<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


[PR]
by officemei | 2011-06-30 01:11 | ■日本
e0094583_1192186.gif東日本大震災の影響で落ち込んだ日本への中国人観光客の誘致に結びつけようと、上海市内のホテルで28日、日本総領事館などが主催した「日本観光・食品展」が開かれ、2千人以上の招待客でにぎわった。20以上の日本の自治体と企業23社がブースを出展した。

福島、宮城、青森など被災地各県も参加し、復興への努力をPRした。福島県のブースを見ていた大学2年の女性は「福島は桜がきれいだと聞いている。安全なら来年春に行ってみたい」と話した。

愛媛県は同県から震災後初となる水産品の対中輸出が27日に再開されたのを受け、第1便として到着した黒マグロの解体ショーを会場で行った。来場者にその場で握ったすしが振る舞われ、長蛇の列ができた。週2便の松山-上海間直行便で今後も、黒マグロや真ダイなど高級魚が定期的に直送されるという。

上海総領事館の泉裕泰総領事は28日の会見で、同館で発給された中国人の訪日団体観光ビザ件数が4月はゼロだったのに対し、5月は151件、6月は27日までで5259件に上るなど急速な回復傾向を示していることを明らかにした。

また同展に出席した安徽省の胡学凡旅遊局長は産経新聞の取材に対し、「震災復興めざましい日本へ安徽省からの観光客を今後5年間で100万人送り込む計画だ」と明らかにした。日本の航空会社との直行便交渉を進めているという。(産経ニュース)

e0094583_115627100.jpg


28日,“日本观光・食品展”在上海举行,展览将向中国人民宣传日本风光及食物的魅力。本次展览会由日本驻上海总领事馆举办,旨在恢复日本震后锐减的中国旅客,并扩大日本食品在中国的市场。

来自宫城县、福岛县等日本各地的团体、航空、铁路、旅行公司参加了本次展出,他们将向中国人民介绍当地的特产与旅游景点。总领事馆表示:“通过本次展览,可以向中国人民宣传日本景点及食品的安全性,并促进中日交流。”



[PR]
by officemei | 2011-06-30 00:08 | ■上海
俞正声は上海市党委書記兼共産党政治局常務委員という重要ポストに就いている要人。
このほど名門上海交通大学での講演で、自分の毎月の給料が11,000元だとのたまった。

中国の歴史は官尊民卑、官僚・役人の天下、社会主義中国と言えども根本はまったく変わっていない。かつての中国では清官(清廉な官吏)でさえ在任中の役得(賄賂を含む)で以後の三代の子孫が食っていける、と言われたものだ。
共産党や軍の幹部の俸給はなるほどそんなに多くはないかもしれないが、それを上回る待遇があるのだから、俸給は小遣いといったところかもしれない。
生活に要する諸費用、福利厚生から医療に至るまで国家が負担してくれる、その費用は闇の中。


e0094583_22274040.gif上海市トップの兪正声党委書記がこのほど、同市内の大学での講演で、自らの月収について「共産党中央政治局員の基準に従って毎月約1万1000元(約13万円)」と明らかにしたことが波紋を広げている。中国では指導者の収入が公開されることはほとんどなく、インターネット上には「少なすぎてやっていけるのか」「ほかに灰色収入はもっとたくさんあるはず」といった書き込みが寄せられている。
中国共産党指導者のランクでは、政治局員の地位は副首相に相当し25人しかいない。全国の党と政府幹部の中で最高指導部である政治局常務委員会メンバー(9人)に次いで給料が高いはずだ。
故毛沢東元国家主席の家計簿を管理していた元護衛長の李銀橋氏が晩年に発表した回顧録によれば、毛氏の1970年代初頭の月収は404・8元で、妻の江青氏(政治局員)は342・7元だった。兪氏の発言を受け「今でも同じような比率であれば、胡錦濤国家主席と温家宝首相は1万3000元前後になる」といった憶測がネットで流れている。
北京や上海市のマンション価格は1平方メートル3万~4万元までに高騰している。ネットには「国家の最高権力者は1年働いてもトイレの面積すら買えない」「彼らの食事から服装まですべて国が負担しているから給料は全部小遣いだ」といった意見が寄せられている。
このほか、今月21日に浙江省高裁で死刑判決を受けた杭州市の元副市長の収賄額が約2億元だったことを例にあげ、「中国高官の収入が高いかどうかは分からないが、その収賄額と年収の比率は世界一であることだけは言える」と皮肉る声もある。(産経ニュース6月24日)

兪正声は中華人民共和国の政治家。兪啓威の息子。妻は張愛萍・元国防部長の娘である張志凱。
1964年に中国共産党に入党。1968年ハルビン軍事工程学院ミサイル工学部卒。
煙台市党委員副書記時代の1986年に、兄で当時国家安全局外事局長だった兪強声がアメリカに亡命したため、1987年の第14期中央委員会では中央委員のリストから外され候補委員止まりとなり、中央書記処書記、統一戦線部長就任も立ち消えとなった。1994年から山東省党委常務委員、青島市党委書記。
1998年、朱鎔基内閣で建設部長として入閣。2001年に湖北省党委書記就任。2002年の第16期中央委員会で政治局委員となる。2007年、第17期中央委員会で政治局委員に再選。常務委員となり中央入りした習近平に替わって、上海市党委書記に就任した。(Wikipedia)

俞正声:当代中国最传奇的家世?
话得从头说起。曾国藩的孙女,嫁给浙人俞明震,俞明震何许人也?俞明震(1860—1918),字恪士,号孤庵,晚清知名于诗界、教育界、政界。甲午战争时,曾协助唐景崧据守台湾。俞明震还曾担任厘捐总局局长,甘肃省学台、藩台等职。俞明震曾担任过南京江南水师学堂督办,也即校长。1898年,十八岁的鲁迅进入该校,成为俞明震的学生。《鲁迅日记》中多次提到“恪士师”,就是俞明震。鲁迅还曾在《琐记》一文中,以亲切的笔致描述过后来送他出国留学的“恩师”:他坐在马车上的时候大抵看着《时务报》,考汉文也自己出题目,和教员出的很不同。有一次是《华盛顿论》,汉文教员反而惴惴地来问我们道:“华盛顿是什么东西呀?……”

俞明震长子俞大纯(又名俞大线?),俞大纯膝下四子两女。长子俞启孝生于北京,留学美国,回国后在天津当教授;老二俞启信生于德国,专攻化学;老三即俞启威(化名黄敬),生于北京,人称“三少爷”;老四俞启忠,学农,从美国回国后在北京当教授;大姐俞珊,生于日本,演员。小妹俞瑾,一生从医。

俞大纯的三儿子俞启威,化名黄敬,是毛泽东夫人江青前夫,也就是中中共央政治局委员俞正声的老爸,是解放后继黄克诚之后,为天津市首任文官市长和国务院第一机械部部长。1958年,俞启威因被毛泽东当众训斥,惊吓过度成精神病,于11月去世。

俞正声的老哥俞强声是国安系统的,85年叛逃到美国,此后国安系统不得不予全面换血。

俞明震的儿子俞大纯,有个妹妹嫁给陈三立,这个陈三立就是维新派主将陈宝箴的老大,他有3个儿子,画家陈衡恪是老大,三子史学家陈寅恪更是大大有名,现在他的文章,思想都抬的很高!

俞明震共有三兄弟,他居长。俞明震的三弟有个儿子叫俞大维,在国民政府当过国防部长,他的儿子俞扬和后来和蒋经国的唯一女儿蒋孝章,生了个儿子叫俞祖声(和俞正声一辈的);而俞大维之妹俞大彩,则是傅斯年夫人,傅斯年也是国民党哪边文化人中的牛人,北大的校长,敢在蒋介石面前翘二郎腿抽烟,而同时其他高官只敢站着的份了!

叶剑英元帅的夫人曾宪植,为曾国藩之曾孙女。曾宪植得管俞正声的曾祖父俞明震叫姑父,与俞正声的祖父俞大线是一辈的(姑表亲)。换句话说,俞正声的父亲俞启威(黄敬)也得管叶帅叫姑父。

俞正声的母亲叫范瑾,曾任北京市委常委兼北京市副市长、《北京日报》社社长,俞正声的舅舅是著名历史学家,中共第九届中央委员范文澜。

俞正声之妻张志凯,岳父并非外界所传的是前国防部长张爱萍,而是前国防科工委副主任张震寰。

俞正声与邓朴方的关系友好,他在80年代初期邓朴方请他出山担任“康华”公司总经理(大概在80年代已经成年的中国人都知道康华公司的来历与背景),与邓家关系非同寻常。邓小平原来准备安排他为中共中央书记处书记、中央统战部部长,利用其个人关系去搞台湾关系。但俞正声在92年十四大时意外落选中央委员,而原统战部长丁关根已经改任宣传部长,不得不提拔王兆国任统战部长,而王兆国本缺台办主任又没有物色好接班人,只能让王兆国再兼任两年台办主任。

1952年秋天,重工业部撤销,分别建立第一机械工业部、第二机械工业部、冶金工业部等。汽车工业归一机部领导。一机部部长即是黄敬,一机部建立汽车工业管理局,张逢时任局长,江泽民即任副局长。

1953年7月15日,位于长春的一汽举行奠基典礼,参加典礼的有东北人民政府第一副主席林枫、第一机械工业部部长黄敬等。会上黄敬讲话,李岚青、王恩魁等六名年轻共产党员,将刻有毛主席题词“第一汽车制造厂奠基纪念”的汉白玉基石,放置在厂区中心广场基座上。可见对江和李岚青这些老机械、老汽车来说,俞正声的父亲黄敬一直是他们敬重的老领导。

综上所述,这个家族关系要是写一本书绝不为过。
近现代中国史上,除了宋氏家族以外,君见过如此复杂深厚的关系吗?

俞正声在上海交大上党课的情景
2011年6月20日下午,一堂特别的党课在上海交通大学新体育馆内进行──坐在讲台上的,是身着白衬衫的中央政治局委员、上海市委书记俞正声。
环坐在俞正声面前的,是来自上海交大所有院系所有年级的党员、预备党员和入党积极分子,以及部分教师代表,人数达5000人之多。
学生们穿着中午发到手上的统一T恤,按颜色坐成一个个红色和黄色方阵,整齐鲜艳。正对着俞正声的方阵,举着巨大的红色标语──“纯洁、坚定、永远跟党走”。这也是上海交大等方面为这堂特别党课反复斟酌敲定的主题,这句话也出现在俞正声上方的巨大液晶屏幕上。
这并不是一场枯燥乏味或是充满宣传动员辞令的演说。这堂近两个小时的党课上,俞正声不仅主动谈起了五四运动、新中国建立、“文革”等时期的争议话题,还毫不避讳地触及一些社会敏感问题,并不时以自己的故事现身说法,现场掌声笑声不断。
在建党90周年纪念日临近之时,身为政治局委员的俞正声选择到上海交大上党课,却要从一条最近网上热议的微博说起。
5月中旬,在上海交大国际与公共事务学院大四学生党支部的一次组织生活会上,一位同学分享了在微博上看到的一则“冷笑话”──一个女大学生来公司面试,经理看了看简历抬头问她:你是党员?那个女生顿时紧张了起来,激动地说:党员也有好人啊!
支部书记董雪告诉南方周末记者,围绕这条微博,支部内进行了一场信仰危机的讨论。讨论后,大家决定把“无论何时何地,亮出党员身份”作为这个支部毕业之前最后一次党课的主题。
这个主题针对的是当前的社会现状──“现在很多同学对自己的党员身份主观上蛮淡漠的,不会主动说自己是党员,当有一些是非争辩的时候,他们也不愿意亮出自己的党员身份,表明自己应该持有的立场。”董雪说。
最后,支部决定向学校里其他毕业支部乃至社会发起“亮出党员身份”的倡议。在老师的帮助下,他们也给俞正声写了一封倡议信。
出乎董雪意料的是,不仅几天之后收到了俞正声的回信,各方也顺势促成了邀请俞正声来学校上党课的构想。“没想到会搞那么大。”董雪说。
有意思的是,两年之前,刚到上海履任不久的俞正声,也曾到复旦大学上过一次“党课”。那一堂主题为“坚定党的信念、坚持党员本分”的党课,也是“结缘”于一封毕业生的来信。
只是当时那次党课,只局限于两百人左右的毕业生党员代表。而这次,是面对近五千名师生,并且是在中共建党90周年生日之前,由一名中央政治局委员上的党课。
关于中共诞生,关于新中国,关于毛泽东
6月20日下午两点左右,5000名师生就座。按计划,各个院系轮番唱起了《歌唱祖国》、《保卫黄河》、《打靶归来》等红歌──曲目是学校提前确定好的,大屏幕上还滚动着歌词。
半个小时后,俞正声走进了体育馆。“交流是为了讲心里话,念稿子大家不爱听……我今天给大家上党课……没有教育人的意思。”向来不用讲稿的俞正声,这次也不例外,这番开场白先赢得了大学生们的掌声。
俞正声说,“我想讲两点,一点是坚定的问题,一点是忠诚的问题。”
这位党的高级干部说,现在是一个开放的社会,有的书国内没怎么出,也会从各种渠道流入国内。怎么样在复杂的社会环境中间保持一种政治上的坚定性,“是一件不容易的事情”。
随后,以中共历史为脉络,俞正声给学生谈了几个“怎么看”。
他说,“现在有的媒体宣传的一种观点,认为五四运动以后,北洋军阀丧失一点控制,中国出现了资本主义发展的最好时机。很可惜的是,救亡图存的思想,使中国丧失了一个资本主义民主发展的机遇,从而陷入了革命的漩涡。”
俞正声说,“报纸上当然没点共产党,但是说救亡图存的思想下,民主共和发展的大好局面被破坏了。”俞正声说,“我是在哪儿看到这种言论的?是在我们上海的报纸上,而且是转载的北京的报纸。”
对于这个问题,俞正声举了自己4月在《新华文摘》看到的一篇文章为例。该文谈到,1920年,死亡人数超过20万人的宁夏海原大地震,地震后一个月当地政府才向北洋政府上报了求救信息,得到的捐款也极有限。“我到上海以后,感觉很多人对上海的 (上个世纪)30年代很留恋。30年代上海是金融中心,全国的文化中心;另一方面,上海是沙漠中的绿洲。20年代上海已经发展了,上海为海原大地震做了什么?上海的富商们为海原大地震贡献了什么?”
在俞正声看来:“五四时代就是一个救亡图存的时代……不能仅仅看到大学里的一些景象就做出一个对社会的判断。”俞正声强调,在这种时代特点下,中共诞生,就是要为劳苦大众打天下,就是不能让社会、官僚们熟视无睹群众死活的状况在中国继续下去,所以才产生了共产党。
他谈到的第二个问题,是怎么看待“新中国的建立”。
“有人说解放战争的胜利是军事的胜利,中国共产党军事上比国民党高,我觉得是不对的,根本上是人民群众的拥护和支持。”俞正声随后谈到农民参加土改。
“有的同志说,土改就是农村里的痞子,把地主的财产分了,乱打乱杀,这个现在很多文章里面讲过的,有没有这种情况?有!但是,我们党的历史上在土改中乱打乱杀的结果,必然导致这个地区群众的反水,这不是没有发生过的,抗战时期也发生了。但是为什么那么多群众拥护解放军和拥护共产党呢?从根本上说,土改运动是得人心的,是得到群众的拥护和支持的。”
第三是怎么看待“社会主义建设艰难的探索”。
俞正声坦言,“文化大革命”是一场灾难,这不光是毛泽东的个人错误,也是党的错误。
他回忆说:“文化大革命期间,我母亲(注:范瑾,曾长期从事新闻及宣传工作,是北京日报报业集团的奠基人,其兄是著名历史学家范文澜,丈夫是曾出任建国后第一任天津市市长和第一机械工业部部长的黄敬)1966年被打倒,1968年蹲监狱,1975年回来,出来之后我就感觉她精神上不正常了,老有被迫害的感觉。一直到前年她去世,都拒绝做任何体检。我的妹妹,“文革”开始时一个高中生,在学校里被批斗,后来也得了精神分裂症,自杀了。我们亲属在‘文革’中死去的,有六七人。”
“那么为什么对毛主席还基本上是一个正面的肯定态度?他有很严重的错误,为什么?我个人认为,第一,他的著作、他的思想影响了许许多多的人,包括我,我对毛主席是非常尊敬的,虽然他犯了这么大的错误。正因为如此,很多人就千方百计地诋毁他,甚至说,毛主席著作大部分是胡乔木写的,胡说八道,胡乔木写不出这种文章来。第二个,我认为他搞文化大革命,是真真切切地感觉到,我们国家不能简单地发展生产,要防止新生资产阶级的出现,防止工人农民重新沦为社会的底层,他的动机是无可厚非的。”俞正声说,“但是他寻找的道路是错的……现在的很多事情也证明他的担心不是没有理由。但是,不能因为这种担心而寻找一种错误的道路。”
俞正声说,一直到十一届三中全会,人民群众之所以仍然相信共产党,“就是因为知道,党是为了广大人民群众进行的艰难的、没有实践经验的探索,而且党也不回避自己的问题和失误”。

如何看待当下的矛盾?
“30年来国家有很大进步,但现在也面临着很多新的问题。”俞正声一一数道。比较突出的,一是收入分配差距拉大,现在银行高管一年薪水几百万,有的银行,老总一年可以几千万,“而上海的最低工资线是一个月一千两三百块,这可是几百上千倍的差距”。
“还有党内的腐败现象,我看没有从根本上进行遏制,最近报的铁道部部长的案子,利用工程索取钱财,成亿成亿地索取,若干亿的回扣,生活糜烂啊。”
此外,俞正声还谈到了当前社会矛盾不断地涌现。他说,“有一些社会矛盾是属于干部处理经验不足,没有在早发阶段赶紧处置;有一些社会矛盾是越渲染越大,本来没那么大。”
对于这些现实问题,俞正声也历数了他所认为的原因。
一是经济快速发展阶段,难以避免阶段性的混乱。而这种快速发展、分配上的变化、财产价格的急剧变化带来了人们谋取利益的冲动。
“这是正常的。”俞正声说,共产党是干什么的?共产党无外乎是群众认识到自己的利益不平衡,团结而起的奋斗,共产党就是干这个的。革命为什么胜利?就是人民群众觉得我的利益在这儿,才团结在党周围。新世纪利益多元多变,是一个阶段性的特征,这是任何国家快速发展的阶段都难以避免的。
还有就是经济的全球化带来产业分工变化,所造成的收入差距增大。他还强调,这不光发生在中国。
“第三,还有我们工作的不足和体制的缺陷。”俞以分配问题为例,他说,邓小平1993年就讲过,分配问题可能比解决发展的问题还难,应该在本世纪末、下世纪初把这个问题尖锐地提出来,鼓励用各种方法去进行探索。“我想我们对小平方针的认识和实践上做得不够。”
“此外,干部的监管使用上还有制度性的缺陷。”俞正声顿了一下说,“这个我就不多讲了。”不过俞正声告诉听众,按照中央政治局委员标准,他每个月工资一万一,“不算高也不算低”,比上海市市长韩正低一些。“抽烟是自己买,衣服也是按照市场价格买。”
俞正声也提醒说,(解决当前问题)不能急于求成,不能采取“文革”的办法来解决干部的腐败问题。“我们建国以来的教训是什么,是急于求成,以前是跑步进入共产主义,现在是GDP赛跑,所以才有那么大的投资、那么大的货币量。”
“我们总要找到新的途径和办法,就是靠各方监督的办法。”他甚至举了个自己的例子,他去年10月去崇明检查工作,结束后随行人员邀请他去看看当地一个湖。当时,大量游客在那,俞正声一行至少有四五辆车就开上去了,然后上了船。
俞说,从船上下来,游客就跟他打招呼。“第一句是,俞书记好;第二句就是,你买票了没有?我赶紧让秘书把票补了。”这段自嘲,也引得学生一阵大笑。
因此,“还是要扩大公开,置于群众与社会的监督之下,这方面我们总要找一种制度性突破,扩大群众和社会的监督”。
主动谈起敏感话题
谈到当下,对于一些政治领域的敏感话题,俞正声也不避讳地向学生们主动说起。
“有的同志说,党是不是代表了某些利益阶层,就要维护这个阶层的利益,换句话说,当官的要维护当官的利益。”俞正声说,“党必须代表大多数人的利益,党不是利益群体。共产党不是一个利益集团,它是能够反映各种意见的,社会各阶层意见的一个组织者。我参加政治局会议,我们很多问题都是敞开讨论的,经常开会,它反映了各种利益。”
“有的同志问,我们现在的很多问题根本解决要靠多党制,多党能解决中国的问题吗?”他说,看台湾就可以想到,中国大陆复杂情况远比台湾多得多,中国大陆要是多党,可能就会把中国大陆变成了政客权谋的竞技场,个人野心的博弈机和民族分裂的样板田。
“如果陷入政客权谋斗争,那谁去管经济的发展?谁去解决重大的民生问题啊?然后再加上各省之间互相斗,这个国家还有未来吗?那不回到了北洋军阀的时代了吗?”俞正声抛出一串反问。
他强调说,中国社会的复杂性也决定了必须有一个坚强有力的党来统筹处理各种社会矛盾。
俞正声还谈到另一个热门话题——最近在网上热议的“独立候选人”问题。
有意思的是,曾经在湖北担任省委书记的俞正声,与来自湖北潜江的自荐竞选人大代表的姚立法之间,还有一段交集。
俞正声回忆道:“我在湖北时,潜江的书记说,我们有一个群众推荐的候选人选上了,经常怎么怎么样。我说,你要区分情况,群众推荐不能认为是不正常的现象,要分析四种情况:第一种是有的人是真正希望参与对党和政府的监督,这个是要支持的;第二种是他想参与监督但没有经验,有时候说话偏激,这个也要支持,不要在乎;第三种可能是为了个人出风头,我看也没有什么了不起;而第四种可能就是出于想推翻现有制度,追求西方制度。”
俞正声问这位书记,姚立法处于哪种状态?他说,还没有到第四种。俞说,你还是要帮助争取,不管是处于哪一种,只要他讲得对,你们都要改正你们的工作缺点,即使是不对,你也得改正你的缺点。“后来县里说,美国国务院请姚立法去考察美国民主制度,问怎么办?我说,让他去呀,这是他的权利,但是你要告诉他,你这么走下去,性质是要变化的。”
俞正声说,处理这种问题的界限,就是是否赞成宪法和拥护共产党的领导,而不在于他给你提多少意见。
这位党的高级干部说:“中国的现实,如果离开了党,国家至少是在可以预见的将来,会走上非常危险的境地,这种危险是存在的。我今年都66岁了,干不了几年了,你们都是年轻党员,未来怎么走,不是我们决定的,是你们决定的。希望你们把握好未来的政治方向。”
“如果党本身是软弱无力的,这个党不会有希望。”
俞正声还向学生谈起“忠诚”的话题。“我说对党的事业的忠诚,对人民的忠诚,不是一句空话,体现在很多的思想里。”
“在座的有不少上海人,上海现在常住人口将近1/3是外地人,要不要取得上海户籍?要不要享受跟上海市民一样的公共服务?”俞正声说,“同学们是心里赞成还是表面赞成啊?这势必会涉及到一些利益。我们现在的高中不允许他们上,势必有一天,高中要给他们开口的,高中要开口子,等于大学也要开口子,大学开口子,等于原上海籍的高中生考大学就有竞争了,上海户籍的同学,你们赞成还是反对啊?”说到这里,他批评说,上海户籍制度改革进展太慢,有关部门的同志思想局限太重。
他停了一下,说道,“作为党员,就应该赞成。这句话不是一句空话,当然这也不敢贸然地进行,上海老百姓很有意见。慢慢地循序渐进,但是这个方向应该是明确的。”
他随后提到,忠诚也要“勇于坚持真理,勇于修正错误”。
他举例说自己在山东任职时,有一年山东的走私很厉害,大量走私汽车。“我当时在青岛担任市委书记,青岛刹住车了,威海、烟台都疯了。正好到北京开会,江主席叫我去他家谈事,问你们山东有没有走私啊?我说有。济南军区有没有走私啊?我说有,通过青岛的军港。你说我这个党员对中央不讲老实话行吗?讲了老实话势必得罪我的上司。要敢于讲真话,你敢不敢于在领导面前发表你的看法?”
他随后还举了一个有关朱镕基的例子:“朱总理是好领导,你不跟他讲真话,他不信任你,你跟他讲真话,他反而相信你。我刚到北京的时候,有一个朋友跟我说,你要想说服朱总理,就得他硬你更硬。我对朱总理很尊敬,很重要的一条就是他鼓励你讲真话。”
在这堂党课结束前的提问环节,一位学生在递上来的纸条上,写下了这样的问题:“对党的未来怎么看?”在学生的欢笑和掌声中,俞正声抬头缓缓说道:“党的未来取决于党本身,而不是取决于他人。我们党本身如果能够坚强,能够克服自身的弊端,党的未来是光明的;如果党本身是软弱无力的,这个党是没有希望的。”
[PR]


2011/06/25
共産党統治下の大陸で彼女が干されていても、香港を含む華人社会で彼女が評価されたのは喜ばしい限りです。
华语电影传媒大奖颁奖 汤唯首次获封国内影后(2011/06/16)
第十一届华语电影传媒大奖昨晚在澳门颁奖,凭六项提名领跑的台湾影片《当爱来的时候》夺得最佳影片、最佳编剧和最佳新演员三项大奖。葛优获影帝(《让子弹飞》),影后则由汤唯(《月满轩尼诗》)夺得,这也是她在国内获得的首个影后。她发表获奖感言:“我第一次这样说,请大家原谅。这是我在国内第一个最佳女主角奖,非常感谢。

由于出演了李安导演的《色戒》一片,令汤唯的演艺生涯充满坎坷,从开始的幸运儿到后来各种发生在自己身上,至今影响未散的各种事件,一路走来,汤唯究竟是怎样熬过自己最彷徨的阶段,并终于守得云开见月明成功进军香港影坛的?主持人替大家委婉的向汤唯提出了这个问题,汤唯尽管略显尴尬但仍大方表示:“自己并没有想过,该怎样面对人生中的不如意这件事,因为人生中有很多事情可以做,比如说照顾父母,朋友,有时间多学习,做好演员。面对不如意该怎么办?不好意思我真没想过,人生有很多事情值得去做,包括昨天来时候的飞机上,因为下大雨飞机一直在不停的晃动,我看着窗外的村庄,就想,又要有人为此受苦了……所以人生真的有很多值得去做的事。”

e0094583_15474971.jpg
e0094583_1548046.jpg
e0094583_1548879.jpg


2011/06/13
湯唯、へこたれるな!
きみの逆境はきみ自身を大きく育てる。
湯唯の魅力;

不适合演毛泽东初恋情人?汤唯戏份被删
凭借李安导演执导的《色,戒》成名的中国女星汤唯出演了为纪念中国共产党建党90周年制作的史诗式巨著《建党伟业》,但在影片送交中国当局接受审查的过程中,她的戏份全部被删。
中国《西安晚报》1日援引电影界人士的话报道说,《建党伟业》最近通过了审查,但最终版中汤唯的戏份被删,而且汤唯也被踢出出演名单。汤唯在片中饰演毛泽东的初恋情人陶毅。该报报道说,在接受审查前的4月公开的粗剪版中,汤唯在5个场景中出现3分钟,而且在电影预告片中也有汤唯的身影。
汤唯在2007年出演《色,戒》后,遭到中国广电总局的封杀,连广告都不能出演。据悉,汤唯遭封杀是因为在《色,戒》中大胆裸露,而且美化上海亲日政府和叛徒。但去年汤唯出演的香港片《月满轩尼诗》被允许在中国大陆上映,而且还被邀请出演《建党伟业》,因此有人预测对汤唯的封杀令已被解除。
北京新影联院线发言人高军就汤唯戏份被删的原因说:“不是女演员本人的问题,据说是因为这一部分的故事情节与史实不符。”而中国大陆和香港媒体纷纷猜测说:“汤唯尚未摆脱因《色,戒》中的床戏而被刻下的‘裸星’的烙印”、“毛泽东唯一的孙子毛新宇要求删除汤唯戏份”等。也有分析说,“爱上投靠日本的民族叛徒的女人”的形象与毛泽东的初恋情人不符。
《建党伟业》讲述了1911年辛亥革命到1921年中国共产党成立这段时间的历史故事,云集了香港著名演员周润发、刘德华等100多位明星,将于15日在中国上映。
[PR]
e0094583_1437650.gif中国の首都、北京と最大の経済都市、上海を専用線で結ぶ高速鉄道「京滬線(けいこせん)」が7月1日(*誤報・実際は6月30日)に開業する。中国共産党が創立90周年を迎えるタイミングに開業を間に合わせ、経済発展や技術力を内外に誇示するとともに国威発揚を狙う。京は北京、滬は上海を意味する。

最短4時間48分
2008年の北京五輪、10年の上海万博に続く国家的プロジェクトだ。東京五輪開催の1964年に開業した東京-新大阪間の東海道新幹線が、その後の日本の高度経済成長期を運輸面から支え、70年の大阪万博を成功に導いた時代にイメージを重ね合わせることもできる。

北京-上海間は1318キロで所要時間は最短4時間48分と、現在の半分以下に短縮される。北京-上海間の飛行時間約2時間の空路と比較しても、空港でのチェックインや遅延リスクなどを考えると、十分に対抗可能な交通機関となる。設計時の最高時速は350キロだったが、安全性を再考した結果、当面は最高速度300キロと250キロの2種類の列車を混成して運行する。

北京-上海間の乗車料金は時速300キロの普通車指定席で555元(約7000円)と、エコノミークラス航空機利用に比べ3分の1程度となる。

上海鉄路局の説明によると北京-上海間を最短4時間48分で結ぶ列車のダイヤは、上海虹橋駅から午前9時発と午後2時発の1日2本運行される。この最速列車は南京南駅(江蘇省)にだけ途中停車する。また、済南西駅(山東省)にも停車する所要時間4時間55分の列車は1日に6本運行する見込みだ。

わずか3年で完成
上海鉄路局管内では、最高時速300キロで運行する列車番号の頭文字が「G」のダイヤは1日59本。北京まで5時間以内の8本を除くと、駅を一つおきに交互に停車するという。

京滬線は強制的な土地収用が可能な共産党政権下で急ピッチで建設が進んだ。2008年4月に着工、当初は来年開通予定だった。

だが金融危機のため08年11月に打ち出された4兆元(約50兆円)の景気対策の投資効果で事業は計画を上回るペースで進展し、わずか3年あまりで完成した。戦前の「弾丸列車計画」から考えれば、1964年の開業まで四半世紀を要した日本の東海道新幹線など、比較にならないスピード建設といえる。

プロジェクト総額は当初予算では2209億元(約2兆7600億円)だったが、地元紙は建設費がさらに膨らんだ可能性も示唆した。とはいえ土地収用コストや土木建設の人件費が日本などと比べて格段に安い中国のこと。京滬線開業前の今年5月時点で高速鉄道の総営業距離は8358キロ。京滬線を含め年内にさらに4715キロの高速鉄道が開通する計画で、その投資額は6393億元となる。

来年以降は、2012年が3038キロ、13年は2667キロ、14年は4421キロ、15年は3847キロが開業する計画だという。投資額はそれぞれ3303億元、3650億元、5429億元、3434億元を予定している。

ロシアに近い黒竜江省ハルビンから香港に接する広東省深圳(しんせん)までの複数の南北縦断ラインに加え、上海や青島など沿岸都市から雲南省昆明や山西省太原など内陸都市までの複数の東西横断ラインがある。中国は今年から15年までの「第12次5カ年計画」で高速鉄道の基幹網の完成を目指しており、総延長約1万6000キロは東京-博多間の新幹線の実に16倍の長さとなる。

ただ、どこまで需要予測に基づいた必要な路線なのか疑問はぬぐえない。そもそも日本から供与された新幹線技術を「中国独自開発」と言い張り、高速鉄道網を力ずくで作り上げて輸出にも意欲をみせる姿は、共産党政権の力と異質さばかりが誇示される結果となっている。(6月25日産経ニュース)



e0094583_14372825.gif(6/24)
6月末から北京-上海間に新幹線(高鉄)が開通する。
北京-上海間を時速300km、4時間48分で結ぶ。
二等555元、一等935元、商務ビジネスクラス1750元。
特に商務ビジネスクラスはテレビ設置、インターネット利用可、座席はフラットにすることも可能らしい。
服務員(乗務員)は飛行機のCA(空姐)風に「高姐」(高速鉄道の高)と呼ぶ。


中国は経済の大動脈となる高速鉄道網の基幹路線を相次いで開業させようとしている。
これはちょうど7月1日の中国共産党創立90周年にあわせた国威発揚の一大イベント。
2005年に建設を始めた中国高速鉄道網、特に、首都・北京と中国経済の中心である上海を結ぶ基幹路線は、さながら1964年開業の東海道新幹線(東京-新大阪間)と同様に高度経済成長を支えていくことになる。
北京-上海間の路線は2008年に本格着工し、最高時速350キロでこれまでの在来線の約10時間から約4時間と大幅な時間短縮が見込まれる。
総延長1318キロは、東京-鹿児島間にほぼ匹敵。
更には、これまで30時間以上かかっていた重慶―上海間を約14時間で結ぶ路線も開業する。このように大陸を横断する基幹路線が次々と開業し。高速鉄道網は2015年には約16,000キロに達する予定。
e0094583_14535279.jpg

e0094583_10588100.jpg

e0094583_10595690.jpg

e0094583_1103263.jpg
e0094583_1104579.jpg
e0094583_1105477.jpg
e0094583_111540.jpg
e0094583_1111338.jpg

京沪高铁通车的日子终于定了。
铁道部发布最新消息,经京沪高速铁路建设领导小组同意,京沪高速铁路定于6月30日15时正式开通运营。

最快每5分钟一班车
京沪高铁开通初期,每天开行列车90对,其中京沪对开的时速300公里(G字头)动车组有41对。
■ 一站直达列车(G字头)两对。车次为G1/G2、G3/G4次,沿途均停靠南京南站,分别安排在9时和14时出发,由上海虹桥和北京南站对开,全程运行时间为4小时48分。
■ 省际直达列车(G字头)6对,车次为G11/12、G13/14、G15/16、G17/18、G19/20、G21/22次,由上海虹桥站和北京南站对开,运行时间4小时55分。
■ 其余交错停站的列车(G字头、D字头),沿途将停靠6个—8个车站,列车运行时间均在5小时30分以内,比现有京沪动车提速近5小时。

京沪高铁时刻表显示,市民每天最早可于7:00在虹桥站乘坐G102次途经6个车站,12:20抵达北京南站;最晚于17:55出发,乘坐G166次高铁途经7个车站抵达北京南为23:25。

最晚20:01出发到徐州
虹桥站每天最后一班京沪高铁20:01出发,终点为徐州东站,23:26到达。
京沪高铁上海虹桥开往北京南的末班车为何设在17时55分?铁路人士表示,若在夜晚8时始发,到达北京或上海就是第二天凌晨,不符合大部分旅客的乘车习惯,为了充分利用有限的列车资源,避免车辆频繁在夜间空跑,京沪高铁选择在傍晚17:55就开出末班车,将来也会根据客流需求调整今后的首末班车时间。
  
买机票可同时买高铁票
此外,高铁开通之际,空铁联运同时启动,上海站与东航推出日本东京、韩国首尔、中国台北、香港4个城市航班到上海,接续乘坐高铁的联运模式,旅客可在东航的机票预订网站订购机票,也可同时订购高铁车票,旅客到达虹桥机场后,即可转乘高铁列车。



e0094583_1113720.gif日本の新幹線技術が土台の高速鉄道車両「和諧号(CRH型)」を、中国が“独自開発した”と主張して輸出戦略を加速している。
中国鉄道省は米ゼネラル・エレクトリック(GE)や仏アルストムと鉄道技術で相次ぎ提携し、国境を接する東南アジアや中央アジアへの延伸や、米国での高速鉄道プロジェクト受注を政府ぐるみで有利に運ぶ戦略だ。
「CRH」は、外観デザインも含め川崎重工業など日本が技術供与した新幹線そっくりの車両で、一部に改良部分があるにせよ、知的財産権侵害の疑いも残される。そうした中で中国がGEやアルストムと連携するのは、技術改良プロセスで欧米勢を利用し、日本の知財権をクリアする手法を編み出す狙いがありそうだ。欧米勢にとっても、05年に整備が始まった中国の高速鉄道網が、わずか5年で総延長7531キロと世界トップに躍り出るなど成長性の高い市場になったことに加え、輸出市場の共同開発でビジネスチャンスが広がることは無視できない。中国政府は11年3月開催の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で採択する「第12次5カ年計画」に毎年7千億元を高速鉄道整備に投じる予算案を盛り込む計画だ。20年までに総延長を1万6千キロにする。
中国南車集団は10年12月3日の試験走行で時速486.1キロを記録し、日本の新幹線の443キロを抜き去った。仏TGVがもつ世界最高時速574.8キロを上回る600キロ達成に自信をみせており、そこで「世界最高の国産技術」を売り物にする戦略とみられる。中国は雲南省からミャンマー、ラオス、タイへ、新疆ウイグル自治区からキルギス、カザフスタンなど中央アジアへ延伸する高速鉄道の建設を計画中だ。米カリフォルニア州、フロリダ州の高速鉄道建設プロジェクトでは、GEなどと共同で入札に参加する方向で準備を着々と進めている。規模も性能も国際性も日本の新幹線を凌駕し始めた中国のCRHだが、建設計画スピードに運営上の安全性確保などバックアップ態勢が整っていないとのリスクを指摘する声もある。

e0094583_11132440.gif中国の鉄道車両メーカー、南車集団が中国版新幹線の車両「CRH380A」の技術特許を米国で申請する方針だと報じた。将来の車両輸出をにらんだ作戦とみられる。南車集団は独自開発を主張しているが、実際は川崎重工業など日本企業が開発した新幹線「はやて」の技術供与を受けて改造した。中国版新幹線には手抜き工事などの指摘もあり、北京-上海線の7月1日開業は“見切り発車”だとの声が高まっている。
中国鉄道省は23日、北京と上海を最短4時間48分で結ぶ高速鉄道「京滬線」を中国共産党の創立90周年記念日の7月1日に正式開業させると発表した。南車集団が特許の申請を予定している「CRH380A」型車両も採用されている。同社は、営業運転時の最高時速を引き上げるため車両の車台部分やロングノーズ(先端部)などが、中国の独自技術で作られたなどと主張して特許申請する。しかし、中国鉄道省の元幹部、周翊民氏が証言したとして21日付の中国紙、21世紀経済報道が報じたところによると、中国の高速鉄道車両は日本やドイツからの導入技術がほとんど。欧州系メーカーから「技術供与はあくまで中国国内での使用に限定している」として、車両輸出は契約違反と警告されているという。川崎重工は「どのような技術が特許申請されるか確認が取れないので、回答を差し控えたい」としているが、欧州も含めた特許紛争に発展する可能性もある。
一方、周氏はそれ以外にも、中国版新幹線の営業時の最高時速が当初計画の350キロから300キロに引き下げられた問題に関し、汚職で2月に失脚した劉志軍・前鉄道相が「世界一」にこだわり、安全性を無視して最高時速を350キロに設定するよう命じていたと暴露。技術供与元の日独企業から時速300キロ以上の営業運転は設計上も乗客の安全を保証できないと指摘され、前鉄道相の更迭後に方針変更したという。
周氏は、路線の安全設計や工事が不十分で、地盤沈下による走行支障が起こり得るなど土木工事の問題も告発している。また、香港紙は、高速鉄道の建設に携わった技術者が、工事代金にからむ汚職の結果、手抜き工事が現場で横行したと証言し、「自分は絶対に乗らない」と、不信感をあらわにしていると伝えた。

京が北京、滬が上海を意味する京滬線は全長1318キロの専用路線で、所要時間は在来線の半分以下に短縮される。2008年4月に着工し、強制的な土地収用が可能な共産党政権下ながら、わずか3年あまりの突貫工事で建設された。国威発揚の期待も高い京滬線は安全性を置き去りにしたまま動き出す懸念がある。



e0094583_11134717.gif中国の高速鉄道が掲げた「最高時速350キロ」は、独自の高速化技術に基づくものではなく、海外から導入した鉄道の規定速度300キロを無視した単なる「速度超過」だったと、中国紙、21世紀経済報道が鉄道省元幹部の証言として22日までに伝えた。証言したのは鉄道省科学技術局長などを務めた周翊民氏。中国が高速化の根拠としてきた「独自技術」は実際は存在せず、「世界の一流」にこだわる劉志軍前鉄道相の意向で技術的な裏付け無くスピードアップしていたという。劉前鉄道相は2月に汚職疑惑で解任され、後任の盛光祖鉄道相は最高時速を300キロに引き下げる方針を示している。(共同)
[PR]
(6/15)
「京都外国語専門学校」。
昭和45年の夏、私はここの中国語夏期講座を受講した。
先生は金老師、生粋の老北京で満州旗人、私にとっての「中国語デビュー」だった。19の夏・・・
東京の大学生活を一時切上げ約5ヶ月、下鴨松ノ木町辺りのアパートに住んでいた郷里の友人宅に居候し、通った。
当時、京都には市電が走っていたが、私は金もないのでずっと歩きだった。
出町柳、荒神口、丸太町と鴨川河畔を歩き、東山二条西入るにある学校で授業を受けた。
そのあと四条南座近くにあった氷屋でアルバイトをしていた。祇園の料亭から注文を受けてすぐに氷を運ぶ仕事だった。その後かれこれ四半世紀が過ぎた頃、初めて祇園の宴席を体験した。
舞妓・芸妓の艶やかさに触れたのは後にも先にもこの一度だけだが・・・

京都生活の翌年、東京の大学に帰り中国語を専攻、良き師、良き先輩、良き同学に恵まれて充実した学生生活を送ることが出来た。
卒業後、在北京日本大使館に赴任、激動の中国を実体験することになる。
帰国後、大学院入学。
不運ながら病を得て帰郷、入院手術、再上京を断念。
目指した道から大きく逸れてしまったが、なんとか「中国」にしがみついて今日に至っている。

京都はそんな私の原点なのだろう、無性に恋しくなるまちだ。

もうすぐ祇園祭の季節がやってくる。
青春時代の思い出をたどり、祇園界隈をぶら歩き。
頭の中で祇園囃子が聞こえる。

明日から中国モードに回路を切りかえないと・・・


[PR]
by officemei | 2011-06-19 00:39 | ■日本
私は1970年(大阪万博の年)の夏から秋にかけて京都に居候をしていたことがある。
渚ゆう子の「京都の恋」が流行っていた頃だ。
あっというまにときは過ぎていく・・・




[PR]
by officemei | 2011-06-19 00:22 | ■日本
e0094583_151535.gifイタリアの高級ファッションブランド、プラダは12日、香港取引所で今月24日に株式を新規上場すると発表した。市場からの資金調達額は、最大で203億香港ドル(約2100億円)に上る見通し。プラダは数年前から株式公開を検討してきたが、2008年のリーマン・ショック後の市況悪化を理由に上場を延期してきた。今回、プラダがミラノやロンドン、ニューヨークよりも香港を上場先に選んだのは、ファッション界も含めた世界経済のアジアシフトが一段と加速していることを鮮明にした。

イタリア・ミラノに本社を置くプラダは、1913年に皮革製品店として創業され、現在は自社ブランド以外にも英国の靴メーカー、チャーチなどを傘下に置くアパレル企業。その財布やバッグは、女性たちの憧れの的だ。創業者の孫娘に当たるミウッチャ・プラダ氏(62)がヘッドデザイナー、その夫のパトリツィオ・ベルテリ氏が最高経営責任者(CEO)を務める。

プラダは12日、香港の記者向けにミラノと通信回線を結んで記者会見し、株式上場を発表した。

AP通信によると、ベルテリCEOは「ファッション界でも重心はアジアに移りつつある。もはや、欧州に焦点を当てていても創造的インスピレーションは得られない。香港で上場するという判断は、我々がアジア市場をどのように見ているかを端的に表している」と語り、アジア重視を強調した。

プラダ氏も「香港に上場するのは、株式公開を確実に成功させたいという経済的理由の他に、経営陣を違った文化に触れさせるのに役立つと考えたからだ。中国人女性の容姿は想像力をかき立ててくれる」と指摘した。

公募・売り出し価格のレンジは36.5~48.0香港ドル(約380~500円)。最も高い価格で決まれば、調達額(4億2330万株)は203億香港ドルにのぼり、プラダは時価総額1228億香港ドル(約1兆2700億円)の大企業となる。14日から公募を開始し、17日に価格を決定、24日が上場日となる。

公募・売り出しのうち、14%が新規発行分で、残りの86%は創業家が持つ株式を放出する。これに伴い、プラダ家が保有する持ち株比率は94.9%から82.5%に低下するという。

今回手にする資金を元に、プラダは2014年までに80の直営店を世界中に新設する予定で、そのうち20~25店をアジア(中国に10~12店)でオープンさせる。

香港株式市場は今年に入って一段と活況を呈し、特に高級ブランドの間では上場ブームの感すらある。プラダの他にも、米国の世界最大手の旅行カバンブランド、サムソナイトが16日に上場。米国のコーチ、英国のジミー・チュウ、イタリアのサルバトーレ・フェラガモなども香港での上場を計画している。いずれも中国での知名度向上と事業展開の加速が狙いだ。(2011.6.14 )
[PR]
by officemei | 2011-06-15 03:30 | ■港澳
内蒙古の資料を整理中。

司馬遼太郎氏の「以下無用のことながら」を読みおわった。
これで5度目だ。文庫本だからこの10数年でぐちゃぐちゃに萎れてしまった。
文中、いくつかのモンゴルに関する文章がある。
そのなかに当時の在モンゴル人民共和国日本大使館の崎山さんや鯉渕さんのことが書いてある。
私もお二人には当時お会いした。
鯉渕信一さん、その後日本第一のモンゴル研究者として亜細亜大学の学長までになられた。
北京から列車に乗ってウランバートルを訪れた。「モンゴルクーリエ」、1975年のことだ。
内蒙古自治区からモンゴル人民共和国(現モンゴル国)に入った。
長い長い列車行だった。
その後、モンゴル(外蒙古)には一度も訪れていないが、内蒙古には何度も訪れている。
今では蒙族の友人も数人いるが、当面は再訪のチャンスがない。
死ぬまでにもう一度訪れてみたいが・・・

e0094583_12455659.gifモンゴル遊牧民の事故死がきっかけで地元政府への抗議デモが起きた中国内モンゴル自治区シリンホト市で27日も抗議行動が拡大、治安当局は民族学校を封鎖するなど厳戒態勢で封じ込めを図った。在米の人権団体、南モンゴル人権情報センターなどが伝えた。
同センターによると、26日には治安部隊が抗議をしていた高校生4人を車両ではね、1人は足を切断する重傷。治安部隊との衝突で10人以上が負傷して病院に運ばれたとの情報もあるという。

チベット族やウイグル族の居住地では少数民族の不満を背景にした抗議活動が多発しているが、モンゴル族居住地で当局との衝突は珍しい。
デモの呼び掛けがモンゴル語でインターネットを通じて広がったため、当局はネットを遮断し、書き込みをしたネット利用者らを拘束しているという。(共同)


産経ニュースより;
中国・内モンゴル自治区でモンゴル族遊牧民の事故死をきっかけに拡大した抗議デモについて、中国当局は31日も厳重な警戒態勢を継続し、新たな衝突を封じ込めた。同自治区にはモンゴル族が徹底弾圧された歴史があるだけに、当局はモンゴル族の民族意識が再燃し、チベット族やウイグル族の活動と結びつくことを警戒している様子がうかがえる。

在米の人権団体、南モンゴル人権情報センターなどによると、内モンゴル自治区の区都フフホト市中心部は警戒線が張られ、治安要員が数メートル間隔で配置されているという。5月30日には政府庁舎に向けてデモ隊が行進したが、治安部隊に阻まれ数十人が拘束されたという。31日には、封鎖された学校構内で、学生らが中国語で書かれた教科書を窓から投げ捨てるなどして抗議の意思を示したという。

デモの発端は5月中旬、炭鉱開発に反対していた遊牧民が事故死したこと。5月23日ごろから、死亡原因の究明やモンゴル族の人権尊重を求めるデモが発生、25日にはシリンホト市で数千人が政府庁舎を取り囲む騒ぎが起きた。

抗議行動の背景には、同自治区で強引に進められる石炭採掘によって、環境破壊が深刻化していることがある。道路が整備されていない中、一刻も早く石炭を東部に運び、多くの利益を挙げようとするトラック運転手が競うように暴走していることも、遊牧民の生活環境破壊を招き、不満が高まる一因になっている。

中国共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、環球時報は31日付で、今回の抗議行動は「民族対立による政治的なデモではない」とする社説を掲載したが、同自治区には民族対立が拡大しかねない過去の記憶が眠っている。

ロイター通信などによると、モンゴル族は1960年代~70年代にかけて、文化大革命の混沌の中で徹底的な弾圧を受けた。汎モンゴル国家の樹立を企てたとして数万人のモンゴル族が殺害されたり、投獄されるなどしたとみられている。

漢族の大量流入も進み、モンゴル族は同自治区の人口約2400万人のうち20%にも満たない“少数民族”に。その結果、ここ20年ほどは大規模な抗議行動は発生していなかった。

外務省の姜瑜報道官は31日の定例記者会見で、「民衆の合理的な要求に対して、地方政府は積極的に対応するし、環境保護と経済発展をうまく処理するよう努力する」と強調、モンゴル族の懐柔に懸命だ。


厳重警戒の街
1日午前9時過ぎ、シリンホト市郊外にある小さな空港の到着ゲートの外に、十数人の制服姿の警察官が立っていた。飛行機から降りた乗客の身分証やパスポートをチェックし、来訪の目的などを聞く。漢族の人は比較的早く解放されるが、モンゴル族だと同市で訪ねる人の名前や住所などを聞かれ、商用目的と説明した人には、所属会社に電話をして確認するケースもあった。警察当局は各地のモンゴル族活動家がシリンホトに集まることを警戒しているようだ。
記者も近くで待機している同市外事弁公室の職員の所に案内され、市中心部に設けられているメディアセンターに連れて行かれた。記者登録の手続きを済ませたあと、同市幹部が「市内の治安がいかに安定しているか」などの説明を始めた。

取材の要望にできるだけ協力すると話す幹部に対し、「西ウジムチン(民族対立が最も激しく実質的戒厳令が敷かれている場所)に行きたい」といったところ、「あそこは道路工事のために10月までは行けない」と“拒否”された。

シリンホト市内は、武装警察が隊列を組んでくまなく巡回していた。
 「石炭を運ぶトラックの行列が毎日、目の前を何度も通る。そのたびに涙があふれそうになる」と語るのは、シリンホト郊外で羊肉店を経営する男性(55)だ。

ここ数年、道路や炭坑が次々とつくられ、モンゴル族が放牧できるところが少なくなる一方だという。「彼らは私たちの祖先が残してくれたこの大地から石炭やレアアース(希土類)をどんどん掘り出して外に持っていった。強盗にあった気分だ」と男性は語気を強める。

5月10日に起きた事件は、ダンプカーで草原を横切ろうとした漢族の運転手と牧草を守ろうとした遊牧民の口論がきっかけだった。両民族の対立を象徴する事件だったため、モンゴル族の不満が一気に爆発した。

中国メディアによると、地元検察はすでに殺人罪で運転手を起訴し、民族の対立ではなく一刑事事件として処理を進めたい意向だが、モンゴル族の怒りは収まらない。あるモンゴル族の男性遊牧民(37)は「すべての漢族がモンゴルから出ていくことを私たちは求めている」と語った。

シリンホト市で約3割の人口を占めるモンゴル族のデモを約7割と多数派の漢族は冷ややかな目で見ている。運転手が起訴された後も殺人事件ではなく、交通事故だったと主張する漢族は多い。
 「汗水を垂らしてこの町を豊かにしてきたのは私たち漢族の労働者だ。優遇ばかりされているモンゴル人は頑張ろうとせず権利ばかり要求している」と語るのは5年前に河北省から出稼ぎに来た漢族の男性(42)だ。
漢族の出稼ぎ労働者たちが最も不公平だと感じているのは、中国当局がモンゴル族を懐柔するため、ここ数年ますます手厚く実施してきた一連の優遇政策だ。牧草地を持つモンゴル族に対し毎年、政府予算から維持費用を出しており、自分では働かずに漢族の労働者を雇って放牧させているモンゴル族も最近、増えているそうだ。

教育面でもモンゴル族は優遇されているという。
「なぜ私より成績の悪いモンゴル族の子がいい学校に進学できたのか」。セメント会社に勤める漢族の女性は、中学入試で志望校に落ちた12歳の娘からこう嘆かれ、返答に詰まったと明かした。
女性によると、シリンホトで最も豊かなのは、官僚や彼らと癒着している会社経営者らでほとんどが漢族だが、その次に豊かなのはモンゴル族の人たち。「貧しくとも頑張っているのは私たち漢族の労働者だ。この町はまるでサンドイッチのような構造。同じ漢族でも私たちは特権階級ではない。怒りを私たちにぶつけないでほしい」と目を真っ赤にして訴えた。


1975年のウランバートル;
[PR]
by officemei | 2011-06-03 10:41 | ■内蒙古