<   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

精武人家”は武漢一の鴨脖子(ダックの首肉のピリ辛煮)の店。

美味!
但し、普通の日本人にはどうかなあ。

このチェーン店の総本店を訪ねてみた。
湖北省武漢市漢口精武路附二号にある「精武路第一家」。


[PR]
by officemei | 2007-03-28 16:30 | ■湖北
e0094583_474635.jpg一個被挖成10米深大坑的樓盤地基正中央,孤零零地立著一棟二層小樓,猶如大海中的孤島,隨時都有傾覆的危險。
在物權法呱呱墜地和即將實施之際,不知是巧合還是刻意,中國“史上最牛的釘子戶”在重慶適時出現,向爲大陸城建熱點的拆遷與“釘子戶”問題再度升溫。
大陸各大媒體紛紛跟進,一場關于物權法與“釘子戶”的爭論就此展開。

私有財産の法的保護を定めた「物権法」が可決されたばかりの中国で、再開発に伴う立ち退きに反対する夫婦が注目されている。自宅周囲の土地は業者によって約10メートルの深さに掘られ、まさに「陸の孤島」。生活も難しい状態だが、補償金の増額などを求める夫婦は開発業者と対立したまま。裁判所は22日までの立ち退きを勧告したが、夫婦は受け入れず、「史上最強の居座り」と呼ばれている。

中国各紙によると、重慶市九竜坡区政府は3年前、夫婦の自宅がある地区の再開発を決定した。開発業者の算定では、夫婦への立ち退き料は240万元(約3700万円)だった。開発業者は夫婦に350万元(約5300万円)を提示したが、夫婦は「建築する商業ビルのもうけに比べ、補償金が安すぎる」「代替用の家を提供すべきだ」と主張。「国民の合法的な私有財産権を侵すことはできない」と張り紙をして、世論に訴える作戦を展開している。

中国では全国各地で、強制的な立ち退きや補償金の未払いなどが横行してきた。今年10月1日に施行される物権法でも、立ち退きの強制執行は可能だという。しかし、胡錦濤政権は土地問題についても庶民の側に立った政策を進めており、今回のケースでも家屋の強制撤去はしにくい状況にある。(毎日新聞 2007年3月24日)

e0094583_485550.jpg輿論認爲,“最牛釘子戶”用它的“大海中的一葉孤舟”築就了一座公民私産的堡壘,實踐了物權法中“國家、集體、私人的物權和其他權利人的物權受法律保護,任何單位和個人不得侵犯”的規定,捍衛了憲法“公民的合法的私有財産不受侵犯”的原則。

e0094583_4125579.jpg在改革開放以前,土地的價值差异無法得到顯現,所以基於使用權的土地資産分配的潜在不平等也就够不成一個問題。
市場化的進程打破了這一平靜,土地即使在所有權國有化的前提下,其使用權所産生的租金仍然被激活了。

地段的不同、物理性的差异、甚至“風水”等因素,都會給不同的土地帶來相應的使用權租金收益。正是這種土地租金的差异,吸引了大量的金融資本流向土地的開發領域。


e0094583_4133651.jpg人們不得不承認,《物權法》中的很多內容在成爲法律之前,就一直以“政府規定”的形式存在。

例如有關建築用地使用年限爲70年的規定,按照目前的土地政策,絕大部分建築用地的使用期限就已是70年左右。

但只靠“行政規定”來保護財産,城市中産階級顯然感到信心不足,于是才有了對《物權法》的呼聲。而這種民意,也在一定程度上反映了中國政府采用行政手段控制局面的局限性。

法律監管是市場經濟的框架,隨著經濟的發展與市場機制的逐步健全,具有中國特色的“政府規定”就顯得愈發不確定、不規範。
[PR]
by officemei | 2007-03-24 06:22 | ■重慶
私の愛唱歌「梅花」。
中国のカラオケ店で、この曲をさがすことはまずできない。
中国では原則ご禁制の歌だから。
なので、私は伴奏無しでも熱唱したい衝動に駆られる。

この歌は、中国・台湾の政治的、軍事的背景のなかで、微妙な立場に立たされた。
蒋介石国民政府は台湾を「反攻大陸」の基地と位置づけ、反共思想教育を徹底した。
「梅花」はその宣揚の歌として、歌わされ、聴かされた歴史を持つ。

しかし、純粋に歌そのものを評価するならば、歌詞といい、メロディといい、最高だ。
特に、テレサテンが熱唱する「梅花」には鬼気迫るものがあり、彼女の生涯と「梅花」の置かれた背景がだぶって一層の悲壮感をさえ感じる。

梅花、梅花滿天下,越冷它越開花,梅花堅忍象徵我們,巍巍的大中華。
看哪遍地開了梅花,有土地就有它,冰雪風雨它都不怕,它是我的國花。
梅花、梅花滿天下,越冷它越開花,梅花堅忍象徵我們,巍巍的大中華。
看哪遍地開了梅花,有土地就有它,梅花堅忍象徵我們,巍巍的大中華。

e0094583_14345313.jpg
テレサテン関連記事;
鄧麗君(テレサテン)の「梅花」をぜひ聴いてみてください。
鄧麗君手稿
不了情

民國五十至六十年代,國民政府的政策是以台灣作為反攻大陸的跳板,除了在學校灌輸反共思想外,也要學校教唱愛國歌曲,實施戰技訓練。
「梅花」宣傳國軍英勇事蹟的電影,成為各級學校必看的一部電影。

「梅花」這首歌也幾乎人人會唱。
歌詞以歌頌梅花來強化民族認同感與向心力,配上進行曲的節奏,與當時戰備狀態下的社會脈動同步。

梅花、梅花滿天下,越冷它越開花,梅花堅忍象徵我們,巍巍的大中華。

看哪遍地開了梅花,有土地就有它,冰雪風雨它都不怕,它是我的國花。

梅花、梅花滿天下,越冷它越開花,梅花堅忍象徵我們,巍巍的大中華。

看哪遍地開了梅花,有土地就有它,梅花堅忍象徵我們,巍巍的大中華。
[PR]
by officemei | 2007-03-23 11:07 | ■台灣
e0094583_11534386.jpg
北京时间昨晚10点,在日本东京体育馆进行的2007世界花样滑冰锦标赛结束了紧张激烈扣人心弦的双人自由滑比赛。
短节目领先的中国名将申雪/赵宏博凭借超强的技术实力和出众的艺术感染力以132.43分再次拔得自由滑头筹,并以总分203.50顺理成章地获得金牌。
这也是他们运动生涯中第三次获得世锦赛冠军。

昨天,短节目排名首位的中国组合申雪/赵宏博排在倒数第三位出场。一袭蓝衣申雪/赵宏博在一上冰就得到了东京体育馆全场观众长时间的热烈掌声。
人们都在期待这对12次亮相世锦赛赛场的老将能够在他们最后一次世锦赛上以完美收场。随着法国作曲家马斯奈那悠扬抒情的名曲《沉思》奏响,申雪/赵宏博深情投入翩翩起舞。

e0094583_12493178.jpg一开始两人背对背,向后慢慢地滑过。在相互交错的一瞬间,彼此伸出双手轻轻相握。紧接着对视滑行,赵宏博深情回望申雪,然后快速前滑进入连跳——后外点冰三周跳接后外点冰两周跳,干净利落。
大一字滑行接两周半跳,无懈可击!之后的三周捻转又高又飘。全场观众爆发出热烈的掌声。随后双方通过巧妙的大一字滑行进入难度非常大的托举,这个过程似乎在讲述两人第一次职业生涯高潮。托举之后,申雪/赵宏博紧接着完美自如地表演了带有换手的后外螺旋线。

进入节目后半部分后,优美的舞蹈动作步伐相互交错进入舞蹈托举。随后的直线接续步,上身的变化和脚下的转体别出心裁设计巧妙,整个过程轻松流畅且坚定有力。

e0094583_11554023.jpg
之后的抒情舞蹈加上别具匠心的勾脚动作似乎让观众体会到双方在共同攀登事业顶峰同时所产生的真挚情感。紧接这,两人接连表演了两个中国运动员的招牌式的高难度抛跳——后外三周抛跳和后内三周抛跳。
两个抛跳又高又远,空中姿态优美,落冰干净利落。这样罕见的节目编排充分显示了他们超强的技术能力,同时也表示两人经过艰苦努力再度登上事业顶峰。
此后是优美的双人燕式接续步,申雪/赵宏博象飞翔的鸟儿紧紧相依,心情随风一样自由,尽情展示艺术与技术之美。此后,后外刃进入的双人联合旋转姿势复杂多变赏心悦目。滑出旋转后,两人激情振臂相望,全速滑向最后一个托举。整套节目走向高潮。随着音乐的缠绵逝去,全场观众不约而同从座位上站了起来,长时间为他们的精彩表演鼓掌喝彩。申雪/赵宏博跪在冰上激情相拥,庆贺自己的完美表演。
[PR]
e0094583_6114593.jpg2004年9月に放映された「SWING GIRLS」はけっこう楽しめた。

今、上海外国語大学に留学中の息子が中3の頃、彼の学校の体育祭を見に行ったことがある。ここのブラバンは全国的にも有名で、生意気にも?中学生の分際でJAZZをやっている。しかし実にいいもんだ。

そういう私も中学生の頃に映画「グレン・ミラー物語」を観てビッグバンドに魅せられたことがある。その後、神戸の「Live House SONE」には足繁くかよった。

息子は高校の頃にドラムをやり始め、ちょくちょくライブに出たりしていたが、つい最近も上海のライブに参加していた。残念ながらJAZZではなくROCKだが。

増位中学体育祭・マーチングバンド;

[PR]
by officemei | 2007-03-21 04:41 | ■日本
ここ数年、半年に一度しか台北に「帰って」いない。
前回は11月だったので、近頃何かしら疼きを感じる。
今月末から湖北・福建と巡り、一旦上海に帰り、その後は内蒙古・遼寧・北京など北方を廻ってくるので、台北に「帰る」のは5月中旬になりそうだ。
あ~台北の魯肉飯と新竹のビーフンが食べたい・・・
むせるようなあの台湾の風が無性に恋しい・・・

中山北路二段辺りから台北駅までタクシーに乗ったときのシーン。
実際は車で15分くらいの距離。VIDEOでは3分弱に縮めているが、コンビニが片側だけで15店あった(この通りはメインストリートなので台北では非常に少ないほう)。


[PR]
by officemei | 2007-03-21 04:15 | ■台灣
日本の新幹線技術を導入した新型高速列車の運行が台湾と中国で始まった。
台湾高速鉄道の「700T型」はJR東海道・山陽新幹線700系「のぞみ」の改良版。
中国の「CRH2型」は東北新幹線「はやて」をベースにした。
台湾、中国版新幹線の乗り心地は・・・

e0094583_10345431.jpg台湾;運転士はフランス人
運転席に座っているのはフランス人。仏高速鉄道TGVの運転士だ。台湾人運転士1326人の養成が急ピッチで進められている。

友人の結婚式のため高雄に向かう大学院生、宋文正さん(23)は「飛行機での往復と比べても1時間余計にかかるだけ。日帰りも十分できるし、便利だ」と興奮気味だ。

e0094583_1026110.jpg台湾新幹線は2日、台北-板橋間が開通し、全線開業にこぎつけた。台北-高雄間(345キロ)を最速90分で結ぶ。最高速度は300キロ、所要時間は在来特急の3分の1。運賃は片道1460台湾ドル(約5150円)だ。

「時速245キロ」と車内電光掲示板に流れたころ、ワゴン車の車内販売が来た。ホットコーヒー40台湾ドル(約140円)、コーラ20台湾ドル、お菓子の「ポッキー」は35台湾ドル。
e0094583_10264498.jpg

車体は日本製だが、線路の分岐器(ポイント)はドイツ式、列車通信設備はフランスの無線方式と、複雑なシステムだ。そのためか、開業当初は二重発券、停車駅の通過、空調の故障などトラブルが相次いだ。


中国; 「日本の技術」触れず
e0094583_10283263.jpg

中国の新型車両は通称「子弾頭(弾丸)」。先頭車両のとがった形から名づけられた。中国は「独自ブランド」と誇るが、実際は日本企業6社が中国企業と共同で新幹線技術を導入して製造した。だが、反日感情の強さに配慮してか、中国メディアは「日本の技術」に一切触れていない。

中国人の心をつかんだのは中国にはなかった「回転する座席」だ。向きを180度変えられる座席に目を見張り、途中で座席を斜めに止めたままはしゃぐ乗客も。

e0094583_1030073.jpg車体やドア、座席、トイレも、日本人にはなじみ深い新幹線そのもの。日本では廃止された食堂車もある。

中国で走る従来の車両に比べ、内装、電気、音響、空調など「すべて国際的な標準」(中国紙)。横揺れしない快適な走行に評判は上々だ。営業運転初日の1月28日に乗った「鉄道オタク」の男性会社員、王海さん(25)は「速くて快適なら、どこの製品でも関係ない」と話す。(毎日新聞 2007年3月17日)
[PR]
e0094583_16312757.jpg她是末代皇帝的侄女、川島芳子的親妹妹,留過洋、享過福,也坐過牢、吃過苦。當這一切過去,她說:“人一輩子喜怒哀樂,哀啊怒啊,都應該擱到自己心裏,但是喜和樂可以和很多人來分享。”

雖然已經89歲了,但金默玉的生活習慣卻像前衛的藝術青年:淩晨六七點鐘才睡,下午兩三點鐘起床。“網球、籃球、高爾夫球的競賽都是夜裏頭演呀。”她笑咪咪地說,開朗得猶如孩童。

那一刻,你很難相信,有著這樣笑容的老人,身後竟有如此坎坷的人生:她曾是末代皇帝溥儀的侄女、川島芳子的親妹妹,也曾是川菜館的老闆娘、靠打毛衣維持一家生計的家長;她留過洋、享過福,也坐過牢、吃過苦。而當這一切過去,她仍然可以說出:“喜怒哀樂這四個字,你那個哀跟那個怒啊,都應該擱到自己心裏,但是喜和樂,可以跟很多人來分享。”

●肅親王家的十七格格
金默玉的父親是愛新覺羅•善耆,清朝八大世襲親王之一的第十世肅親王。肅親王有一個正妃、四個側妃,一共生有38個子女,其中21個兒子、17個女兒。年齡最小的四側妃,生了3個女兒:最大的叫顯,漢化姓名叫金璧輝,後來,她有了一個日本名字:川島芳子。而最小的就是在旅順出生的金默玉,滿族姓名為愛新覺羅•顯琦。

金默玉沒有趕上肅王府的鼎盛年代。那時候北京有一句話:“恭王府的房子,豫王府的牆,肅王府的銀子用鬥量。”1918年金默玉出生的時候,父親已經在東北流亡6年了。雖然是流亡,但王室的生活與作派在很長一段時間裏並沒有改變,規矩多多:“沒有了皇上和太后,祖宗的牌位還在,逢年過節,一定要拜祭;同族的親戚也還在,請安的時候,失了禮節,就成了大笑話。”說起現在的清宮戲,金默玉覺得可笑:“動不動就‘喳’、‘喳’,你‘紮’誰呢?那字兒念‘zhe’。”

女孩子的規矩更多。在宴會上,金默玉和姐姐們甚至不會去夾遠處的菜——那種不雅觀的事情通常由奶媽代勞,奶媽們會遞給她們一個小盤子,一樣菜夾一點在裏面。“這當然會吃不飽,但是不能流露出來——要堅持到回家去,由奶媽再給開小灶。”

對於王府裏的各種規矩,金默玉的哥哥姐姐都無條件地遵守下來,但被哥哥姐姐們稱做“小不點”的金默玉卻想要更多的特權。王府的規矩,每個格格都有一個奶媽和一個“看媽媽”。格格出門,總需要奶媽或者“看媽媽”看著。金默玉去上學,奶媽也跟著她去。她硬是覺得彆扭,堅持不要,姐姐們因此叫她“革命兒”。

剛滿19歲,金默玉就對未來有了自己的打算,她希望能成為一名四處採訪的女記者,或者歌唱演員。王府裏的長輩們被她的想法嚇壞了:一個王府格格,怎麼能出去抛頭露面做職業婦女呢?但這個十七格格顯示出了和父親一樣的固執。1937年,第二次世界大戰爆發,金默玉被迫中斷了在日本的學業回到北京。她終於瞞著家人找到一個職位:“在一家日本人開的公司當顧問,薪水很高,又不用坐班。”從小嬌寵的她也不懂得上班要準時,“有一天我到公司去,看見大家從樓梯上下來。我想大家是去打防疫針,那時候經常會打各種防疫針。我就和他們打招呼:你們是打針去麼?他們都笑:金小姐,現在是下午5點鐘,我們下班了。”

那時,習慣於花錢的她,薪水還沒發下來,就被她預支光了。親戚朋友們上公司來買東西,一律掛她賬上;女同事們下班了,她請她們去吃西餐。到了月底一算,她反而欠公司的錢。那時,她根本不知道,有一天,她要靠打毛衣來維持一家9口的生計;有一天,她一個月只能拿到19塊5角錢,吃一碗面,都要在心裏飛快地算計。
[PR]
by officemei | 2007-03-17 04:30 | ■北京
3月15日。
これまで私が直接現地で面接試験をおこなった学生の中でも、特に優秀な三人の女子学生たちが今日卒業式を迎えた。

初めて会った頃はいづれもたどたどしい日本語でしか話せなかったが、今では相応に話すことができるようになって巣立っていく。

三人とも世話好きで良心的で、がんばり屋さんだ。
大連出身の王さん。
e0094583_20422420.jpg

湖南出身の万さん。
e0094583_2045264.jpg

台北出身の柯さん。
e0094583_20455068.jpg

前途を祝しエールを贈る!
[PR]
2007年3月8日。
私は今、海口のまちを歩いている。
海口は海南島北端に位置し、北は雷州半島と相対し、西はトンキン湾に面して遥かにベトナムを望む。
e0094583_8134526.jpg

平均気温23.6度、太陽に溢れ雨量も多く、住みやすいまちだというが、小雨降る中、私はセーターを着用している。
多少寒気を感じながら。
e0094583_8141539.jpg

海南島は古くは珠崖といい流刑の地であった。
中国最南端に位置する天涯の地だ。

唐の時代、揚州大明寺の鑑真和上は幾度となく日本渡航を試みた。
その幾度目かに、はるかにここ海南島まで流される。
鑑真和上の事跡は井上靖「天平の甍」に詳しい。

その海南島(海南省)の省都・海口は、現在人口160万。
漢族を筆頭に、黎族、苗族、壮族、回族が混在している。

漢族については、海南島がそもそも省に昇格するまでは広東省に属していたので、広東本貫の人々が多いのは解るが、福建人も相当数を占める。
雑踏の中で閩南語を多く聞いた。
但し、数百年の時を経て、アモイや台湾で話されるそれとは音声上多少の差異があった。

因みに当地の知人によると、宋姉妹(長女は孫文夫人・三女は蒋介石夫人)の祖も、本貫はここ海南島だそうだ。

さて、海南島海口市郊外に浜涯という地がある。
この地の出身である海瑞(1514-87)は明代の高官で、且つ清廉の士として名を馳せていた。が、時の皇帝・嘉靖帝を諫め、その怒りに触れて下獄した。

その後、嘉靖帝崩御によって再び返り咲き、世に「海青天」と称えられる。

1960年、北京市副市長の職にあった呉晗がこの海瑞の罷免を扱った戯曲「海瑞罷官」を世に出した。

1965年、後に「四人組」の一人として断罪される姚文元が、「海瑞免官」を評すという論文を上海「文芸報」に発表。

呉晗の意図は、海瑞になぞらえて、毛沢東が1959年、国防相彭徳懐を解任したことを批判したものだ、とした。

これが、その後十年に及ぶ文化大革命の口火を切ることになる。

文化大革命の頃に、何度も何度も見に行かされた「紅色娘子軍」の舞台もここ海南島。あの重々しい楽曲は今も鮮やかに記憶している・・・


海南島は日本の九州とほぼ同じくらいの大きさだが、最北端の海口と最南端の三亜では温度差が3~4度も違うらしい。

中国で唯一熱帯地域に属する三亜は、東洋のハワイと称されるほどのリゾート地で、内外から多くの旅行客がおしよせているが、私はまだ訪れたことが無い。


海口再訪;
e0094583_15164568.jpg
e0094583_15165352.jpg
e0094583_1517250.jpg
e0094583_1517970.jpg
e0094583_15171720.jpg
e0094583_15172718.jpg
e0094583_15173476.jpg
e0094583_151744100.jpg

[PR]
by officemei | 2007-03-09 07:44 | ■海南