<   2008年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

動画はこちらへ

談到永康街,很難不讓人想到「鼎泰豐」,一來它位於永康街入口處,目標顯著;二來其小籠湯包遠近馳名,店前永遠有一堆日本觀光客大排長龍,堪稱台北奇景。

鼎泰豐是由楊秉彝創立,祖籍山西的他生於1927年,幼時因遭遇戰亂,1949年輾轉來台避難。當時台北市重慶南路有一家「恆泰豐」油行,老闆是上海人,專門販賣花生油、黃豆油、麻油等食用油。楊秉彝在這找到一份送貨的工作謀生。

1958年楊秉彝成立自己的油行,為了感念「恆泰豐」老闆的照顧,他將自己的油行取名為「鼎泰豐」。

「鼎泰豐」在1972年搬到目前永康街口的位置時,受到瓶裝、桶裝沙拉油的競爭,傳統油行已經成為夕陽產業。為了生存下去,憑著自己過去在油行所建立起的餐廳人脈,他決定將鼎泰豐轉型為餐館,「鼎泰豐上海點心店」就此開張。

鼎泰豐創業之初,鄰近的「高記」早已以上海點心聞名。為求突破困局,楊秉彝花了很多心思改良產品。
譬如傳統小籠包通常個兒大、油也多,吃久容易讓人厭膩。楊老闆把小籠包縮小為一籠10個,每個面皮上有18道皺摺,包子裡的灌湯肉汁比例也多次實驗,希望讓客人吃起來不再有油膩之感。

更多內行饕客,會再點一道「原盅雞湯」,這道料理少了一般雞湯的油膩,取而代之的是清淡細緻的湯頭口感;此外如赤豆鬆糕、豆沙小包、糯肉燒賣等點心,也都頗受饕客好評。

楊秉彝的努力,使得鼎泰豐名聲日益增高。1993年美國紐約時報評選世界十大餐廳時,鼎泰豐光榮入列。而在日本媒體的推波助瀾下,鼎泰豐目前的營收有三分之一來自東瀛客。1996年,在日本高島屋集團的引進下,鼎泰豐進軍日本開設分店,再度在日本掀起一陣「小籠包熱」。

除了台灣兩家店面外,截至2006年為止,鼎泰豐在日本共有11家據點,並在美國、韓國、新加坡等地設有分店。這個由山西人創立的上海點心店,並於2001年「反攻」上海,目前在中國有6家分店。

回到永康街的鼎泰豐本店,在此排隊等候半小時以上是稀鬆平常。全面電腦化的流程管理,彷彿醫院掛號的號碼牌排隊手續,加上每桌用餐平均只有40分鐘,都顯示鼎泰豐已從當年的賣油小舖,搖身一變為跨國經營的飲食巨擘。

不少不耐久候排隊的資深老饕,難免感嘆時代變化,懷念起以往在此用餐的單純情調。但這則山西人流離來台,從賣油改開上海餐館,最後轟動世界各地、並且「反攻大陸」的「鼎泰豐傳奇」,終究將被世人所記得。而故事的起點,就在這車水馬龍、狹隘擁擠、永遠人聲鼎沸的永康街口。
[PR]
by officemei | 2008-06-30 12:10 | ■台灣
中国の北方地域で、一人で中国料理を食すのは苦痛だ。
二、三品は注文したいところだが、皿がでかすぎてとてもじゃないが食べきれない。
一皿の盛付け量が半端じゃないからだ。
二人でもきつい。

残した料理を“お持ち帰り”(打包)する習慣は、北方人にはない。
そんな貧乏くさいことをするのは上海人くらいだ、そうだ。
彼らはそんなふうに上海人を馬鹿にする。

確かに、上海や中国の南方地域では皆当り前のように“お持ち帰り”(打包)する。
浪費はよくない、合理的に、といった精神が習慣化している上海では至極当然のこと。
北方人のように面子や人目を気にすることもない。
結局、より豊かな社会に暮らす者の方が倹約家ということか・・・


ちょっとしたつきだし風の小料理(小菜)。
洗練された味。
私には上海小菜が一番口に合う。

特にこの種の小粒な料理は、味もサイズも日本料理との近似性を感じる。
それほど酷似した味が多いのだ。

北方の、大皿にこれでもかと盛り付けられた、こってり料理には飽きがくるが、
南方の、小皿サイズに旬の味が盛り付けられた小菜は飽きない。
特に、上海のそれは味がスマート。

避風塘;
e0094583_2012674.jpg

e0094583_2013879.jpg

e0094583_2015340.jpg
e0094583_202724.jpg
e0094583_2022292.jpg
e0094583_2023464.jpg
e0094583_2024391.jpg


尊苑食府;
e0094583_2032470.jpg
e0094583_2033671.jpg
e0094583_2043823.jpg
e0094583_2044888.jpg
e0094583_2045775.jpg
e0094583_2055361.jpg

[PR]
by officemei | 2008-06-30 12:08 | ■上海
上海・外灘の椿事。
初代上海市長、陳毅元帥の立像近くでの出来事。
あいにく私は現場にいなかったし、こんなことがあったなんて、まったく驚いた・・・
椿事に陳毅さんもびっくりだろう。

[PR]
by officemei | 2008-06-28 05:27 | ■上海
燈節(ランタンフェスティバル)
台北;
e0094583_1914092.jpg

e0094583_1915620.jpg


平渓;
旧暦1月15日は正月の締めくくりである“元宵節”。
この日、台湾各地では(中国・香港も)ランタン・フェスティバルが盛大に行われる。

台北市東南にある山間のまち、平渓。
このまちは普段眠ったような静けさの中にある。

だが毎年“元宵節”の夜は大勢の人で賑わう。
"天燈”という祭りの夜。

e0094583_1925932.jpg

願い事を書いた提灯(ランタン)を熱気球と同じ原理で夜空に飛ばす。
そのランタンは竹に薄紙を貼っているだけなので空中で燃え尽きる。
旧正月の寒い山間の夜空に、数千の“天燈”が舞い上がるさまは実に幻想的だ。




[PR]
by officemei | 2008-06-28 05:06 | ■台灣
e0094583_21124100.jpg

護衛艦「さざなみ」が24日午後、広東省湛江港に入港(中国海軍南海艦隊司令部所在地)。
昨年11月、中国海軍ミサイル駆逐艦の日本初寄港への答礼訪問だが、自衛隊艦艇の訪中は初めてのこと。
e0094583_2453399.jpg

寄港に対して、抗議デモの呼びかけや反発の声があがった。
日本国旗を掲げた艦艇が入港すれば、日本の対中侵略戦争の記憶がよみがえる・・・
e0094583_2114613.jpg

日本海上自衛隊“漣”號驅逐艦將于6月24日至28日訪問中國湛江港,此訪是對2007年中國海軍“深圳”號導彈驅逐艦對日本訪問的回訪。

毋庸置疑,歷史上的日本侵華戰爭極大地傷害了中國人民,中國人民在感情上難以輕易抹平這些傷痕。
看到懸挂日本國旗的艦艇進入中國的港口,容易勾起人們對歷史的痛苦記憶。

[PR]
by officemei | 2008-06-26 02:45 | ■廣東
1953年に発行された10元(人民元)紙幣が、今では23,000元の価値があるそうだ。
私は1953年発行の1分・2分紙幣を持っているが、価値があるのかどうかわからない。
どなたか詳しい方、教えてください!
e0094583_1873053.jpg

e0094583_1874913.jpg

e0094583_188637.jpg
e0094583_1882643.jpg


55年前保存的一张10元人民币自动升值为23000元。
昨日,在崇仁路收藏市场上了解到,1953年发行的第二套10元全新品相的人民币,市价值23000元。
收藏专家介绍,按照当时的生活水平,10元钱相当于一个三口之家一个月的生活费,因此10元币发行得很少,保存下来的更少。目前,崇仁路收藏品市场上不到10张。

■五分紙幣背後的故事
e0094583_8301783.jpg

經國務院批准的,第二套人民幣紙分幣從2007年4月1日起停用,停用的是1953年版5分紙幣、2分紙幣和1分紙幣3種。

第二套人民幣紙分幣退出市場,引起了集幣收藏者的關注。
特別是5分紙幣正面中那艘冒著濃煙的輪船背後有著一段鮮為人知的故事。

1949年4月23日,南京解放,國民黨敗退時下令征用所有的船只搶運軍火和軍隊。
5分幣上的這艘輪船叫“海遼號”,當時也在征用之列。
1949年9月19日,“海遼號”接到國民黨的調令,前往汕頭運送部隊到舟山群島增援。

在這決定“海遼號”命運的關鍵時刻,“海遼號”決定起義,駛向解放區大連,投向人民的懷抱。
為了擺脫國民黨特務的監視,“海遼號”謊稱船上的設備正在修理,不能按時起航。
招商局信以爲真,暮色茫茫的夜晚,“海遼號”偷偷地駛向香港鯉魚信號台。

到了海上,為防止國民黨軍派飛機轟炸,船長指揮用事先准備好的油漆將船體顔色改變,同時改變船面構架。

為了爭取時間,拖延航行時間,又發報稱:“主機滑動汽門調節閥故障,拋錨修理。”
“我輪正自制零件,爭取盡快續航。”
經過如此這般七天的捉迷藏,“海遼號”悄悄地穿過琉球群島和朝鮮半島,進入渤海灣,9月28日早晨,駛入大連港,正式投入了人民的懷抱,“海遼號”船長方忱流下令“立正、升旗”,一面鮮艶的五星紅旗在船頭冉冉升起。

在“海遼號”的影響和帶動下,1950年香港招商局共有13艘海輪相繼起義,投入祖國的懷抱。

為了紀念“海遼號”起義成功,中國人民銀行經研究,並請示中央批准,在設計第二套人民幣紙分幣時,將“海遼號”作爲5分幣主圖案出現在人民幣上。(來源:人民政協報)
[PR]
山東のとあるまち。
とある劇場の看板。
これは明らかにヌードショウ。

发展先进文化?
看到一间电影院在宣传脱衣舞晚会的现场
而最幽默撩人火辣的宣传海报上面竟然拉着
“保护文化遗产、发展先进文化”等字眼
让人哭笑不得!

e0094583_17235679.jpg

e0094583_1724831.jpg

e0094583_17242216.jpg


葬式とストリップ;
[PR]
by officemei | 2008-06-25 05:26 | ■山東
私は子供の頃から匂いに敏感だった。
と言うと、くさいものを嫌悪するように思われるかもしれないが、まったく逆。

ずっと以前、文革末期の北京に暮らしていた頃、真冬にタクシーに乗ると運ちゃんの放つ汗っぽい工人服の匂いと、もう1ヶ月は風呂に入っていないと思える体臭と、ちょっと前に食った大蒜の匂いが、暖房の熱気に増幅されて車中に充満していた。

同乗の上司の奥さんはあからさまに窓を開けて、凍てるような外気を吸って我慢していたが、私は匂いよりも寒さに震えていた。
当時の中国では、駅の待ち合いなど人の集まる所には咽るようなくささがあったが、私は左程気にならなかった。

唯一忌避する匂いは血の匂い。
見るのも嫌だから匂うと卒倒しそうになる。
昔、台北に一時期暮らしたときに、居候先の奥さんと夕食の買い物に市場へ行ったことがある。

生きた鶏を一羽買ってその場で絞める。
鮮血の匂いに眩暈がした。

いろいろな場面で匂いを感じるが、特に私はまちの匂いを嗅いでみる習癖がある。
例えば、東京山手線の駅には匂いを感じないが、大阪環状線の駅には必ず匂いがある。

駅に降りて何の匂いも感じなければ、そのまちに長居はしたくない、無機質そうで。

学生時代に東武東上線上板橋にすんでいたが、この駅に降りると下町の匂いがした。

京都にも半年ほど暮らしたことがある。
食べ物と線香と鬢付け油と蝋の匂い、それと繊細な着物の匂いを感じたが、一番感じたのは、湿気た匂い。

大阪にはもっと鮮烈な匂いがある。
お好み焼きのソースを焼いた匂い、丼物の汁の滲みた匂いや麺類のつゆの匂いにキムチの匂いは当然ながら、一番感じたのは繊維の匂い。

神戸はケーキやパンの匂いと中華料理の酢と油の匂い、それにインドの香料とカレーの匂い、特筆すべきは皮革の匂い。

関西の三都は京都の着倒れ、大阪の食い倒れ、神戸の履き倒れと言って、京都の着物・大阪の食べ物・神戸の履物を形容するほどにその業種に係わる消費が多い。
これもそのまちの匂いにかかわっているように思う。

さて、台湾。

空港に着くと独特の匂いを感じる。
むっとした空気と塗料の匂いが合わさった匂いだろうか。
「あ~、帰ってきたなあ」と安堵感を覚える匂いだ。
e0094583_1630157.jpg

市内に入るともっとほっとする。
車の排気ガスとむっとした空気と、心もち漢方薬種の匂いと露天の食い物屋から発する美味そうな匂いに臭豆腐の匂いが入り混じって、何とも言えない充足感。

台湾南部へ行くと、排気ガス分が減って、代わりにみずみずしい緑の匂いが加わる。
この独特の匂いは大陸のどのまちにも無い。
台湾の匂いだ。

今回、台湾南部のまち、台南と高雄の夜市を歩いてみた。
熱気に満ちて雑多な匂いの夜市・・・

私はまちの匂いを嗅ぐのが好きだ。
これまでの人生の中で最も好ましいまちの匂いは台湾にある。


[PR]
by officemei | 2008-06-24 05:54 | ■台灣
サバヒー(虱目魚)。
e0094583_14591226.jpg
「サバヒー」とは「虱目魚」を閩南語読みしたもので、足立倫行著『アジア海道紀行』(文春文庫)に、この魚の両目が脂肪性の膜で覆われているため、「塞目魚(サバヒー)」と呼びならわしていたものが、後に同じ音である「虱目魚」の字が当てられるようになったとある。
e0094583_1458421.jpg(写真はサバヒー・虱目魚の干物)
台湾南部(特に台南)では大衆魚として古くから親しまれ、白身でさっぱりしているわりには味が濃く、美味。

一説には牛乳の味がすることから、英語ではミルクフィッシュと言われる。

台湾では殆どお粥(虱目魚粥)、肉団子入りスープ(虱目魚丸)として供され、朝食の材料として食べられることが多く、「台南蔡虱目魚専賣」店、「老蔡小吃部」等が有名だ。

出勤途上に粥をすする姿は台湾南部の朝の風物詩にもなっている。

台湾の国民魚「サバヒー」を食す;
[PR]
by officemei | 2008-06-22 21:00 | ■台灣
変な夢を見て眼が覚めた。
華国鋒が「你辦事、我放心」(あなたがやれば安心だ)と囁いてくる。
なんで?

華国鋒。

1975年国務院第一副総理。
1976年1月、周恩来総理逝去後に総理代理、党第一副主席。
同年9月、毛沢東主席逝去後に党主席、中央軍事委員会主席に就任。
同年10月6日、文化大革命の主導者であった江青・張春橋などの四人組を逮捕。
1978年、中国共産党第十一期中央委員会第三回全体会議で、実権を鄧小平に奪われる。
1980年、首相辞任。
1981年、党主席辞任。
その後、表舞台に現れなかったが、2007年10月、「中共元老」として中国共産党第十七回全国代表大会に出席。
e0094583_4452039.jpg


華国鋒。
彼がたった一度、歴史に輝いたとき。
私はまさにそのとき、北京に暮らした。

彗星のごとくトップに躍り出て、誰もがあっと驚く「四人組」打倒をやってのけた。
当時、そんな鮮やかな印象を持ったものだ。
e0094583_553698.jpg

文革の終焉、誰もがほっとした安堵感を持った。
そのあとに真の実力者・鄧小平が復活してくる・・・

華国鋒。
彼の歴史的役割、存在はあっという間に終わった・・・

あの頃の光景が走馬灯のようにめぐる。
こんな変な夢をみるなんて、もう、としかな・・・
e0094583_56848.jpg

e0094583_562353.jpg



2007/12/26
e0094583_16164912.jpg12月発売の最新号「The Economist」の表紙を飾った毛沢東。
12月26日は毛沢東生誕114周年の日でもある。

毛主席逝去の折、「あなたがやれば安心だ」という、当時流行したフレーズで後継者となった華國鋒元主席。
今日のニュースは、彼が久しぶりにメディアに現れたことだ。
既に86歳になってしまったが、顔色はよさそうだ。





e0094583_1623166.jpg

12月26日是毛澤東誕辰114周年紀念日,86歲的原中共中央主席華國鋒到北京毛主席紀念堂向毛澤東致敬后,為剛滿4歲的毛澤東重孫子毛東東(右)親筆題詞:“毛東東小朋友,好好學習,天天向上”。

私は嘗て激動の中国をつぶさに経験した。
周恩来・毛沢東逝去、華國鋒の登場、四人組打倒、鄧小平復活・・・
中国の大転換期に北京で暮らしていた。

当時の政変については、1993年読売新聞社出版の「天安門の六人・小説中国共産党三国志」 (鄭義 著, 丸山勝翻訳)が詳しく描いている。実に読みごたえのある作品だった。

あの時期、時代を担うホープ華國鋒は実権派におさえ込まれ下野。
その後長い間彼の姿を見る機会は無かった。
文化大革命を止めた男、華國鋒・・・

この写真を見ると今もなを毛沢東派かもしれない。
毛沢東のひ孫といっしょにカメラに収まっている。

動画はこちらへ
動画はこちらへ
[PR]
by officemei | 2008-06-22 03:59 | ■北京