<   2007年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

10月16日。
瀋陽から青島に着いた。
飛行機の乗客は僅かに11名。

青島は、北方のまちでいちばん気に入っているまちだ。
とにかく小奇麗で、まちのボリュームも頃合。
ドイツの租借地であったことで、旧市街はまるでドイツの古いまちのようだ。
新市街はモダンですっきりしているし、何よりも海に面して潮風が心地良い。




位在山東半島膠州灣畔的青島,一座生氣勃勃古老又年輕的城市,也是一座美麗又具有歷史文化名城,濱臨黃海丘陵地形,走在街道異國風味建築,隨地形起伏,綠樹紅瓦觸目皆是,既浪漫又有情趣,四季分明的溫帶型氣候,冬不嚴寒,夏不嚴熱,常年又有海霧,薄霧輕拂的早晨,
讓人有時空交錯的幻覺,這個迷人的城市,一直深受遊客的青睞,因此有"東方瑞士"之美
譽・・・
e0094583_1554936.jpg


More
[PR]
by officemei | 2007-10-29 21:39 | ■山東
e0094583_2083763.gif“嫦娥”奔月,這個在中國民間流傳了千年的傳說,在10月24日終于成爲現實。搭載著中國自主研製的首顆探月衛星“嫦娥一號”在西昌衛星發射中心點火發射,其後,各測控點報告,火箭飛行正常。

繼美國、前蘇聯(俄羅斯)、日本、歐洲航天局之後,中國成爲第五個發射探月衛星的國家。
e0094583_2051854.jpg

[PR]
e0094583_2004137.gif三張圖片告訴我們 日本比中國强在哪兒

近幾年,隨著中國的經濟迅速發展、國際地位不斷提升,越來越多的國人開始飄飄然……
開始自我陶醉,以爲馬上就可以重回大唐盛世,獲得萬邦朝拜……
而對于與我們有著曆史仇隙和千年恩怨鄰國日本,更是抱著一種揚眉吐氣的洋洋自得……
但是如果我們真的去日本看看,就會發現,我們高興的有點太早……
中國和日本的差距不是一二十年內能够彌合的……
鴉片戰爭後的150年,我們真的落後的太多……
日本這個鄰居,真的讓人又恨、又敬……

圖片一:擁擠東京街頭:請注意,擁擠現象只會發生在斑馬綫和人行橫道上…… 旁邊的馬路除了汽車外空空如也……
e0094583_19575062.jpg

圖片二:地鐵車厢象擠沙丁魚罐頭:請注意,後面的人整齊而有序地排出了標准的與列車垂直的隊伍……
e0094583_19592379.jpg

圖片三:日本賞櫻花人滿爲患……請注意,盡管人數衆多,而且都席地野餐,但草坪上沒有任何垃圾……  
e0094583_19594517.jpg

看了這些我想大家應該明白了,我們中國與日本最大的差距在哪里……

國民素質,尤其是公德意識,是一種國家發展水平最有說服力的標志,作爲孔子的故鄉,作爲千年的禮儀之邦,我們應該慚愧……

08年奧運會就要到了,中國人真的應該好好去改變些什麽了。
補充一句,不要覺得這不可能,韓國人曾經也是素質很差,在國際上名聲不好,被稱爲“韓國大棒子”,但是20年前的漢城奧運會上,韓國人做到了,他們讓世界看到了一個有序、文明、幹淨、友好的韓國……
于是“韓國大棒子”的外號從此在世界上慢慢消失了……

08年,大家一起努力吧,從自己開始,從小事做起……
讓我們改變中國,改變世界……
[PR]
e0094583_05237.gif日本航空と全日本空輸は、日中国交正常化後に中国への配慮からそれぞれ子会社を通じて実施してきた日本-台湾間の路線運航を改め、直接運航に乗り出す方針を固めたことが26日、日台関係筋の話で明らかになった。
来週後半にも発表される日台間の民間航空取り決めに盛り込まれる見通し。

子会社方式による運航は1975年に始まっており、廃止による「正常化」が年内に実現すれば32年ぶりとなる。

台湾筋は「中国への過剰な気配りをやめる台日関係正常化の一歩」と歓迎しており、両社は経営の効率化ができるほか、台湾でのイメージアップも期待できる。

日本と台湾は72年の日中国交正常化に伴って断交。
いったんは日台間の航空便も途絶えたが、日航は子会社の日本アジア航空を設立して75年運航を再開。全日空も94年、子会社のエアーニッポンを使って台湾便の運航を始めた。

子会社方式は当初、欧州の航空会社も採ったが、現在は日本の2社だけ。
また、近年は日航や全日空の機体や乗務員を「借用」することも多く、形骸化していた。

日台関係筋は「経営効率を重視する日本の航空会社の希望で日台間の議題となった。合意に向け最終調整中だが、中国政府も黙認する意向と聞いており、近く実現するだろう」と語った。

今回の交渉では日本に乗り入れる台湾の航空会社を4社から6社に増やし、台北から小松(石川県)、宮崎(宮崎県)の両空港への定期航路を設けることなどでも合意する見通し。(産経新聞より)

e0094583_0235462.gif日台斷航35年來,以子公司對飛日台航線的模式,今天有了突破性的發展。
日台最新的航權談判中,日本方面基於成本考量,決定裁撤日亞航、日空等公司,明年年初要恢復由母公司日本航空和全日空航空經營日台航線。

另外台灣會增加兩家航空公司經營日台包機,並且增加飛新瀉小松機場和九州宮崎機場的定期航線。

日中建交後日台航線曾經受到政治因素而短暫斷航,後經過協調復航但是日本方面顧慮與中國建交影響,在1975年另設一家關係企業日本亞細亞航空,全日空航空公司在1994年加入日台航線時,也採取相同作法增設一家日空航空公司來經營日台航線。

在今年的日台航線談判中雙方終於達成共識,除了讓台灣增加兩家航空公司經營日台包機,並增加日本小松、宮崎的定期航線外,日本方面取消以關係企業經營的方式,回歸由日航和全日空班機飛航日台航般的決定。

據了解主要是因為日本航空公司近年來經營不善,有意裁撤疊床架屋沒有實質效果的日亞航空,有效運用人員機材降低經營成本,經過相中方請示之後,而在這次航線權談判中主動提出。

這種由另設航空公司經營的方式,近年來實際上也有了變化,主要是因為日亞航使用的飛機大多是日航淘汰的飛機,機體已經不堪使用需要淘汰,目前日台航線的班機大多直接借用塗有日航標誌的班機,機組人員也多是由日航支援。

這項決議預定這個月底正式宣佈,可望在明年年初開始日本兩家主要航空公司就可以回到日本台灣航線了。
[PR]
by officemei | 2007-10-27 19:54 | ■台灣
北京のある専門学校、キャビン・アテンダント養成コースの授業風景です。
e0094583_19114869.jpg
e0094583_1912643.jpg
e0094583_19122564.jpg

[PR]
by officemei | 2007-10-27 03:13 | ■北京
一人で食す晩餐。

さとうのご飯(2分チンする}一膳に玉葱入りの味噌汁。
おかずはミリン干しとレタスのサラダ。

上海外大に行ってる息子からはなんの連絡も無し。
嫁いだ娘からは「おめでとう」の電話も、今日はまだ来ない・・・
唯一、寶貝からは「おめでとう」コールあり、多少のロスタイムはあったけれど。

このとしになれば、バースデイはそれだけゴールに近づくようで嬉しくもないのだが、誰も彼もが忘れているのは悲しいものだ。

あ~あ・・・せめて自分に花束をプレゼント。
e0094583_21513422.jpg

[PR]
南京西路からちょっと逸れたところに庶民の味覚天国、B級グルメ御用達の街がある。
ここは呉江路・・・

[PR]
by officemei | 2007-10-24 22:02 | ■上海
コーラ一杯28.8元なり。たか~!!

部屋から見た福州の街並み

[PR]
by officemei | 2007-10-24 15:32 | ■福建
魯迅の名著「孔乙已」を読めば、「咸亨酒店」の様子がよくわかる。
小説の世界を踏まえて、現存する咸亨酒店を訪れると更にイメージは倍加する。

灘や伏見のまちのように、酒造の盛んなところには大店があって、富裕な商家が軒を並べる。
まちはエネルギッシュで、殷賑を極め、そこに文化の花(華)が咲く。
「咸亨酒店」是紹興最負盛名的百年老店,創建於清光緒甲午年間,原為魯迅周氏本家堂叔周仲翔等人合伙開設的小酒店。
e0094583_15451162.jpg
e0094583_15473873.jpg

「咸亨」二字源出《易經‧坤卦》「品物咸亨」句,意為萬事亨通、財源廣達,其實「咸亨」雖名為酒店,實為酒攤,那時的顧客多為站著喝的「短衣幫」,他們在繁重的體力勞動之後,打著赤膊,掛著汗水,喝一碗老酒舒展筋骨,偶而也有穿著長衫、窮困潦倒的讀書人,取二三文銅錢,斟上一碗酒,以酒解愁,以「咸亨」為店名,雖然吉祥雅致,卻經營不善,苦撐兩年之後便關門大吉,從此酒店成為歷史陳跡,被歷史塵埃封存了。
酒店的重開是由於魯迅的名著《孔乙已》中的生動描述,使「咸亨酒店」名揚海內外。
e0094583_15455937.jpg

e0094583_15465315.jpg

e0094583_15481375.jpg

e0094583_15484398.jpg
 
e0094583_1549310.jpg
 
e0094583_1549281.jpg
 
e0094583_15494230.jpg
 
e0094583_1550026.jpg

[PR]
by officemei | 2007-10-24 15:27 | ■浙江

[PR]
by officemei | 2007-10-24 15:09 | ■浙江