<   2009年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

e0094583_913457.jpg
e0094583_9131837.jpg
e0094583_9132563.jpg
e0094583_9133183.jpg

[PR]
by officemei | 2009-09-30 01:10 | ■上海
2009年9月下旬、北京第一の高層ビル“国貿ビル第3期
(中国語;国貿三期・英語;China World Trade Center Tower3)がようやくその全容をあらわした。
高さ330メートル、地上74階、地下4階。
朝陽区建国門外大街と東三環中路の交差点にあってあたりを圧している。
e0094583_16542362.jpg
e0094583_16543058.jpg
e0094583_16543741.jpg


1975年から1978年にかけて、私もこの建国門外大街に面した“斉家園外交人員公寓”に住んでいた。
ちょうどこの“国貿三期”から西に少し行ったところ。
当時、まぎれもなく北京第一の高層(15階建て)マンションで、唐山地震の折には激しい揺れと今にも崩壊しそうな音により圧死を覚悟したくらいだ。
現在でも我が「斉家園」は健在、周囲は一変し高層ビル群の中で精彩はなくなってしまったが・・・

(当時の斉家園バルコニーから建国門外大街を望む)
e0094583_16572887.jpg
e0094583_16573723.jpg

[PR]
by officemei | 2009-09-29 01:51 | ■北京
「康師傅」のインスタントラーメンは、台湾・香港・中国・アジアの華人社会においては、日清カップヌードルよりも有名だが、「康帥博」と標記されたニセモノには思わず感心してしまった。
ニセモノ;
e0094583_13153876.jpg

ホンモノ;
e0094583_13154731.gif

もうひとつ、
「SQNY」の電池;
e0094583_13252264.jpg

[PR]
e0094583_4521916.jpg

[PR]
e0094583_5435559.jpg

章子怡(チャン・ツィイー)は1979年に北京で生まれた。
北京中央戯劇学院を卒業するまでは、ずっと北京で過ごしたのだから生粋の北京っ子だ。
彼女の一番の魅力は、彼女の話す中国語の音の響きの良さ。
艶っぽく聞こえてくるのは私だけだろうか?

私が見た作品は、初恋のきた道(我的父親母親)、グリーンデスティニー(臥虎藏龍)、HERO(英雄)、パープルバタフライ(紫蝴蝶)、LOVERS(十面埋伏)、ジャスミンの花開く(茉莉花開)、 SAYURI(Memoirs of a Geisha)、女帝(夜宴)、梅蘭芳。
特に、デビュー作「初恋のきた道」の彼女は素晴らしかった。

さて、ここ数年インタビュー番組を極力見るようにしている。
中国人の大多数が訛った標準語を話すのだから、その雑多な音に慣れる必要がある。
そんななかでたまに章子怡の艶っぽい中国語を聴くと耳に心地良さを感じる・・・

章子怡 奇迹人生 01/10
章子怡 奇迹人生 02/10
章子怡 奇迹人生 03/10
章子怡 奇迹人生 04/10
章子怡 奇迹人生 05/10
章子怡 奇迹人生 06/10
章子怡 奇迹人生 07/10
章子怡 奇迹人生 08/10
章子怡 奇迹人生 09/10
章子怡 奇迹人生 10/10
[PR]
by officemei | 2009-09-27 04:39 | ■中国語
e0094583_19274961.jpg
e0094583_1928911.jpg
e0094583_19281869.jpg

「九月圓臍十月尖」(旧暦の九月は雌の旬、十月は雄の旬)。
そろそろ“上海蟹”のシーズンだ。

上海近郊で獲れるものを“上海蟹”と称しているが、実は上海特産ではない。
江蘇省の陽澄湖・洪沢湖・高宝湖・白馬湖・射陽河、長江河口の巨大な中洲・崇明島などが産地。

なかには安徽省の石臼湖・巣湖、更には江西省・湖南省・浙江省・福建省、最近では、新疆ウイグル産まであるらしい。

それら“上海蟹”のなかで、上海の北西60㎞にある「陽澄湖」産が最高とされており、「正宗陽澄湖大閘蟹」のブランドは香港・台湾にも高額で出荷される。
e0094583_19284315.jpg
e0094583_19285173.jpg
e0094583_1929113.jpg



大閘蟹上市!
又到了秋天蟹肥的季節了!

陽澄湖大閘蟹肉質鮮美肥嫩,食過後再吃其它再好的佳肴名菜,都會覺得索然無味。
購買正宗陽澄湖大閘蟹最主要的辨認方法,一是青背,二是白肚,三是黃毛,四是金爪・・・
e0094583_19292522.jpg
e0094583_19293362.jpg
e0094583_19294924.jpg


在上海想吃到「正宗陽澄湖大閘蟹」基本上還是要靠運氣。

大閘蟹是否出生於此、無人敢保證,問題出在「正宗」陽澄湖大閘蟹量少、且老早就被預定一空。

「青殼、白肚、金腳爪」是辨別「正宗」大閘蟹三大招,據聞還有第四招,即「正宗陽澄湖大閘蟹」吃完後「手不會腥」。

問題是吃乾抹淨後才驚覺「吃到假貨」,能退貨麼、一樣為時晚矣!


[PR]
by officemei | 2009-09-27 03:26 | ■上海
マッサージ店の施療(サービス)項目。
ある程度は想像できるが実際はどんな内容なのか、業界に詳しい方に聞いてみたい。
e0094583_13342395.jpg

[PR]
シラウオ漁、漁民の足には草鞋。
e0094583_133645100.jpg
e0094583_13382340.jpg
e0094583_13383315.jpg
e0094583_13384041.jpg
e0094583_13384952.jpg
e0094583_13385819.jpg
e0094583_13453252.jpg

e0094583_3453594.jpg
e0094583_3465888.jpg

[PR]
by officemei | 2009-09-27 01:35 | ■江蘇
北京秋天という言葉がある。
梅原龍三郎画伯の作品としてあまりにも有名だが、確かに北京の秋はいいものだ。
私は1970年代後半の数年間を北京で過ごしたので実感としてわかる。
特に今では考えられないほど空が澄んでいた。
道路には車より自転車が溢れ、夜には空の星もくっきりと見えた。
空気が澄んでいると見るものすべてがくっきりと見え、まさに清冽。
e0094583_4491387.jpg
e0094583_4492885.jpg
e0094583_4494352.jpg


さて、中国はまもなく(10月1日)建国60周年の国慶節を迎える。
辉煌六十年 浴火重生 1/6 
辉煌六十年 浴火重生 2/6 
辉煌六十年 浴火重生 3/6 
辉煌六十年 浴火重生 4/6 
辉煌六十年 浴火重生 5/6 
辉煌六十年 浴火重生 6/6 
e0094583_15404748.jpg

当日、北京天安門広場では、陸海空三軍の軍事パレード、10万人に及ぶ市民パレード、8万人のマスゲーム、6万人の少数民族による民族舞踊などが披露されるとのこと。
それを通常の警察力以外に数十万人の武装警察と140万人の治安ボランティアが警備に当たり、これは北京五輪をはるかに上回る警戒。

先日おこなわれた軍事パレードのリハーサル;
e0094583_16561848.jpg
e0094583_16563468.jpg
e0094583_1657199.jpg
e0094583_16571964.jpg
e0094583_16572988.jpg
e0094583_16574095.jpg
e0094583_16575917.jpg
e0094583_1658947.jpg
e0094583_16581883.jpg
e0094583_16582655.jpg
e0094583_16583540.jpg
e0094583_16584717.jpg
e0094583_16585716.jpg


軍事パレードが行われる長安街沿いのホテルでは道路に面した部屋のすべてが使用禁止、同じく道路沿いの民間ビルもテナントを一時退去させるらしい。
更に、北京国際空港では10月1日の09:30~12:30までの間、空港の一時閉鎖をし不測の事件に備えるとのこと。
中国当局がテロや破壊活動を最も警戒していることが見て取れる。

まちは厳戒態勢。
e0094583_138569.jpg
e0094583_139772.jpg

e0094583_13104949.jpg

e0094583_1392513.jpg


とにかく北京は政治の中心だから大変だ。
当日はオリンピック開会時の2倍の量の花火が打ち上げられるという新聞記事。
e0094583_13112339.jpg

一方、
上海ではお祭り騒ぎはあるものの、さほどの厳戒体制はひかれていない。
e0094583_15403066.jpg

60周年或いは60歳というのは、中国流に言うと還暦だからこれは非常に目出度い節目だ。
還暦のことを中国では“花甲”と言うが、北京の祝賀行事には還暦を迎えた人たちが行進し、同い年として祝うそうだ。
[PR]
by officemei | 2009-09-25 03:37 | ■北京
今年11月29日からNHKドラマ「坂の上の雲」が始まる。
このドラマは三年にわたって放送される壮大な「明治叙事詩」。

司馬遼太郎の原作「坂の上の雲」は、軍人の秋山好古・真之兄弟と歌人の正岡子規の人生から、明治時代の日本を描き出している。

実は今年3月、所用で松山を訪れる機会があった。
わずかな時間しか滞在できなかったが、ぜひにも見ておきたかった所が二ヶ所あった。「秋山兄弟生誕地」と「坂の上の雲ミュージアム」だ。
そのミュージアムに隣接する萬翠荘にも寄ってみた。ここは大正11年に竣工した旧松山藩主久松家の邸宅(現愛媛県美術館分館)。


これを機に、若い頃に読みふけった文庫本を再読してみた。
「男にとって必要なのは、若い頃には何をしようかということであり、老いては何をしたかということである」
文中、秋山好古の言葉に目が留まった。

e0094583_14422098.jpgさて、203高地の段になると、数年前に訪れた記憶がまだ鮮やかに残っているので、その情景が脳裏に浮かび感慨ひとしおだった。
遼東半島南端に位置する旅順。その市街地に小高い山(海抜203m)がある。
ここが日露戦争旅順攻略の激戦地であった203高地だ。ここに立つと遥かに旅順港をのぞむことができる。
1904年12月、この高地を占領した日本軍は旅順港内に逼塞していたロシア艦隊を砲撃し、ようやくこれを壊滅させた。
1905年(明治38年)1月1日、旅順要塞のロシア軍は降伏し、水師営で停戦調印。

e0094583_14442951.jpg
e0094583_1444522.jpg
e0094583_14455115.jpg
e0094583_14461733.jpg

「坂の上の雲」に水師営の会見場所についてこう記されている。
・・・水師営とは村の名であり、その会場として指定されたのは劉という百姓家であった。戦闘中この家は日本軍の野戦病院につかわれていた。
「庭に一本棗の木」と、後年の「尋常小学国語教本」巻九の「水師営の会見」の歌の歌詞にあるように、門を入って左の泥塀に沿って棗の木がある。樹齢百年以上といわれているが、歌詞に「弾丸あともいちじるく」とうたわれているように、無数の弾痕が樹皮を裂いて生肌をあらわしている。
くずれ残れる民屋に、今ぞ相見る二将軍・・・
e0094583_14473539.jpg
e0094583_14474247.jpg
e0094583_14475676.jpg
e0094583_1448650.jpg
e0094583_14481219.jpg
e0094583_14482326.jpg

旅順攻撃の司令官・乃木将軍がその当時203高地を詠んだ漢詩がある。
爾霊山嶮豈難攀、男子功名期克艱、鐵血覆山山形改、萬人齊仰爾霊山

句中、爾霊山(にれいさん)と当て字したその203高地には今も「爾霊山忠魂碑」が聳え立つ。
e0094583_14492366.jpg
e0094583_1449498.jpg


付記;
大連から旅順に向かう途中、とある村で昼食をとった。
このあたりの名物だという巨大な焼き餃子。二個目は辞退した。
e0094583_14531735.jpg

[PR]
by officemei | 2009-09-23 03:40 | ■遼寧