乳児を800~1200元(1元=約14円)で引き取り、8000~3万元で、同省長沙市、広東省広州市などの夫婦らに「転売」。少なくとも100人以上の乳児が売買されたという。児童数に応じて国から支給される補助金も不正に受け取っていた。
う~ん・・・人身売買の背景にあるものを考えると、気が重い、滅入る。ん~ん・・・
[PR]
by officemei | 2005-11-25 20:29 | ■湖南
台北・華西街界隈の雰囲気が良く表れているので抜粋してみた。
「女ひとり・突撃アジア」のなかあき子著(青春出版社)から
雨が時折ばらつく、どんよりとした空。2月の台湾は、けっこう肌寒く、数日前から体調すぐれぬ熱っぽい身には、排ガスまじりの寒気がこたえる。空、道路、建物、オヤジの髪・・・目につくすべてのものがグレー。なんか、シケた街だなあ。台湾の浅草と呼ばれるオヤジな街、華西街。精カ系ゲテモノ料理店あり、アダルトグッズショップあり、娼館あり。初の台湾探険は、そんなオヤジ臭プンプンのところから始めたい。華西街のすぐそばに宿をとった。ガイドブックに載ってはいるものの、もろ連れ込み宿風の、雑居ビルの中にあるボロ宿である。案内された部屋は、3畳、窓なし、鏡張り、うっすらポマードの臭いのする枕。じめっとした空気は、前に泊まったオヤジの体温が残っているのか。これで1泊700元(約2,450円)。けっこう高いぞな。この宿で、台湾人の友人、日本人の友人と待ち合わせをしているのだが、なにせロビーもないボロ宿。雑居ビルの3階ということもあり、通りに出て待つことにする。ぼおっとビルの前に立っていると、妙な雰囲気に気付く。行き交うオヤジがジロジロ見ていくのだ。立ち止まる奴、ヒソッと話しかけてくる奴も。・・・アヤしい。「台湾のオヤジってフレンドリー!」なんて決して言える雰囲気ではない。数分前から、自転車を押す手を止め、目の前で立ち止まっている男がいた。小柄で、髪が薄く、年は六十前後か。目が合ったとたん、何か小声でまくしたててきた。やっぱりアヤしい、まわれ右。ドアを開け、階段を昇って宿へ戻る。すると、そのオヤジもついてくる。走る。オヤジも走る。おいっ、こいつは何なんだ? オヤジ; 「×◎△○×○×、○×○×・・・ (この女に、按摩してもらいたいんだけど)」宿主; 「◎△○×○! ○×、○×○! (アホ! この女は旅行者だ!)」 立ちつくす私、怒る宿主、「間違えちゃつたあ」かわいくテレ笑いしながら退場するオヤジ。この辺には、男のための按摩屋が多く、その客引きと間違われたってわけなんだな。ああ、これが華西街。その夜、友人に街を案内してもらった。乱暴にいえば、精力つけるぜ系食べ物屋、アダルトグッズ、みやげ物屋が順番に並んでいるような。蛇の生き血を絞るショーやら、スッポンをさばくショーやらが、精力つけるぜ系各店の前で行われている。オヤジは真面目顔、欧米観光客はウエッてな顔、子供はびっくり顔、とにかく皆凝視している。欧米の自然保護団体からクレームがくるとヤバイらしく、写真撮影は絶対禁止だとさ。そして、お次は「成人情趣用品」店、アダルトグッズショップ。こちら、かなりあっけらかんとしている。女子高生なんぞもいるではないか。友達へのプレゼントを選んでいるというが、どうなんかねえ。ふふふ。スケスケのエ口下着、イチモツにはめる毛がついたリング、女性の局部再現マシーンにゃあご丁寧にも、リアルに毛が生えているし,オヤジ雑誌の通販ページにあるような品々を、間近でじっと見られるのは新鮮なもんだ。「うっへぇ! これ、本当に入るんかい?」「ううむ、これをあそこにグルリと・・・い、痛いのでは」「なるほど。毛の感じがそれっぽいかも」勝手なコメントをブツブツ心で唱えつつ、グッズ屋をはしご。店頭の金ピカ巨根の置き物なんて、いったい誰が買うんでしょうなあ。この辺り、スーパーでも、キッチングッズやトイレットペーパーの脇の棚に、アダルトグッズが並んでいたりするぞ。通りをはさんで、さらに奥に続く商店街はほどよくさびれた雰囲気。うす汚れた螢光灯に昔の縁日にあったような射的なんぞのゲームが照らし出され、数十年前にタイムトリップしたようだ。揚げパンをつくる店やら、怪しげなカラオケスナックやら、どう見ても観光客向けではない店が目立つように。う~ん、そろそろ・・・という予感は的中。路地を覗くと、妖しく輝くピンクやブルーの螢光灯が目に入った。あの光は娼館に違いない。光に吸い込まれ、近づいていく。厚化粧の若い姉ちやんたちが、やる気なさげに店の前に立っている。奥には薄暗い部屋が。蛇、スッポシで精力をつけたオヤジたちは、蛾が明かりに引き寄せられるがごとく、色つき蛍光灯に向かっていくのか。そしてすっこ~んと魂抜かれて、帰りゆくのか。ここは「宝斗里」と呼ばれている。もともと歓楽街だったが、日本の台湾領有時代に娼館がわんさかできたという。日本の業者が、日本から娼婦を連れてやってきた。リトル吉原だったのだろうか。もちろん台湾人の娼館も続々登場。日本撤退後も、政府により公娼街として認可され、今に至るという。ちなみに、お値段は15分1,000元(約3,500円)。早い、若い、安いと三拍子。しかし、15分って。1分1秒たりとも無駄にできませんねえ。かなり集中せんと、いかんですねえ。この公娼街を抜けると、さびれた雰囲気の裏道にでる。さて、そこで目につくのは「鹿」の看板がズラリ。裏通りは鹿肉街であったのだ。「強壮精カ」看板にあるように、鹿肉も精カ系の食品なのである。一戦終えて魂抜かれたオヤジたちは、ここで精力を補給して、二回戦に挑戦なのか。それとも、古女房の待つ家に帰るのに、もう一歩たりとも動けないってんで、栄養補給か。そんな鹿肉、友人のすすめで我々も食べていくことに。サイコロステーキの形状をした肉が15個程で、100元(約350円)。粉ワサビをデロデ口に練ったもんと醤油で食す。それほど臭みもなく、固くもないが、うまくもない。息を止めて、コーラで喉に流し込む。むぐぐ。そして翌日。寝汗をやけにかいての起床。部屋が湿っぽい、不快。でも確かに熱は下がり、疲れもとれていたぞ、おそるべし鹿肉。そんな華西街に、結局三泊もしてしまった。路地を、脇道を、歩けば歩くほビ、オヤジな場所。ありゃ、私の黒のジャンパー、隣を歩いてるオヤジのと似てまいか? 串焼き食いながらアダルトグッズ屋台を覗く姿も・・・。雰囲気に流され、自分もオヤジ化せぬよう要注意。
[PR]
by officemei | 2005-11-24 19:26 | ■台灣
e0094583_17485792.jpg
2005年11月21日。台湾を訪れる日本人旅行者が21日、年間で始めて100万人を突破。これを記念して謝長廷行政院長(首相に相当)が、100万人目となった滋賀県近江八幡市の会社員、山脇善幸さん(24)に、台湾で100万円分の買い物ができるクレジットカードと、紹興酒やカラスミなど100種類の特産品をプレゼントした。山脇さんは出張のため同日、関西空港から台北空港に到着。空港からは当局手配の専用車で高級ホテルのスイートルームに招待された。山脇さんは「もらった特産品はものすごい量で自宅に入りきらない」と余りの厚遇ぶりに驚いた様子。「100万円で、日本の妻(24)に何か買っていきたい」と話していた。日本から台湾への旅行者は昨年は約88万人となっている。
(以下中国語)

日本觀光客破百萬 
今年日本來台觀光今天突破第一百萬人,這位24歲的日本籍旅客他將可以獲得高額獎金和食宿招待,行政院長謝長廷也會親自接待。

第一百萬日觀光客山協善幸:「謝謝,真的很感謝大家,突然被這麼多人包圍,嚇了一大跳,這次是因為工作來台灣,下次就會考慮來台灣觀光,謝謝,真的十分感謝大家。這位第一百萬入境台灣的幸運兒將可獲得額度高達百萬日圓刷卡金,以及100種的台灣特產,至於要如何處理這筆獎金,他興奮地表示目前還沒有決定。而下午行政院長謝長廷也會親自頒發獎品,觀光局希望透過這樣的活動,達到國際宣傳效果,促使更多觀光客來台觀光。

第100萬位來台觀光的日籍旅客今天誕生,他是24歲來台工作的山協善幸,觀光局不但盛大歡迎,還提供30萬元消費額度,同時搭配的五星級飯店,也以一晚1萬6280元的套房免費招待,這名幸運日本旅客還可以免費享用飯店一客5000元的松露大餐,兩天一夜下來,已經賺到將近34萬元。
山協善幸說,他這次是因工作關係來台,下次一定來台觀光。
e0094583_17493524.jpg

走進由香格里拉遠東國際大飯店提供山協善幸的房間,36樓的雅仕套房米白色系看來清爽怡人,還可眺望台北美景。飯店表示,為歡迎第100萬名日籍來台旅客,套房裡特別提供了頂級高山烏龍茶、水果、小米酒,和大師傅手工製作的巧克力,另外,39樓的滬式餐廳、38樓的義大利餐廳、7樓日本料理等的美食,都提供這名貴客無限享用。
觀光局為加強日本市場推廣,從今年9月1日起至12月31日止,結合台灣精品與農特產品廠商,辦理「加速百萬日人來台」抽獎暨「百萬旅客獎百萬」等活動,這項活動透過國際媒體向日本宣傳後,今年1至10月日本觀光客較去年同期成長30.12%。
觀光局指出,依據去年度每日來客旅客數加計成長比例,預估第100萬日本旅客將在11月21日誕生,這位第100萬來台的日本旅客,可獲得額度高達百萬日圓聯邦銀行台灣造型的聯邦旅遊卡在台刷卡金、100樣台灣特產、禮車接送,及香格里拉遠東國際大飯店的雅仕套房住宿。
100樣的台灣各縣市特色的產品,包括茶、高粱酒、天燈、布袋戲、油紙傘、玉、木雕、陶瓷及各式甜點等。
21日下午3時將在行政院大禮堂辦理歡迎記者會,並請行政院長謝長廷頒獎。
[PR]
by officemei | 2005-11-21 17:50 | ■台灣
陰吊變陰「掉」 男子扯斷精索LP腫得比柚大
e0094583_1515045.jpg

重達20公斤的重物,綁在氣功師傅的生殖器上,「嘿」一聲,輕鬆舉起……久久神功實在厲害,不過可不是每個人都能夠嘗試。坊間傳聞,陰吊功可增強性功能,讓男性朋友躍躍欲試,泌尿科醫師駁斥,這在醫學上毫無根據。

想要讓小弟弟抬頭挺胸,還是得用對方法,否則一不小心傷了小弟弟,變成縮頭烏龜,可得不償失。
[PR]
兵庫縣位在日本的關西地區﹐正好在日本國土正中央的位置﹐上方是日本海﹐下方則隔著瀨戶內海與淡路島﹐和四國相望。


一般人可能不知道兵庫在哪裡﹐但若說到神戶﹐大家一定有印象﹐神戶就是兵庫縣的一個靠瀨戶內海的港灣﹐也是觀光業最盛的一個大城市﹐像是神戶的港灣夜景﹐北野異人館﹐神戶牛排等﹐都十分具有魅力。

比起風華萬千的神戶﹐兵庫縣其實一點也不遜色﹐擁有已登錄為世界遺產的姬路城﹐還有有馬溫泉。湯村溫泉﹐城崎溫泉等馳名海內外的三大溫泉鄉﹐以及豐富的山海美食﹐與精彩的傳統工藝文化﹐此外﹐日本棒球聖地甲子園﹐和亮麗繽紛的寶塚大劇場也都在兵庫縣。

來到日本關西地區旅遊﹐除了京都﹐大阪外﹐不妨將腳步往西邊的兵庫縣﹐感受當地融合現代歐風與傳統和風之美的文化洗禮吧﹗

我的故鄉「姬路」
e0094583_22445165.jpg

e0094583_2245384.jpg

[PR]
by officemei | 2005-11-18 22:46 | ■日本
海外歸國留學人員昵稱一覽
海龜(海歸)﹔歸國留學人員
海帶(海待)﹔歸國留學人員回國後暫時待業者
海鮮﹔歸國留學人員回國後收到重用者
海藻(海找)﹔歸國留學人員中不斷找工作仍找不到合適工作的人
海草﹔海外歸來的因學術學歷背景不高﹐難以找到好工作的歸國留學人員
海鷗﹔目前頻繁往來于國內和海外﹐從事商務貿易活動的留學人員
海根﹔一批較早出國的留學人員﹐在國外已經拼搏多年後﹐願意“葉落歸根” 者
海派﹔由海外跨國公司或海外機構派遣回國﹐擔任駐華機構代表或中高層管理人員
海泡﹔已經學成或接近畢業﹐雖然非常想回國發展﹐但又對國內發展態勢不是很了解﹐左右為難地“泡” 在留學地者
海獅﹔"海歸” 大師級人物(主要指學術界權威)
海參﹔ “海歸” 學生﹐特指沒有工作經驗者
海星﹔ “海歸” 明星
[PR]
by officemei | 2005-11-17 17:26 | ■中国語
11月15日
つかのまの帰国、関西は紅葉最前線です。
e0094583_20353848.gif

e0094583_20341833.gif

e0094583_20361746.gif

[PR]
by officemei | 2005-11-15 20:36 | ■日本
到上海餐廳用餐時﹐一坐下來﹐常常都會給你一個精美的包裝﹐上方印有餐廳的名稱﹐裡面裝的是一條白色的小毛巾﹐屬於一次性使用的毛巾。有些餐廳則是提供紙巾﹐一樣印刷精美。當你覺得很開心﹐很衛生﹐很漂亮時﹐等到結帳你會發現﹐每一條要一元人民幣﹐真是令人當場昏倒。雖然不是很多錢﹐但是令人不解﹐為甚麼吃飯不提供紙巾或毛巾﹖你在這家餐廳用餐﹐吃完飯擦嘴還是另外給錢﹐這是甚麼道理呢﹖

當然﹐你有權力不要他提供的毛巾或紙巾﹐結帳時他必須幫你把錢扣掉﹐只是吃飯很少不用到毛巾或紙巾的吧﹖你要不就自行準備﹐要不就付錢了事。
[PR]
by officemei | 2005-11-15 19:07 | ■上海