<   2006年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

新聞やまちの大きな看板(評語塔)で見かけるスローガンだ。
そのたびに私は苦虫を噛み潰したような気持ちになり、そのあと幾許かの悲しさを覚え、ふと我に帰り、私は中国人でもないのになぜこんな気持ちになるのだろうかと苦笑する。
そもそも高校時代に「中国かぶれ」になった私は、当時文革さなかの中国で必ず叫ばれた、「為人民服務」のスローガンにころっとまいってしまった。
なんと素晴らしいことだろうか!
単細胞の私は中国を理想化して見ていた。

その後北京に暮らすこととなったが、着いて3日にして実情を理解し、ショックと憤りを覚えた。

スローガンというものは、単なる目標であり、決して出来上がったものを誇らしく謳い上げているものではない、ということだ。
当然ながら、スローガンは現状不可能、不実行なものを達成するための「鼓舞」である。
或いはこうとも言える。
スローガンにある「人」「人民」を権力保持者・指導者・共産党幹部に置き換えれば、正鵠を射ているかもしれない。

中国における「人」とは「選民」という意味なのだ。

中国は「法治」ではなく「人治」の社会だ。今、徐々に「法治」になりつつあるといった意見もあるが、最後の手段・決定権は今もって法ではなく「人」だ。
この「人」とは、人民ではなく「えらい人」なのだ。この現状は、私のような小市民には許容範囲を超えて理解もできないし不快感すら覚える。

とは言え、○○の深情け。
私はそんな「中国」でも「好き」だから仕様が無い。

「教育は国の本、国家百年の大計」
確かにそう思う。
酒の芳醇さと同じように、人の素養は長い歳月をかけて醸造される。
無知は不幸に繋がり、偏った教育を受けた者の思考・行動には歪みがある。

私は仕事の関係で中国の高卒の若者、大学生と話す機会が多い。
これまで既に600名以上の若者と面談した計算になる。
チベット、青海、新疆、海南、雲南以外の殆どの省や地域の学生に会った。

高校には普通科と職業・技術科(中専)があり、明らかに資質が違う。
大学も4年制本科から3年制大専、自考大学、成人大学や通信教育課程やら複雑で、日本の大学制度と単純に比較ができない。
日本の大学、短大、高専、各種専門学校、技能訓練校を含めたものが「大学」と理解したほうがいい。

大学本科学生は実に優秀だ。
キングスイングリッシュの正確な発音で英語を話せる者や、国際事情や経済動向を的確に把握し論じることができる者、古典の造詣が深い者等、知的センス溢れる者も多い。日本の学生などとてもたちうちできない知識だ。

私の接触した学生に限って言えば、「できる者とできない者」の学力差が極端で、中間層(普通程度の知識)が意外と少ないように思う。

例えば中専(職業・技術科高校)卒の知識。
英語;10から1までの数字を逆に数えられない、身体の簡単な部位を言えない。
地理;アメリカやイギリス等主要国の首都すら知らない、
歴史;1949年10月1日共和国成立は知っていても、1945年8月15日が何の日か答えられない者がいる。嘗ての国都やその王朝名を知らない。ましてや世界史の範疇になるとまったくわからない。
算数(数学ではない);三角形の面積がもとめられない者もいる。簡単な体積のもとめかたを知らない者が多い。
理科;基本的な元素記号も知らない。
国語(古典);有名な論語の一節、或いは唐詩の一句を教えてと言っても覚えていない。

この差はいったいどういうことなのだろうか?
日本の教育が秀でているとはお世辞にも言えないが、少なくとも上記のような最低限の基礎知識はあるように思うが、実態は如何なものか。

別にこんなことを知らなくても生きていける、と言われればそうなのだが。
要はその程度の知識すら無い者が結構多いということだ。
もちろん「頭がいい」と「勉強ができる」とは意味が違う。
日本では、社会への適応、人間関係の構築、先見性、分析、決断等の能力を発揮し、学生時代の劣等生が優秀な社会人になっている例は多い。

中国は学歴偏重社会、「落ちこぼれ」にはかまっていられないのだろうか。
大卒と高卒の社会的待遇格差は大きい。
より良い生活を求めるためには学歴が必要。
「文化」「ゆとり」は一定以上の経済基盤が確保された者たちが享受できるもの。

今日のような激しい競争社会の中で、「上」を目指す者と、「淘汰」され「うだつ」のあがらぬ者との差が、教育内容の結果だとすれば悲劇だ。

諦観に充ちた顔つきの若者を見るのは辛い。
短絡思考で人生を誤まる若者は惜しい。
無知による非道徳的な言動には、不快感を感じることがある。
エチケット、倫理に欠ける振る舞いは腹立たしい。
それもこれも、すべて教育がどうあるべきかに起因する。


(追加;参考)
2006年5月22日 世界鑑測 中国・キタムラレポートより
景気が良くとも、「新卒失業者」100万人

中国の学校制度では、大学院、大学、専門学校といった高等教育機関を『高等学校』に分類し、『中学校』の分類に「高級中学」と呼ばれる高校や「初級中学」と呼ばれる中学、更に「職業中学」(高校・中学)が含まれる。
ちなみに、中国の標準的学校制度は日本と同じく義務教育の小学6年・中学3年、更に高校3年、大学4年の六三三四制である。
中華人民共和国が成立した1949年の時点では、この『高等学校』は全国に205カ所しかなく、在校生はたったの11.6万人に過ぎなかった。その後、学校数はかつての日本で雨後のタケノコのように設立された駅弁大学よろしく年々増加し、「普通高等学校」に分類される大学だけでも、1990年には1075校だったものが、2005年には1778校にまで増大している。
中国の大学は1999年に募集人数を前年比45万人増と大幅に拡大したが、その後もこの傾向は続いており、2002年の卒業生が145万人であったのに対して、2003年212万人、2004年280万人、2005年338万人と増大を重ね、2006年の大学卒業生は413万人になる予定である。
極めて厳しい大学卒業生の就職戦線
経済発展の著しい中国ではあるが、大学卒業生の就職戦線は極めて厳しく、卒業生の増大に伴う新卒者の失業者数は大幅に増大している。2002年に37万人であった大学の新卒失業者は、2005年には79万人にまで拡大している。まさに、『大学は出たけれど』という小津安二郎監督が1929(昭和4)年に制作した映画のタイトルと同じ現象が起こっている。
しかし、小津監督の映画は昭和初期の長く続いた厳しい不況を背景にしたものであったが、中国の場合は好景気に沸いており、状況が正反対であることは興味深い。
中国政府の就職関連データによれば、2006年に都市で就職を必要とする人数は約2500万人(内訳:新規労働者=新卒者 900万人、都市部登録失業者840万人、一時帰休者460万人、農村からの出稼ぎや退役軍人300万人)であるのに対して、都市部の新規雇用数は1100万人で、最終的には1400万人が余剰労働力となり就職できないと予測している。
2006年の大学卒業予定者410万人の全員が都市部での就職を希望するわけではないと思うが、現在の都市と農村の格差を考えれば、都市での就職を望むのが人情であり、相当部分の学生は900万人の新規労働者の一員として就職戦線に参加することになる。
2006年の大学新卒の失業者は2005年の79万人を上回り、恐らく100万人に到達しよう。
天安門事件が起こった1989年当時の大学卒業生は全国で58万人程度に過ぎず、稀少価値があり、大学卒業の肩書はエリートとしての出世の礎であった。ただし、当時は国家が大学の学費を補助していたため、大学卒業生には国家が就職先を指定する「分配制度」という規定があり、有力者にコネがあるとか運の良い人たちは都会に残れたが、コネもなく運も悪い人たちは泣く泣く農村に就職させられた。
この分配制度は1989年に「学生の職業自由選択、企業の採用自由選択」が特定地域で試験的に認められたのを皮切りに徐々に全国へ波及し、最終的に大学卒業生は就職の自由を勝ち取った。
中国が経済発展の歩調を速める中で大学卒業生の需要は極めて大きく、新卒の失業者などはあり得ない状況が続いていた。外資系企業による採用も増えてはいる。だが、赤字を抱える国有企業の整理による失業者の増加、大学入学枠の大幅拡大に伴う「大学生」の急増などの理由で、大学卒業生の職場は徐々に狭きものとなり、いつの間にか新卒失業者が大量に生み出されるようになっていった。
よく使う中国語に「供不応求」(供給が需要に応じられない)という言葉があるが、今の中国の就職戦線はこれとは逆で学生の供給過剰の状況にある。
中国の大学の卒業式は7月であり、2006年の大学卒業予定者の就職戦線は今まさに最終段階にある。あるメディアがこれら大学卒業予定者を対象に行った就職状況の調査によって、4月の時点ですでに就職を決めている人の月給は、1000元(約1万5000円)未満が13.1%、1000~1500元(約2万3000円)以下が34%であり、まだ就職できていない人の30.7%が最初の仕事の月給は1000~1500元であると考えていることが判明した。
それでは、月給1500元以下ということはどういうことを意味するのか。
湖南省統計局のデータによれば、2005年における湖南省の労働者の平均年収を12カ月で割った平均月収は1305元、省都である長沙市の平均月収は1792元である。かつては大学卒業の学士様はエリートとして扱われたが、今やその初任給は中卒者や高卒者を含めた労働者の平均月収にも及ばない。
学歴無用論が台頭?
北京の新聞「北京晩報」は2005年8月22日付の記事で、北京の大卒者の初任給は1500~2000元と報じているが、2006年の初任給は更に下がっているようで、中国はまさに『大学は出たけれど』時代に突入したようである。
大学の学費が安ければ、初任給が安いことも多少は納得がいくかもしれないが、中国の学費は庶民の給与水準から考えると極めて高い。大学の学費については次回に譲るが、大金を費やして「大学は出たけれど」では、算盤に合わない。
これでは教育熱も冷めようというもので、中国では学歴無用論が台頭するようになるかもしれない。
[PR]
2006/03/24
廈門(アモイ)は連日雨。3月下旬だというのに気温12度、寒い。
窓外に靄った鼓浪嶼の鄭成功像が、遠くには小金門がかすかに見える。
明日は市内でマラソンの国際大会が開かれるが、雨とこの気温が続けば選手たちにはきついレースになるだろう。

このまちは「台湾」を感じさせてくれる。
福建省内は方言が多く、ちょっと離れただけで言葉が変わるが、ここ廈門は閩南語なので、台湾と同じ方言だ。
傍らで耳を欹てていると台湾にいるような錯覚を覚える。
ダウンタウン(老街)の様相も、そこから醸し出す独特のまちの匂いもやや似ている。この匂いは省都福州では感じなかった。

鼓浪嶼は逆に中国っぽさも台湾っぽさも無く、レトロモダンの風が吹いている。この小さな島は、嘗て多くの富裕層や芸術家・音楽家に愛され、中国の中でも別天地だった。
今でもその名残があって、狭くて細い、曲がりくねった小道のところどころに古い洋館がちゃんと保存されていて、一種独特な小世界を形成している。

鼓浪嶼を含めて、廈門(アモイ)はコンパクトに纏まった、いいまちだ。
今回で二度目の訪問、これから何度も訪れる予感がする。

2006/03/25
昨日、廈門(アモイ)から福清に着く。ずっと雨。
オデッセイに乗りハイウエイを走った。
道路地図を見ると海岸線の遥か向こうに台湾があり、廈門~福清の距離をそのまま約90度右へずらせば台湾台中市にとどく。もちろん視界には入ってこないが、台湾海峡を隔てた向こうに「台湾」がある、ということを実感した。

30年余り前に台北で暮らしていた頃の短波放送が突然頭をよぎった。
「廈門の33456同志、注意して聞いて下さい。こちら中国国民党です。あなたの○月○日付けの情報を確認しました。その内容に基づきある人物を派遣します。接触方法は次回の連絡で確認してください・・・」

国民党のスパイが閉塞した共産中国にそんな簡単に入ることができるのだろうか、それとも国民党が台湾に移る前から敵地に残留させた諜報員なのか、或いは単に攪乱のための電波攻撃なのか、私には実感が涌かなかった。
台湾と大陸は大きな壁で遮られていたからだ。
だが、当たり前のことなのだが、距離的には至近距離なのだ。
その「近さ」を、福建の海岸線を走り漸く実感できた。

約3時間のドライブだった。
2年前同じルートを辿ったときは、ちょうど上海でF1レースが初めて開催される時期だったが、真っ赤なフェラーリの一団が私の乗ったアコードを追い越していった。途中のドライブインで休憩中の彼らにでくわしたが、レース出場のため香港から上海まで陸路で向かっているとのことだった。レースクイーンのおねえちゃんも同乗させて、車体と同じ真っ赤なユニフォームですごくカッコよかった。今回はそんなハプニングも無く、雨降る中を休憩も取らず走り続けた。
3月下旬の福建でこんな寒さは辛い。

アモイ;
[PR]
by officemei | 2006-03-27 18:23 | ■福建
台湾各地の公立小学校や中学(中学と高校)などから取り除かれた蒋介石の銅像は、慈湖の蒋介石陵傍にある彫塑記念公園に「鎮座」している。既に113体に及ぶが、中には孫文や蒋経国の銅像も混ざっている。今後更に増える見込み。
さて、こちら中国ではまだまだ毛沢東の彫像が各地に「鎮座」しているが・・・
e0094583_333038.jpg

e0094583_3331528.jpg
e0094583_3332986.jpg


「慈湖」
台湾北部、台北市から30キロほど離れた桃園県の山中、慈湖という湖の近くに「慈湖」と「頭寮」と呼ばれる2つの屋敷がある。ここにはそれぞれ、蒋介石と蒋経国という台湾の元総統(大統領)の遺体が安置されている。

蒋介石は中国大陸の浙江省の生まれだが、第2次大戦後、国民党軍を率いて共産党軍との内戦を戦って破れた結果、1949年に国民党の主力部分とともに台湾に逃げてきた。蒋介石はそれ以来、大陸に反攻して共産党を倒すことを目標に掲げ、それを達成できないまま1975年に死去した。「大陸を奪還するという志が半ばであるうちは死に切れない」「遺体は大陸の故郷である浙江省奉化県に埋葬してほしい」という本人の遺志に基づき、遺体は埋葬されず「お通夜」の状態に留め置かれ、生前に蒋介石が「故郷の景色に似ている」と言ってお気に入りの場所だった慈湖のほとりの別荘が遺体安置所に定められた。

蒋介石の死後、長男の蒋経国が総統職を継いだが、1988年に蒋経国が死去したときにも、まだ「大陸反攻」は実現していなかった。それどころか、1979年にアメリカと中国共産党政権が国交を回復し、事態は台湾にとって不利になるばかりだった。蒋経国は晩年には、大陸反攻の目標を捨て、台湾だけで単一の国家になる「台湾化」の方向を模索し、自分の後継者として副総統に本省人(国民党が来る前から台湾に住んでいた土着の家系の人)である李登輝を据えていた。

とはいうものの、蒋経国の死に際し、父親の蒋介石が葬儀もせぬままの状態なのに、息子の埋葬を先にするわけにはいかなかった。蒋経国の遺体は、父親同様に埋葬されず、父親の遺体が安置されている慈湖の屋敷の近くにある別の屋敷(頭寮御陵)に安置された。(田中宇氏の文章より)


以下中国語~
銅像落難 兩蔣成裝置藝術 擺在公園
台灣各級機關學校拆除蔣介石銅像後,這些銅像統統都聚集在慈湖蔣介石陵寢旁邊的雕塑紀念公園里,到目前為止已經有113座,各式各樣來自各地的銅像,讓人眼花撩亂,而且仔細看,其中居然還有孫中山先生及蔣經國的銅像。

來到慈湖雕塑紀念公園,我們放眼望去,看到的是一整排的蔣中正半身銅像,它們大多是來自台灣各地的國中,還有國小。

真的不騙你,這里應該是全台灣最多銅像的地方了,大大小小,銅銅、青銅加起來一共已經有113座。

除了半身的蔣中正銅像外,這里有坐著的、站著的,以及騎馬的蔣中正銅像,加起來一共有60幾座,分別來自於全台各級的機關學校,像這一座綠色大型的蔣中正銅像,它就是來自於中壢龍岡的陸軍基地。

台灣『國防部』還沒有正式下令,就已經有軍方把蔣中正銅像搬來這里,似乎有一點迫不及待。而如果你跟我們一樣仔細找碴,會發現這裡還有秘密。

說是蔣中正的雕塑紀念公園,不過,這里可不止有蔣中正銅像,您猜看看這一樽銅像,他是誰?他就是孫中山先生,這是中埔國小運過來的雕塑。

的確,常常有人分不清楚孫中山先生跟蔣中正,因此孫中山先生銅像坐在這里,好像也不會太凸兀,但除了孫中山先生還有這一位。您看看這一樽黑色的半身像,他是誰?他是蔣中正的兒子,蔣經國先生。

雕塑紀念公園里,三位老「總統」的銅像意外齊聚一堂,而草坪上還有許多空著的銅像基座,如果台灣『國防部』真的決定,要拆除各軍民的蔣中正銅像,那這里肯定要更熱鬧了。
[PR]
by officemei | 2006-03-21 03:35 | ■台灣
中評社~
“父母在,不遠遊。”這句孔子的古訓在中國無人不知。可對於在日華人而言,孝敬父母已經成了一塊心病。很多人一想到此便不禁唏噓落淚。

More
[PR]
by officemei | 2006-03-20 20:28 | ■日本
e0094583_20283464.gif1、重建中華民族道德
胡錦濤的“八個為榮、八個為恥”的講話近日一發表,立即在全社會引起強烈關注和強烈反響,成為最近最熱門的社會話題之一。因為胡錦濤提出的這一民族傳統美德和時代精神相結合的榮辱觀,實際上回答了在生活多樣性越來越突出的當今時代,一個人,一個社會,究竟應該確立怎樣的價值標準和道德原則問題。“八榮八恥”讓生活在瞬息萬變的商業社會裏的人們,找到了鮮明的是非尺度,找到了價值和道德底線的歸宿感。(海南《海南日報》)
“八榮八恥”概括精闢,內涵深邃,體現了中華民族傳統美德與時代精神的有機結合,體現了社會主義基本道德規範的本質要求,體現了社會主義價值觀的鮮明導向。這對於引導廣大幹部民眾特別是青少年樹立社會主義榮辱觀、提高明辨是非的能力,對於轉變社會風氣,弘揚社會主義道德具有十分重要的意義。(北京新華報業網)

近年來,由於經濟建設的高速發展,而思想道德品質和社會公德教育又嚴重滯後,法律制度也不完善,導致民族整體品質倒退:損害國家集體利益、崇尚迷信、見利忘義、坑蒙拐騙、違法亂紀、驕奢淫逸的人和事可以說遍地都是。這些行為不僅僅存在于普通民眾之中,還廣泛存在於被譽為社會精英的黨員幹部特別是領導幹部之中,存在于作為國家經濟基礎的相當一部分工商企業之中。這些問題對國家的強大、社會的進步、經濟的發展、民眾的安居樂業的損害已越來越大,已到了非整治不可的時候了。總書記正是看到了這一點,地提出了“八榮八恥”,以“八榮八恥”來重塑中華民族的基本品質,促進中華民族的偉大復興,可以說是非常及時和正確的。(北京《中華工商時報》)

古人雲:“無羞惡之心,非人也。”所以,明是非、知榮辱、辯美醜,乃人之所以為人的重要標準。清代思想家龔自珍說:“士皆知恥,則國家永無恥矣;士不知恥,為國之大恥。”可見,是否知榮辱不僅關係到個人的品行和人格,而且關係到民族、國家的興衰。(廣州金羊網)

正是在這樣的背景下,以“八榮八恥”為代表的樹立社會主義榮辱觀的要求,迅即引起整個社會深處的強烈共鳴,掀起了一波加快構建社會主義榮辱觀的新浪潮。如果把依法治國的理念視為現代國家的執政之道,那麼,對於有著悠久儒家道德傳統的中國而言,樹立社會主義榮辱觀的以德治國之舉,更將為正在進行的改革攻堅夯實政治道德的基礎。(北京《工人日報》)

仔細地閱讀了“八榮八恥”的內容之後,感到這是一個成功的舉措。“八榮八恥”把祖國、人民放在了前面,而避開了政黨政治、也避開了社資的爭論,這在中共執政史上是一個很大的突破,以前與此類似的“五講四美三熱愛”中的“三熱愛”即是“熱愛祖國、熱愛社會主義、熱愛中國共產黨”。(北京人民網)

2、點明中國社會問題要害
近年來,党和國家領導人曾在各種場合曾經多次提到“社會主義榮辱觀”,但如此具體而微地談及“社會主義榮辱觀”,且把“榮”和“辱”擺在同等重要的位置,卻並不多見。“八榮八恥”可謂字字珠璣,不僅點出了中國社會當前問題的要害,也為重構中華民族的榮辱觀、促進良好社會風氣的形成和發展指明了方向。(北京《光明觀察》)

舉例來說,胡錦濤提出“以團結互助為榮、以損人利己為恥”,“以誠實守信為榮、以見利忘義為恥”,但在一些人的心目中,本應正大光明的市場競爭卻歪曲成“利己必定損人”,“要利必定忘義”的“發財經”,並以此自詡為了不起的江湖本事,以致不誠信、欺詐矇騙的歪風橫行一時,使得誠信建設成為當前完善市場經濟體制最頭疼的問題之一。胡錦濤提出“以辛勤勞動為榮、以好逸惡勞為恥”,“以艱苦奮鬥為榮、以驕奢淫逸為恥”,可在一部分社會成員中,卻歪曲成“累的不掙錢,掙錢的不累”的怪論。在少數官員中,則演變成“有權不用、過期作廢”、“鼓足幹勁受賄、抓緊時間享樂”的墮落人生,鬧出一曲曲紙醉金迷、驕奢淫逸的醜劇。“八榮八恥”強烈的衝擊力,就在於它猛烈地批評了現實生活中的價值和道德混亂現象,旗幟鮮明地表明瞭是非、善惡、美醜的界限,起到了弘揚正氣,激濁揚清的社會作用。(上海《解放日報》)

3、旨在剷除醜惡現象
“八榮八恥”榮辱觀的提出,旨在摒棄和剷除中國社會上出現的各種醜惡現象,制止因市場經濟化所帶來的道德缺失。胡錦濤總書記向人們強調要堅持“八榮”,改變“八恥”。也就是說,現在中國的各種社會醜惡現象可以歸結為“八恥”。(香港《東方日報》)

中國實施改革開放後,一直在認真完善法律制度,不過,行政改革和國民教育趕不上急劇的社會變化,根據法律和規則處理問題的體制尚未確立。在今年的“兩會”上,委員和代表們就振興農村、消除腐敗、發展環保等問題集中進行了討論和審議。但專家們認為,一些問題產生的背景非常複雜,不過,其共同點是“無視法律”,而無視法律是“八恥”的核心。(日本《讀賣新聞》)

目前中國官場存在六個“不以為恥”的現象:

一是不以跑官為恥。腐敗之中以買官賣官為最,典型的是黑龍江省的馬德、韓桂芝,賣官的數量之多,金額之巨,涉及的官員級別之高都是前所未有的。

二是不以貪為恥。收紅包,得回扣,開會拿禮品,現在很多人都習以為常了,不認為這是嚴重違反紀律的行為。

三是不以賭為恥。賭博就是為了贏錢,妄圖不勞而獲。這在封建社會都不認為是光彩的事。但隨著對外開放,社會染上了這種惡習,多數人不以賭為恥。還美其名曰,“帶彩娛樂”,談論起來還津津樂道。

四是不以造假為恥。俗話說,這個人說假話不臉紅,因為說假話是可恥的。現在反過來了,說真話還不好意思,得罪了那些說假話的人。

五是不以公款吃喝為恥。“嘴巴上的腐敗”更是機關頑疾。用公家的錢請客喝酒名目繁多,上級來人特別是領導來了捨命要陪,兄弟單位禮尚往來互相要請,關係戶有求于人要敬,招商引資要喝,大小會議按規定要招待,逢年過節單位內部要宴……。

六是不以鋪張浪費為恥。全國黨政機關近年來有一股攀比建設辦公樓的歪風,越建越大,越建越豪華,雖經中央多次發文制止,但有的仍我行我素,毫不收斂。(北京人民網)
[PR]
e0094583_2365675.gif台湾民進党のデモ当日、もうひとつの「デモ」が催された。
女性下着メーカー主催の下着デモンストレーション。
民進党のデモよりも注目を浴びた、とか。


民進黨今天舉行318遊行,台灣有上百名“辣妺”也選擇今天舉行另類遊行,她們同時穿著內衣走上街頭,向民進黨的遊行“嗆聲”,這一招果然奏效,立即成為傳媒鏡頭和民眾眼球的焦點,令民進黨的遊行黯然失色。

上百名辣妺上半身只穿內衣,就在百貨公司遊行起來,大方秀身裁的同時還喊出“我愛我的身體!”口號。辣妺們這種勇氣,當然是吸引大批路人注目。

據了解,這次“內衣大遊行”是台灣一家女性內衣廠商為宣傳自家品牌而組織的活動,參加者有機會奪得10萬新台幣獎金,結果一位實習老師成為了幸運兒。
e0094583_2312223.jpg
e0094583_2312417.jpg

[PR]
by officemei | 2006-03-18 23:07 | ■台灣
e0094583_2313498.gif
早上經常吃的豆漿燒餅,您有沒有想過,它有機會成為致富的工具。tvbs報道,我們要介紹的這個台商,10年前到上海旅遊,眼睛看到人潮,腦中卻想到錢潮。
e0094583_2315538.jpg
報道說,他成功的把台灣的早餐店帶到大陸,開了好幾十家的分店,不過後來卻跟很多台商一樣,遇到了商標問題,讓他不得不把打響的名號拱手讓人,帶您看永和豆漿在大陸的故事。

報道說,台灣熟悉的永和豆漿,在大陸也闖出不小的名號,故事一開始,要從台商邱耀輝談起,原本從事精品業的邱耀輝,1995年在上海開設了第一家全年無休的永和豆漿,讓大陸民眾第一次了解到,不到10塊錢的燒餅、油條,也能這樣賣。

台商邱耀輝:「這麼大的一個都市裡,一定會有人家晚上沒有睡覺的人,需要晚上工作的人,他們晚上要去那裡吃?沒有!」

誰說豆漿只能在早上喝呢,邱耀輝的新概念,給大陸民眾帶來思想上的改變,但好景不常,3年後,永和豆漿,遇上了勁敵。另一家永和大王,向商標局註冊,兩家都打著「永和」名號的豆漿店,在大陸展開商標權大戰。

從沒想到商標問題的邱耀輝,讓他的永和豆漿差點關門大吉,經過一連串的官司,邱耀輝決定跨出新的一步。

邱耀輝:「大家在這邊打混戰,會有一堆永和存在,如果這樣的話,我們趕快離開,去建立自己的品牌。」

喜年來是他連鎖店的新名稱,從早餐賣到消夜,年營業額達到上億元,而永和豆漿最大的供獻,是替台灣的永和,打響了知名度。
[PR]
by officemei | 2006-03-18 23:01 | ■上海
e0094583_1146596.gif在經歷連續14年經濟兩位數增長之後,上海的舊貌換新顔已贏得無數掌聲。但在讓數不清的人抬頭驚愕的同時,上海或許又悄然進入了一個新的瓶頸期。 國際金融報發表文章說, 用上海自己的話說這叫作發展“關鍵時期”。
e0094583_2316475.jpg
在新近通過的上海市“十一五”規劃綱要中,上海用大量篇幅闡述了“關鍵”的內涵。因爲它既面臨四個中心建設、籌辦世博會等重要歷史機遇,又存在人口資源環境的硬約束和自主創新能力不足的新難題。這樣的自我解剖,無疑是引人關注的。

準確地說,它是又到了一個新的轉折點。在經歷了城市形態的歷史性轉折之後,眼下的上海必須更務實地推進內在功能變化。這或許不如上世紀90年代那般轟轟烈烈,但無疑更緊迫、更關鍵,甚至更驚險。

産業瓶頸
2.5産業用意何在?
前幾天,日本先鋒、瑞士雀巢中國研發中心先後簽約落戶上海西郊生産性服務業集聚區。目前,已有56家企業簽約,其中80%以上韱約企業將其中國總部或研發中心落戶這裡。而有趣之處在於,此地原爲江橋工業區,去年6月開始啓動,目標是上海首個大型生産性服務業集聚區。

這種介于第二和第三産業之間的中間産業,被形象地稱作2.5産業。作爲現代服務業的重要組成部分,生産性服務業是“十一五”期間上海産業發展的重點。

有人把這理解爲上海産業發展的某種妥協或折衷。

上海這個城市和上海經濟的何去何從,一直是學術界討論的話題。上世紀80年代以前,上海第二産業一直居於發展的主體和主導地位。但到了80年代末90年代初,第三産業發展嚴重滯後的矛盾充分顯現,人們逐漸認識到三産應成爲上海重中之重。上海及時制定了“三二一”産業發展方針,使第三産業成爲整個經濟發展的主導力量。

儘管論辯不斷,但近年來趨於一致的看法是,在上海新一輪經濟發展中,必須突出第二産業與第三産業聯動發展,突出第三産業爲第二産業服務的力度。

顯然,如果上海作爲國際大都市的金融貿易功能和信息輻射功能得到充分發揮,長三角的經濟發展前景將不可估量。但是,退出低端製造業競爭,也可能使上海的GDP增速在一段時間內受到制約。

一方面,上海絕不願輕易捨弃具有傳統優勢的製造業;另一方面,又必須盡快接上服務業這條“短腿”。這是上海的兩難,但這或許又是突破土地制約、商務成本高企,進而實現經濟增長方式轉變的關鍵。

創新瓶頸
展訊模式能否複製?
在浦東張江,有個叫展訊的小企業。30多名“海龜”白手起家,花了不到兩年時間,研發成功2.5G手機的核心芯片。隨後,又用一年完成國內首個3G芯片。有人對此的評價是,這使我國生産的手機首次有了中國“芯”。

不管怎麽說,展訊正在成爲某種模本。或許它符合很多人的標準和期待,比如學成歸國、自力更生、艱苦創業、自主知識産權等。更重要的是,這符合當前上海城市發展的基本思路。

以2005年爲轉折,上海經濟將進入由高速增長轉向平穩增長的時期。顯然,轉入全面協調可持續發展的軌道,必須充分依靠科學技術進步提供强大動力。增强城市國際競爭力,核心是增强城市的創新能力。

不可否認,創新是一個充滿活力的城市的靈魂。創新型城市必須具備三個要素:創意階層、創意人才和文化包容性。上海在科教興市主戰略的推動下,創新的各種環境不斷優化。2004年到2005年,上海區域創新能力的綜合值位居全國首位。但目前而言,上海的創新體系幷不完善,不少科技成果通過企業轉化爲市場産品慢人一拍。

國際上根據驅動力不同,將一個國家或地區的社會發展分爲資源驅動、資本驅動和創新驅動。顯而易見,“靠山吃山,靠水吃水”的資源驅動型,和依靠蓋高樓、建馬路拉動社會經濟發展的資本驅動型,已無法滿足上海增强城市國際競爭力的需求。

創新型城市的建設確實是一個環環相扣的序列性動態發展過程,任何一個環節的脫落,都有可能導致城市創新活動的失敗。這是一條明知其艱難,却又不得不走的路。

管理瓶頸
機場出租車爲何難管?
出租車被稱作上海的窗口,但虹橋機場的出租車似乎是例外。

這真是老大難問題。在出租車長短途不分家的時候,幾乎每次都要看司機的臉色和冷言冷語,抱怨排了好半天的隊,輪到這一差二三十元的生意。後來分開後,許多外地乘客和老外總搞不清楚,自己要去的地方到底算長途還是短途,根本找不著北。

乘客的抱怨已有好幾年,乘車方案也幾經調整。但無論怎麽調整,矛盾似乎始終解决不了。但要知道,這是許多人對上海的第一印象。

近10多年來,上海城市發展的重點在“建”。許多到過上海的老外都感嘆,如此壯觀的建設場面,是他們聞所未聞的。但大拆大建之後,必然帶來的一個問題是,城市管理水平如何跟上?

上海也已看到這一問題,提出要按照科學發展觀的要求來管理城市,就要向管理要效益,在管理中求和諧,在和諧中求發展。要堅持“建管幷舉、重在管理”方針,不斷深化城市管理體制改革,加快推進城市管理信息化建設,建立一套可操作的城市管理考評、監督體系。

但要注意的是,在任何時候,要提高城市管理的水平,最重要的幷不祗是硬件設施的改進,而是必須確立“以人爲本”的出發點,以及“服務政府”的基本理念。

或許,隨著上海城市集聚效應的進一步顯現,城市管理問題會日益突出。而在上海建設“四個中心”和國際大都市進程中,這是必須克服的瓶頸。

輿論瓶頸
該不該競爭迪士尼?
今年兩會上,上海方面透露正與美國迪士尼公司接洽,爭取在上海新建中國大陸第一個迪士尼樂園。

不出所料的是,此言受到各方高度關注。媒體刨根問底自不待言,更多網友在網上發表評論,基本觀點也是老調重彈:“爲何上海什麽都想要?”

其實,對於這些網上言論,既可以理解爲民間的“妒富”心理,也可以理解爲人們對上海有著更高的期待與要求。如果上海能把這種壓力視作善意的鞭策,登高一步看問題,或許將是豁然開朗的新局面。

上海不斷在說,今後要重點做好兩篇文章,一篇是“加快自身發展”,另一篇是“服務全國”,這不僅是上海新一輪城市發展的基本戰略,而且已成爲上下一致的自覺行動。“上海是全國的上海”,上海要發揮中心城市功能,也祗有在更好地服務全國、融入全國中才能實現,也祗有通過服務全國,上海才能走出自己狹小的資源和市場空間,實現跨越式發展。

從城市功能形態看,迪士尼落戶上海,無疑有利於這座城市的轉型。但在競爭的同時,有些産業該放手的也要放,把“服務全國”看作發展途徑而非政治任務。若如此,輿論壓力或許就真能轉化爲動力。

理念瓶頸
張江真能超越中關村?
不可否認,張江是上海的寶貝,如同北京中關村那樣,都是各自政府夢想中建設的矽谷。

同樣不可否認的是,張江與中關村有著太多的不同。經常被人提起的是,張江屬政府主導型,中關村的發展更多體現自主發展的特點,因此中關村自主創新的能力顯得更强。

長期以來,效率快、透明度高的上海政府運作模式,一直爲人稱道。而從某種意義上說,這樣一個相對强勢的政府體系,既是上海的特點、優勢,也可能是局限。

顯然,沒有政府的强力推動,上海不可能實現上世紀90年代以來的重大變化。不過,在以增强國際競爭力爲主綫,以科教興市爲主戰略的今天,如果樣樣由政府直接主導,却可能是利弊互見的事。

應當看到,參與國際競爭的主體,不應該是政府,而是企業。如何充分調動企業的積極性,讓企業成爲真正的主角,而不再依靠政府扶持和關係生存,或許將直接關係到這座城市的未來活力。在打造服務政府、責任政府、法治政府的同時,更要提倡“有限政府”的新理念。

更寬泛地說,這種理念瓶頸存在於每個上海人心中。上海原本是個移民城市,且處於中西文化的交匯點,文化本質上是容納百川、追崇時尚的。但由於受到現實環境條件的約束,上海文化又表現爲目光短視、小富即安,探索性、進取性、冒險性都很弱。

這是一座城市的文化積澱,本無好壞之分。但真要實現新的轉型,根本還是必須超越自我。
[PR]
by officemei | 2006-03-18 22:57 | ■上海
e0094583_139180.gif千葉県光町のインスリン妻や滋賀県長浜市の2園児刺殺事件など、中国人妻による凶悪犯罪が続いている。日本の農村部の嫁不足と中国内陸部の貧困から、日本に嫁ぐ中国人女性が急増していることが背景にある。
だが、千葉事件のように最初から金銭目的のために嫁いでくるケースも少なくないという。増え続ける中国人妻の実態は?
「中国の寒村の女性は、日本人は金持ちで、嫁げばマンションにピアノ、高級車の生活が待っていると勘違いしている。だが、来日してみると大違い。このギャップが犯罪の背景にある」
こう指摘するのは元近畿福祉大講師で、会員制情報誌「月刊中国」編集長の鳴霞さん(49)だ。
鳴霞さんによると、農村部の日本人男性が中国人女性と結婚するケースの多くでは、日本に拠点を持つ中国人か、日本に帰化した残留孤児二世などがビジネスとして仲介しているという。
仲介業者は、日本人男性に若い女性の顔写真が並んだチラシで、「中国の純真な娘さんと結婚を前提にお付き合いしませんか」と持ちかける。中国人女性には「年収300万円の日本の大農家が花嫁を募集している」と話し、東京・銀座や大阪・心斎橋など都市部の繁華街の写真を見せて気をひくという。
仲介業者のターゲットになっているのは、黒龍江省など、貧しい内陸部出身の女性だ。実際、滋賀事件の女(34)と千葉事件の女(33)も黒龍江省出身だった。
同省はロシア国境に接し、工業を主要産業とするが、沿岸部のような改革開放の波に乗り遅れ、平均月収は500元(日本円7500円)以下と、中国東北部の中でも低所得者層が多い。
「黒龍江省は、旧満州国時代に日本文化に触れており、地理的にも近い日本を目指す傾向が強く、仲介業者の草刈り場となっている」(中国に詳しい関係者)という。
ただ、日本人男性から仲介業者に支払われる100-200万円の大半は謝礼や事前訪問の渡航費として消え、結納金や支度金として中国人女性側に渡るのはごくわずか。さらに、来日後に嫁ぎ先での本当の生活を知ったとき、「中国の地方都市のほうがずっと都会」と、すぐに逃げ出すケースが後を絶たない。
千葉事件の女のように最初から金銭や就労目的も少なくない。「千葉事件の女は生まれた子供2人を中国に連れ帰り、仕送り名目で中国に送金を続けていた。夫は金づるにされたあげく、保険金目的のためにインスリン注射で殺されかけていた」(捜査関係者)
厚生労働省によると、平成16年度の日本人の国際結婚は3万9511組。うち夫が日本人、妻が外国人のケースは3万907組で、妻の国籍は中国1万1915人で最多となっている。(ZAKZAKより)
[PR]
by officemei | 2006-03-18 17:03 | ■日本
e0094583_18201584.gif国家統計局は16日、人口の1%を対象とした05年末の抽出調査で中国の総人口が13億756万人になったと発表した。
00年の国勢調査と比べると、4045万人増加した。60歳以上の人口は1億4408万人(対00年調査比1410万人増)で、人口に占める割合は11%(同1ポイント増)だった。一人っ子政策と死亡率の低下によって人口の高齢化は急速に進んでおり、養老年金や医療費など若年層への負担増が問題視されている。
中国では日本の国勢調査にあたる全国人口一斉調査を10年に一度実施しており、1%抽出調査はその中間期に行われる。今回の対象者は1705万人。香港、マカオは含んでいない。
調査結果によると、総人口に占める都市人口の割合は42.99%(00年は36.09%)で農村人口は57.01%(同63.91%)。農村から都市への人口移動が進んだ。出稼ぎ労働者などを指す流動人口は1億4735万人(対00年調査比296万人増)だった。世帯数は3億9519万世帯(同4682万世帯増)。1世帯あたりの人数は平均3.13人(同0.31人減)で、核家族化が進んでいる。
学歴別では▽大学卒6764万人(同2193万人増)▽高校卒1億5083万人(同974万増)▽中学校卒4億6735万人(同3746万人増)▽小学校卒4億706万人(同4485万人減)--などだった。
毎日新聞 2006年3月17日には上記総人口が13億756万人になったとあるが、中国報道では「總人口為十三億六百二十八萬人」。

以下中国語~

國家統計局昨天公布人口抽樣調查數據,顯示大陸老年人口正快速上升,男多於女的比例持續擴大,未來可能失衡。這份數據是去年大陸百分之一人口抽樣調查結果。根據數據,到去年底止,大陸總人口為十三億六百二十八萬人,較第五次的人口普查增加四千零四十五萬人。

在年齡人口構成方面,六十歲及以上的人口約一點四億人,十四歲以下的人口為二點六億人;與第五次普查相較,十四歲以下人口比率下降二點六二個百分點,六十歲以上人口的比率則上升零點七六個百分點。

官員分析,這次調查中,六十歲以上人口約占總人口的百分之十一,但老齡化占整個社會百分之二十的時代會很快到來。主要因為在一胎化前出生的部分人已進入老年,一胎化政策後,人口受到節制,未來整個社會老齡化的情況會很嚴重。

除了六十歲以上的人口明顯成長,男多於女的情況也更嚴重。這次調查中,男性有六億七千三百零九萬人,占人口百分比為百分之五十一點五三;女性則有六億三千三百十九萬人,比率為百分之四十八點四七。不過,這個情況很快會改變,主要是現階段十五歲以下的人口中,女性比例明顯小於男性;而在老齡人口中,女性比例稍高於男性,經過計算抵消,這次普查的男女比並無太明顯差距。但隨著老齡人口凋謝,及幼齡人口成長,未來男性比例會增加,進而拉大男女比例的差距。

受教育程度方面,大學程度者有六千七百六十四萬人,高中程度者有一億五千八十三萬人,初中程度者有四億六千七百三十五萬人,小學程度者有四億七百零六萬人。也就是說,初中程度及以下者占了八億多人口,如何提高人民受教育程度,是大陸面臨的嚴苛問題。
[PR]