<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日文中訳;

日本の大衆文化や生活文化を世界にもっと広めよう――。クールジャパンと呼ばれる漫画やファッション、食などについて政府が輸出支援に力を入れ始めた。秋には官民出資でファンドも設立する。
在全世界深入推广日本的大众文化和生活文化——。政府开始大力支持文化出口,其中包括一本叫做《酷日本》(Cool Japan)的漫画以及时尚、餐饮等文化生活。今年秋季,将设立官民共同出资的基金。

日本の現代文化に関心を持つ人が世界に増えるのはうれしい。国のブランド力が増し、観光客や留学生も増える。
很高兴全球有越来越多的人关注日本现代文化。由此带动国家的品牌力提升,观光游客和留学生也趋之若鹜。

ただし好感度を上げるには、少しでも押しつけがましさを感じさせてはいけない。目先の輸出増より、長い目で見たファンづくりという視点を忘れるべきではない。
但是,为了提升对日本的好感度,至少不应让人有强行灌输的感觉。比起眼前的出口增长,从长远来看,我们不应忘记从形成哈日族的视角出发来思考问题。

漫画やアニメなど日本の娯楽が好きになる。その結果、食や服、住居など、豊かで便利で楽しげな生活環境に関心がわく。モノを買い、その良さを知れば、訪れ、学び、働きたくなる。熱心な人は現在の娯楽の背景にある伝統文化や風土にも関心を広げる。やがて日本への理解者が増えていく。
哈日族喜欢动漫等日本的娱乐产业。由此,也对涉及衣食住行等各方面的丰富、便利、愉快的生活环境表现出关心。购买商品如果能了解其优良的品质,就会产生拜访日本,在此地学习和工作的想法。热心者也会衍生出对现今的娱乐背景之下的传统文化和风俗习惯的关注。在不久的将来,会有越来越多的人了解日本。

こうした大きな循環を無理なくつくることが大切だ。広く海外の人々が面白い、楽しいと思ってくれるモノを大事にしたい。特定の国内企業や業界、産地への輸出支援策では、効果は限られる。
在大气候下自然形成这一良性循环非常重要。来自世界各地的人们喜爱且珍惜自认为有趣好玩的事物。而在特定的日本企业和行业,采取对产地的出口支援政策,将发挥无限的潜能产生卓越的成效。

経済産業省はクールジャパン政策の一環で、百貨店やコンビニエンスストアなどの海外事業やイベント開催を援助している。地方では自社製品の輸出を望む中小企業の公募も始まった。国の好感度という最終目標につながる援助かどうか。いずれ検証がほしい。
作为经济产业省推行的“酷日本”政策的一个环节,对百货店、便利店等的海外事业和活动举办提供援助。在地方,也开始了公开招募希望出口自有产品的中小企业。并且期待有关方面能检验这一援助行动的效果,看是否能达成提升对日好感度这一最终目标。

大きな流れをつくるためには、省庁の垣根も弊害になる。観光、食、繊維などの製造業、商業、外交、狭義の文化、知的財産、地域振興。役所や組織がばらばらなままでは「日本」のブランド化には効率が悪いのではないか。
为了在大气候下形成良性循环,政府机构的“高围墙”成为弊害之一。其中涉及观光旅游业、餐饮业、纤维等制造业、商业、外交、狭义文化、知识产权、地区重建等诸多方面。如果政府机构或相关组织一盘散沙,那么对“日本”的品牌化将带来负面效应。

例えば、アニメや漫画の舞台となった街をファンが訪れる「コンテンツ観光」が年々盛んになっている。省庁や自治体が横断して情報提供や案内に便宜を図れば、日本に来たい人が増えるだろう。
例如,“内容观光”,即哈日族拜访天然动漫舞台的街头,每年都很盛行。政府机构和自治体如果能横向联动给予提供信息和导游服务的便利,那么将会有更多的游客访问日本。

ただし垣根を取り払うことと、政府がすべてを主導することとは違う。生活者向け商品は、何が受け入れられるか予測できないのが特徴だ。韓国が「クールコリア」政策で売り込んだのは若者向けダンス音楽やアニメだったが、日本で口火を切ったのは日本のテレビ局が選んだ中高年女性向けドラマだった。主導権は受け手にある。
但拆除围墙和政府主导一切是有区别的。日用商品的特点之一是无法预测可以获得什么。韩国推行“酷韩国”的政策推销的是面向年轻人的街舞音乐和动画,而日本的推广点开端于日本电视台所选定的迎合中老年女性口味的日剧。无论推广的内容是什么,主导权均把握在信息接收者的手里。
 
多様な外国人を引きつける魅力的なモノを生むには、自由な発信を許す風土がなければならない。日本は政治、宗教、階級などのタブーが少ない。だからこそ自由闊達な文化が花開き、世界から注目された。この空気が薄れれば文化発信力は衰える。
为了创造魅力商品来吸引形形色色的外国人,必须保留允许自由传播文化的风气。日本没有什么在政治、宗教、阶层方面的禁忌。正因为如此,自由开阔的文化百花齐放,从而赢得了全球的关注。如果缺少这一氛围,那么文化的传播能力将会被弱化。

先日、東京・お台場で年2回の漫画同人誌の即売会が開かれた。ファンの集いとして始まり、国内外から50万人が集まる。プロの作り手のふ化器の役割も果たす。
近日,在东京的炮台旧址举办了每年2届的漫画同人志展销会。作为哈日族的聚会,吸引了来自国内外约50万人汇集而来,孕育出了一批专业制作者。

東京・原宿で高校の制服を模した衣料品を売る店も、やはり国内外から来店が絶えない。ゲームもいまや日本を代表する産業の一つだ。街のゲームセンターは高齢者の利用も増えている。
设在东京原宿的仿制高中生制服的服装店吸引了许多来自国内外的人慕名而来,顾客络绎不绝。游戏也是当今日本的代表性产业之一。街头的游戏厅甚至出现了老年人的身影。

新しい文化は、しばしば優等生とは対極にある人々から生まれ、街を舞台に進化する。中学校でダンスが必修となる一方で、ダンス好きが集まる「クラブ」と呼ばれる店に対し風俗営業法による取り締まりが厳しさを増している。どこか、ちぐはぐではないか。
新兴文化是在与优等生形成多个回合交锋的群族中诞生,并且以街头为舞台而催生并且发扬光大的。对于初中生,跳舞是一门必修课。根据风俗服务业(供人吃喝玩乐的服务行业)的相关法规,对于由跳舞爱好者组建的被称作“俱乐部”的店,其监管力度更加严格。不会是哪儿不对劲吧?

食文化も同じだ。政府は「正しい日本食」を広めようという構えだが、人々の自由な創意工夫を邪魔すれば、日本は窮屈な国だという印象が強まる。各地で日本食が姿を変え、親しみやすくなり、日本ファンが増える方が大事だ。
饮食文化也同样道理。政府弘扬“正确的日本饮食文化”的构想,其出发点是好的,但如果限制了人们的自由创意的发挥,日本会给人留下不自由、受约束的深刻印象。日本各地的美食应以多样化的形态打造亲民路线,从而吸引更多的哈日族。
 
そうした中から、本場の日本食を食べたい、学びたいという人が育つ。国として門戸を広げ、ビザや学校など、来やすい制度や場を整えておきたい。フランスワインを見習い、分かりやすい産地や等級の表示を整えることも、入門者や熱心なファンの拡大に役立つ。
这样可以培育想要品尝正宗地道的日本美食并且学习烹饪制作的一批美食爱好者。希望国家能开放门户,建立一套完善的方便签证、就学的制度,并且建设相关的设施场所。学习法国葡萄酒的管理方式,建立一套完善的便于识别的产地和等级标识体系,将会吸引更多的入门者和热心的哈日族的加入。
 
各国に長く住み、複数の文化に精通した日本人の意見も、分野を問わずうまく生かしたい。
不论涉足哪个领域,希望能多向那些长期居住国外,精通多元文化的日本人征求意见。
 
マーケティングでは、消費者の心の中に「これがほしい」という気持ちを起こさせることが鍵になる。力で「日本」を押しつけず、ファンの気持ちを大事にし、ネットなどでの情報発信を応援する。そうした企業の手法を、政府ももっと取り入れてみてはどうか。(クールジャパンは自由と多様性で 2013/8/14 日本経済新聞)
市场营销方面,关键在于该如何培养消费者心目中“想要这个”的购买欲。不强加灌输“日本”印象,体谅哈日族的心情,对以网络为平台的信息发送提供支持。政府何不采取企业的这种做法呢? (“酷日本”倡导自由和多元化 2013/8/14 日本経済新聞)
[PR]
by officemei | 2013-08-22 07:58 | ■中国語
今03:30AMです。熱中症の余韻か、ここ数日夜中に起きてしまいます。
今日8月17日は息子の嫁の26歳の誕生日。
ふと26歳の頃はどんなだったかなあと思い出してみました。

1976年8月17日は北京の日本大使館の前庭でテント生活を送っていました。
前月に起きた「唐山大地震」により、北京も甚大な被害を蒙り、全壊半壊物資供給不足などで大変なときでした。当時北京在住の邦人は数百人、日本政府の救援機(JAL)が来て殆どが日本へ避難。大使館守衛のため独身館員が残ってテント生活が始まりました。その一人が私でした。
今は昔の物語・・・


[PR]
by officemei | 2013-08-17 04:32 | ■北京
Coca-Cola(可口可乐)はいつ頃中国に入ったのでしょうか?
1927年の上海ではCoca-Colaを「蝌蝌啃蜡」と言って販売していたそうですが、その奇妙な名前と味で売れ行きはさっぱりだったそうです。その後ネーミングを350ポンドの懸賞金付きで公開募集した結果、イギリス在住の上海人が応募した「可口可乐」が選ばれました。それ以来中国では「可口可乐」と呼ばれ今に至っています。

1927年,上海街头悄然增加了一种饮料——“蝌蝌啃蜡”。
名字还不是这种饮料最古怪的地方。它棕褐色的液体、甜中带苦的味道,以及打开瓶盖后充盈的气泡,让不少人感觉到既好奇又有趣。
古怪的味道,加上古怪的名字,这种饮料的销售情况自然很差。于是,在第二年,这家饮料公司公开登报,用350英镑的奖金悬赏征求译名。最终,身在英国的一位上海教授蒋彝击败了所有对手,拿走了奖金。而这家饮料公司也获得了迄今为止被广告界公认为翻译得最好的品牌名「可口可乐」。它不但保持了英文的音译,还比英文更有寓意。更关键的一点是,无论书面还是口头,都易于传诵。

しかし、解放後、つまり1949年の中華人民共和国成立以来、Coca-Cola(可口可乐)は中国市場から撤退しました。私が北京の日本大使館に勤務していた1975年から1978年においても、まちなかではお目にかかったことはありませんでした。三年間一度も帰国しなかった私は、帰国後真っ先にやったことと言えば、空港について売店でコーラを一気飲みしたことです。

改革開放の時代を迎えてのちに、Coca-Cola(可口可乐)は再び中国に復帰します。

私は数ある外来語の中国名のなかで、この「可口可乐」は最高の訳語だと感じています。
外国語を中国語(漢字表記しかないので日本語のようにカタカナ表記ができない)に訳す場合、三つの訳し方があります。先ず意訳、外国語本来の意味を中国語に変換したものです、電脳など。次に音訳、外国語の読み方を似た発音の漢字に変換したものです、欧巴馬(オバマ)など。
そして音訳意訳を兼ね備えたもの、Coca-Cola(可口可乐)など。

実は私はコカコーラよりもペプシコーラ派なのですが、このくそ熱い夏にキンキンに冷えたコーラをぐっと一口飲むのは、冷えたビールを飲むよりも最高だと思います。でも一口だけね。
以下の写真は台湾のコカコーラ自販機前でのとある女の子です。
e0094583_1173656.jpg
e0094583_1175943.jpg

[PR]
by officemei | 2013-08-15 11:10 | ■中国語
2013年8月2日、中国国家旅遊局は、中国の旅行会社が企画する海外旅行の約款に「観光マナー」の条文を加えるよう各旅行会社に求めた。これにより、海外における中国人観光客のマナー向上を目指す。3日付で新京報が伝えた。

大体こんなことを約款に記載したりすること自体お粗末のかぎり。
とは言え、かつて日本人観光客も海外でマナーの悪さを酷評されていたので、中国人のマナーも時間をかけて改善されていくだろう、と思いたい・・・

e0094583_2126821.jpg
出境游文明公约(2013/08/03 新京报)
新京报讯;“文明旅游”有望写入旅游合同附件。昨天,记者从国家旅游局了解到,为提升中国公民出境游文明素质,国家旅游局明确要求,导游和领队负责监督游客的不文明行为,在境外旅游造成不良影响的,将追究领队和旅行社责任。

卢浮宫水池泡脚再引非议
7月30日,一则“大陆游客把卢浮宫外的水池当成洗脚池”的消息出现在媒体上,中国游客文明出游的话题再度引发关注。网友评论“丢人都丢到卢浮宫了”,“再配一块搓脚石正好洗个全套”。
但也有网友表示,这里本就是一个公开的景区设施,也有不少外国人在这里泡脚,没必要非贴上中国游客素质低的标签。
此事件引起了有关部门重视,中国人出境旅游文明行为再次被各方关注。


7月31日,中宣部部长、中央文明委副主任刘奇葆强调要加强宣传教育,加强规范约束,加强社会监督,引导和推动人们强化出境旅游文明意识,提升文明道德素质,努力避免出现不文明旅游行为。

出境游赠《行为指南》
上个月,国家旅游局连续在官网发布了6条有关文明出游的通知,其中包括呼吁出境文明旅游的“公约”和“行为指南”。
国家旅游局监督管理司证实,国家旅游局局长邵琪伟提出“要把文明旅游纳入旅游合同之中,更好地约束和规范旅游文明行为”。
具体来说,是将《中国公民出境旅游文明行为指南》和《中国公民国内旅游文明行为公约》作为合同附件或者出团的随赠宣传内容。

监督不文明行为纳入导游考核
曾参与此新规前期探讨说明会的神舟国旅市场部负责人向记者透露,“文明旅游”有望纳入旅游合同中的附件,也就是旅游合同的补充说明条款,具有法律效力。
邵琪伟还强调,导游、领队肩负着文明旅游宣传员、监督员的责任,要及时提醒和制止游客的不文明行为。建议将提升中国公民出境游文明素质的要求纳入导游资格考试、日常培训和年度培训考核中,对不履行职责、造成不良影响的导游、领队和旅行社,给予批评教育,责令整改。

■ 链接
近期不文明旅游事件
丁锦昊埃及神庙刻字
5月25日有媒体报道,埃及3500年前文物卢克索神庙被刻上汉字“丁锦昊到此一游”。有网友根据种种信息,将涂鸦当事人指向一个南京孩子丁锦昊。随后丁锦昊及其父母向埃及方面道歉。卢克索神庙被涂鸦的中国字迹被清除完毕。

武当山最强“到此一游”
6月13日,有媒体报道“伊川一家6人集体在武当山景区石壁上刻字留念”,这“一家人”获封“史上最强到此一游”。媒体联系上了当事人所在村村支书,其称这6人并非一家人,得知此事曝光后几人“羞愧难当”,“说以后再也不出去了”。

e0094583_21285990.jpg■ 反应
文明攻略:别喧哗别踩马桶
中青旅控股市场推广部总经理葛磊昨天表示,依据国家旅游局提出的相关建议,他们已经提前制定了中国公民出境游有关的旅游攻略,在出境旅游时将下发给每一位游客。

这份文明旅游攻略更细地分类了旅游中要注意的文明事项,包括注意当地风俗、注意当地特殊的交通规则等。还提示游客不得大声喧哗,不得踩在冲水马桶上。
葛磊认为,随着中国公民出境游的增加,相关的文明旅游知识应该传播到位。
但切忌一味地抨击国人的旅游习惯。“有些问题是文化和习惯不同造成的。”他说,旅游文明的培育,同时需要法律的约束,来提升惩戒成本。
下一步他们将加强对领队、导游的培训,将旅游文明实用攻略作为出团必须发放的资料。

国人旅游十大陋习
1、大声喧哗
2、乱扔垃圾
3、随地吐痰
4、不遵守秩序
5、破坏文物
6、不尊重当地风俗习惯
7、不保护环境
8、吃自助餐浪费
9、不经过他人允许随意拍照
10、衣冠不整参观庙宇或博物馆

[PR]
1日の銭江晩報記事;
今夏、浙江省金華市永康ではセミ料理が人気。
街に多くのセミ料理店があり、1日に5トンのセミを消費している。
蛋白質を含んだ低脂肪且つ栄養価の高いセミの背部を焼くか揚げるかして食する。一度食するとやみつきになるそうで宴席でも定番料理となった人気の食材だそうだ。
私も北京の屋台でセミの串焼きを食したことがあるが、そんなに旨いものではなかったが・・・

一天吃掉五吨,永康刮起“知了风”
(一斤炒知了卖到了上百元,甚至成了酒席宴请上的必备菜)
今年夏天,永康人餐桌上最热门的菜,不是小龙虾,而是知了。在永康街头,随处可见做知了菜的“知了馆”。有人估算了一下,永康人一天要吃掉五吨知了。
因为知了价格不菲,在永康甚至成了酒席宴请上的必备菜,“招待客人要是没一盘知了,还真不好意思。”

e0094583_8415875.jpg一天最多能卖出八千斤
永康人吃知了已经有些年头了,不过,从来没有像今年这么火爆。
黄同兴在永康华丰菜场做了五年知了批发零售生意, 往年一天卖个几百斤就不错了,今年夏天,他一天就能卖掉两千多斤知了,最多的时候甚至一天卖掉了八千多斤。
永康人吃知了,都是掐头去尾,只留背部有肉的那截炒着吃或炸着吃。“我雇了四五十号人在那剥壳。”黄同兴说,“早上两三点钟就开始剥了,一直要剥到下午两三点钟。”华丰菜场里两个卖知了的摊位生意都不错,近十名女工在摊位上一刻不停地为知了“掐头去尾”。这些知了主要销往一些饭店和专业食客。粗略地算,永康人一天能吃掉近万斤知了。
除了华丰菜市场,新河路平安小区这一带也聚集了十六七家炒知了的小饭馆。金维珍在新河路附近卖近四年炒知了,“从无到有,从一家两家到越来越多,就你看见的这个路段就已经六七家了,前面那些弄堂里还有不少。”




炒知了成了酒席必备菜
永康人应文清五年前在一个亲戚家第一次尝到了知了的味道。他说,吃过之后,就再也忘不了那个味道,每年都要买一两百斤。炒好后冻在冰箱里吃上一年。
“知了的蛋白质含量高,脂肪低。”应文清说,除了营养价值和药用功能被人关注外,对他来说,吃知了有种魔力,就跟别人喜欢吃小龙虾一样,知了可以炒着吃,炸着吃,加辣不加辣随口味。“味道真的好,吃了就停不下来。”
再过十来天,新鲜知了就要退市了,想吃炒知了更得抓紧时间了。“现在知了是时鲜货,一斤知了要卖到上百元。家里请客来盘知了,档次就上去了。”食客徐先生说,某种意义上来说,买知了也是因为面子,“喜欢吃知了的人这么多,你请客怎么好意思少了它?”
在华丰菜场,活知了一公斤卖近六十元,掐头去尾后的生知了肉一公斤卖到了一百三十元。一家炒知了店的店主应桂燕说。“从七月初到八月初,新鲜知了只能维持这一个多月的时间,再往后,新鲜知了越来越少,价格又要涨了。”
由于知了不能养殖,所以市场上的知了都是通过人工捕捉得来的,基本来自丽水、衢州等地山区,已经基本形成了完整的知了供销链。
来自丽水的王先生做了十多年供应商,他就是在衢州当地收购知了,再发往永康、义乌等地,最多的时候一天要收购上万斤知了。“最近几年,知了的需求量越来越大,进山区捕捉知了的人也多起来了,虽然要辛苦一整个夏天,但收入还不错。”
e0094583_97456.jpg

[PR]
by officemei | 2013-08-02 02:28 | ■浙江