<   2013年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「半澤直樹王牌銀行員」が台湾のTV局「緯来日本台」で10月7日から放送されることになりました。
「やられたらやり返す。倍返しだ!」の中国語「人不犯我,我不犯人;人若犯我,必定加倍奉還!」「以牙還牙,加倍奉還!」「整我的,我必加倍奉還!」という言葉がここ台湾でも流行っています。今日本で注目のドラマ「半沢直樹」は、数日を待たず台湾でもネット視聴できます。一方中国では正規に放映していませんが、無料動画サイトや海賊版DVDでこれもいち早く流れているようです。
このドラマが正規に台湾のTVで、しかもこんなに早く放映されること自体に意義深いものがありますね。
「やられたらやり返す。倍返しだ!)
この言葉を中国や韓国に向けて言ってみるのも又一興。
e0094583_1743837.jpg

人不犯我,我不犯人;人若犯我,必定加倍奉還!所有上班族都在討論,大銀行都怕這號人物,他就是王牌銀行員「半澤直樹」!
大家都說:部下的功勞歸長官,長官的過失部下扛!在銀行這個巨大體系下,上司為了自身野心、飛黃騰達,不惜嫁禍下屬,迫使有人揹黑鍋。身處陰謀漩渦之中,他要挑戰惡質上司,為自己討回公道!「半澤直樹王牌銀行員」,緯來日本台將由10月7日起每晚10點至12點,火速首播!

e0094583_11271897.jpg

半澤被整加倍奉還 收視33.6%再破紀錄!(自由時報2013年8月27日)
2013年最夯日劇「半澤直樹」就算相隔2週再播出,威力「加倍」奉還!25日播出第6集,日本關東地區平均收視率29%、瞬間最高更衝上33.6%,刷新該劇紀錄之外,關西地區平均32.8%更榮登今年日劇之冠。劇中男主角堺雅人的名台詞「整我的,我必加倍奉還!」更有機會獲得日本流行語大獎的提名。
因為堺雅人緊接著要接演富士電視台「王牌大律師2」,讓TBS電視台想延長集數的希望落空,但該劇魅力實在強大,距離上一次播出相隔2週,觀眾半個都沒跑掉。25日播出第6集,半澤直樹轉戰東京負責追討日幣120億的債務,收視數字不但打破今年紀錄,以目前的氣勢看來,或許有機會挑戰前年松嶋菜菜子的「家政婦女王」最後1集平均收視36.4%。
該劇夯翻天,日前電視台推出外包裝印著半澤直樹名片的「加倍奉還饅頭」,引爆排隊潮,熱賣上千盒,賣到缺貨。半澤的名言「加倍奉還!」除了是現在許多上班族的流行語,可望拿下年底流行語大獎的優勝。



[PR]
by officemei | 2013-09-28 11:28 | ■台灣
週刊文春・日文中訳;
中国の巨大生保破綻への序章;
「影の銀行」の負債規模がGDPの2倍にも膨らむ中国で、金融危機に追い打ちをかける懸念が浮上している。中国の三大生命保険会社の健全性、支払い余力を示すソルベンシー・マージン比率が急速に悪化しているのだ。
中國巨額生命保險破產的序幕
在中國,【影子銀行】的負債規模已經膨脹到GDP的2倍。社會上擔心這會讓金融危機雪上加霜。能夠顯示中國三大生命保險公司的穩健性、支付水平的償付能力充足率正在急速惡化。

日本ではソルベンシー・マージン比率が200%を切ると危険水域として、早期是正措置の対象となる。日本をはじめ世界の大手生保は軒並み1000%以上の数字を保っている。だが中国では、最大手の「中国人寿」が238%、2位の「平安保険」は163%、「中国太平洋保険」は282%という惨憺たる状況だ。
在日本,償付能力充足率低於200%就可以說進入了危險地帶,就會成為實行早期修正措施。日本是第一個世界大型生命保險公司的比率全都保持在1000%以上的國家。但是在中國,龍頭老大【中國人壽】是238%、位居第二的【平安保險】是163%,【中國太平洋保險】是282%,這一狀況比較淒慘。

「中国の基準は世界に比べて甘く、保険監督当局の設定基準は150%以上。しかし、日本では過去に200%以上あった生保でも破綻していることから、非常に危険な状態です」(大手商社中国アナリスト)
【中國的基準綫相比世界很寬鬆,中國保險監督管理委員會(保監會)設定的基準綫是150%以上。但是,在日本,過去償付能力充足率高於200%的公司都會破產,這是非常危險的狀態】(大型商社中國分析家)

そもそも共産主義の中国においては近年まで保険の概念そのものが存在しなかった。死ぬまで国が生活を支えるのが建前であったためだ。だが、金融の自由化から保険会社が乱立し、株式会社として上場。国民は保険に加入するだけでなく、こぞって生保の株式を購入した。
說起來,在共產主義的中國,至今還沒有保險這一概念。因為在中國,到你活到死是國家在養著你,有這種原則或者說觀念的存在。但是,正因為金融自由化,保險公司隨便就能成立,并作為股份公司上市。國民不只是參保,還全部買了生命保險的股票。

「巨額の資金を手にした保険会社は、その資金を不動産や株式に投資する一方、積極的な買収を展開し、総資産を拡大させていった。だが、経済成長が鈍化する中、過剰な投資の多くが含み損を抱え不良資産化しつつある」(同前)
【擁有巨額資金的保險公司,一方面用該資金投資房地產,同時積極開展收購業務,總資產得以擴大。但是,經濟增長停滯時,大部份的過剩投資有了壞賬而成為不良資產】

その結果がソルベンシー・マージン比率の悪化にほかならない。中国の生保は金利自由化による競争激化と保有資産の劣化という二重苦を抱え、財務内容が急速に悪化してしまったのだ。
這一結果只能導致償付能力充足率的惡化。中國的生命保險是由於利率自由化而出現競爭激化和保有資產的惡化這雙重痛苦,財務內容也在急速惡化。

なかでも2位の平安保険は共産党中枢との癒着が問題視されている。温家宝前首相は昨年、27億ドルを超す巨額の蓄財がニューヨーク・タイムズに暴露された。同紙は「07年、温首相の親族名義の会社が平安保険の株式を上場前に不正取得し、上場後は22億ドルにもなった」と報じている。さらに「平安保険の本社ビルのワンフロアには、温夫人の部屋がある」(前出・アナリスト)という。
這其中又以第二位的平安保險和黨中央的粘結被視為一大問題。前總理溫家寶去年被紐約時報爆料有超過27億的巨額存款。該報紙還說【07年,以溫總理的親戚名義開辦的公司在平安上市前通過不正當手段購買平安保險股票,上市後賺取22億美金】。甚至還說【平安保險總部大樓的底層有溫夫人的房間】。

巨大生保の不正のからくりが習近平体制下で炙(あぶ)り出される可能性もある。その時、中国発の金融危機がどう世界に波及するのか。要注目だ。
巨額生命保險的種種不正當黑幕在習近平體制下可能會被清掃出去。到那時,中國發生的金融危機會怎樣波及世界呢?真是值得關注。
[PR]


北投温泉博物館」の前身は、北投温泉公共浴場。
伊豆山温泉を参考に、ヴィクトリア調様式と和の様式を混在させ、1913年に建てられた。
e0094583_13482196.jpg

大浴場は当時の東アジアにおいて最大の規模で、ローマやトルコの浴場を模し、多人数を収容するために、立って湯に浸かるようになっている。
入浴後の納涼・食事・休憩に使われた和室大広間は、開放的で通風抜群。湯上りの身体に心地良さそうな風が入ってくる。
e0094583_1349405.jpg

門前にある和風東屋。
嘗ては浴場前の人力車待合い所として、或いは地獄谷見物客の休憩所として使われていた。
e0094583_13485963.jpg

ここには台湾統治時代の日本の雰囲気が色濃く残っている。


1913年當時的台北州廳為了要提升一般民眾享用高品質的溫泉,運用了公共衛生經費五萬六千餘元,仿照日本靜岡縣伊豆山溫泉的方式,興建了這一座公共溫泉浴場,文獻記載是當時東亞最大的溫泉浴場,可說是北投溫泉發展史上極重要的代表性建築。
e0094583_13512345.jpg
e0094583_13514123.jpg
e0094583_13515779.jpg

由於當時的日本受西風影響甚大,因此這一座溫泉浴場採東洋和西洋混合的建築形式,大門口的圓柱是希臘式的多里克柱式,一樓的大浴場,鑲嵌著天鵝圖案的彩繪玻璃,還有半圓形拱窗,具有濃厚的英國鄉村別墅風格,二樓外觀採雨淋板的木式結構,裡面是大型的榻榻米和室,並可作為宴客廳,建築規模最初即為兩層,入口處設在二樓,有涼亭、換鞋玄關,進入經樓梯下到一樓後有男女更衣室及個別的沐浴大池,重要的賓客則在南側設有獨立的浴室和休息間。
e0094583_13523427.jpg
e0094583_13525177.jpg
e0094583_1353652.jpg
e0094583_13532879.jpg
e0094583_13534929.jpg

浴場內最主要的是以服務男賓為主的大池,顯示當年泡湯的男女比例較為懸殊,圓拱列柱圍起的浴池與兩側牆上的鑲嵌彩色玻璃,提供了極為明亮華麗的沐浴氣氛。
e0094583_1354418.jpg
e0094583_1355120.jpg
e0094583_13552036.jpg
e0094583_13553868.jpg
e0094583_13555975.jpg
e0094583_1356246.jpg
e0094583_13565055.jpg


[PR]
by officemei | 2013-09-24 22:24 | ■台灣
今も台湾に残る日本時代の神社を紹介します。先ず、桃園縣にある桃園神社。今は「桃園縣忠烈祠」といいます。
日本統治時代、台湾には200余りの神社がありました。現在、ほぼ原形を留めているのは数ヶ所だけです。
海外で日本の神社がここまで完璧に近い形で残されているのは稀。
驚きとともに、台湾に「ありがとう」と言いたいです・・・

e0094583_10291572.jpg
e0094583_1029313.jpg
e0094583_10294311.jpg
e0094583_1030043.jpg
e0094583_1030954.jpg
e0094583_10302030.jpg
e0094583_10303086.jpg
e0094583_10304137.jpg
e0094583_10305565.jpg
e0094583_1031367.jpg
e0094583_10311355.jpg
e0094583_10312728.jpg
e0094583_10313792.jpg
e0094583_10314677.jpg
e0094583_10334738.jpg
e0094583_1034494.jpg
e0094583_10341533.jpg
e0094583_10343461.jpg
e0094583_10345416.jpg
e0094583_1035592.jpg
e0094583_10352255.jpg



苗栗縣通霄鎮にある虎頭山。台湾西海岸の中では最も海辺に迫っている山で、台湾海峡に面しています。
日本の台湾統治時代にはここに軍の海峡監視と通信施設が置かれていました。
1904年、日露戦争勃発によりロシアは急遽バルチック艦隊を派遣。虎頭山観測所が艦隊の台湾海峡通過第一報を伝え、これによって帝国海軍は対馬海峡に万全の布陣を敷きロシアバルチック艦隊を殲滅します。

日露戦争終結後、この地に記念碑が置かれましたが、第二次世界大戦終結後は中華民国国府軍によって台湾光復帰念碑に改称されました。

この地に「通霄神社 」が今も残っています。
拝殿は中国風に改築されていますが、ほぼ当時のままに保存されていて過ぎし日の日本時代が偲ばれます。

e0094583_1072578.jpg
e0094583_1074862.jpg
e0094583_108020.jpg
e0094583_108117.jpg
e0094583_1081999.jpg
e0094583_1082821.jpg
e0094583_1083738.jpg
e0094583_1085111.jpg
e0094583_109096.jpg

[PR]
by officemei | 2013-09-24 22:16 | ■台灣
この台北賓館の前身である台湾総督官邸は1901年(明治34年)に完成したものです。
戦後は中華民国迎賓館となって多くのVIPが利用してきましたが、2006年に一般公開するまで内部はベールに包まれていました。特に日本家屋の保存状態には感動さえ覚えます。
e0094583_15134320.jpg
e0094583_1514444.jpg
e0094583_15142057.jpg
e0094583_151430100.jpg
e0094583_15144390.jpg
e0094583_1515611.jpg
e0094583_1515159.jpg
e0094583_15153469.jpg
e0094583_15163029.jpg
e0094583_15163888.jpg
e0094583_15164919.jpg

[PR]
by officemei | 2013-09-24 22:14 | ■台灣
一昨日のニュースを読んでいて、私はすぐに「青田七六」の名前が浮かんできました。
そのニュースはこのようなものでした。
(2013年9月22日 台北・中央社)台北市内に残る歴史的建造物を有効活用しようとする動きが高まっている。台北市政府では使い手がいなくなった日本統治時代の建物などを民間に提供し、修繕と保存を前提に展示スペースやレストランなどに再利用してもらう取り組みを進めており、早ければ来年にも一部施設がオープンすることになりそうだ。
台北市内には旧三井物産倉庫や、鉄道局長宿舎として使われていた日本家屋などの歴史的建築物が数多く残されているが、その多くが現在は利用されておらず、修繕費の捻出も困難なことから荒廃が進んでいる。このため台北市政府文化局では昨年から老房子文化運動を展開、民間の企業や団体にこれらの建物の利用を促し、また修繕費用を負担してもらうことで、賃貸料を割引き、歴史的建造物を新たな用途でよみがえらせようとしている。
聨合報の報道では、すでに10ヵ所の建物で新たな利用者が決定し改修作業が進んでいるといい、和平東路二段にある日本家屋では楽器博物館の開館が予定されているほか、新生北路一段では日本統治時代に宿舎として使用されていた建物をレストランとして活用する見込みだという。どちらも修繕工事が行われており、いずれも来年にはオープンできるだろうとしている。
台北市文化局では300余りの歴史的建造物が文化的資産としてリスト登録されており、今後も引き続き建物の再利用を促していく計画だという。


台湾には今も多くの日本建築が残っています。
例えば総統府も国立台湾博物館もそうですね。大学の校舎や公共機関の建物にも当時のものが使われています。神社まで構造物として存在するところもあります。
最近では、当時の日本家屋がカフェやレストランにリニューアルされ話題を呼んでいます。

「青田七六」と漢字で書くと日本人の名前のように思われますが、これは台北市大安区青田街7巷6號という住居表示を縮めたもので、MRT古亭駅から歩いて15分ほどのところにあります。台北の中心地にしては緑が多く、閑静な住宅街として知られています。
台湾がまだ日本だった頃、この青田街周辺は「昭和町」と呼ばれていました。台北帝国大学(現国立台湾大学)と台北高校(現国立台湾師範大学)に隣接し、内地から招聘された教職員がこの一帯に数多く住みました。「青田七六」に居住したのは微生物学の権威、足立仁教授(奥様は鈴木貫太郎首相の娘)。終戦後、日本人は内地に送還され、台北帝大の教員官舎だった「青田七六」は、中華民国の国立台湾大学教員官舎となります。新たな住人は地質学者の馬廷英教授。彼は東北帝大卒で奥様は日本人でした。彼の他界後も奥様がここで暮らしていたそうですが、その彼女も亡くなってからは無主の家となっていました。その後の2011年6月に、この家屋をリニューアルしてできたのがカフェ・レストラン「青田七六」です。
二間続きの和室に広縁、洋風の応接間と書斎、食堂、台湾檜の廊下、子供部屋や女中部屋など、当時の面影を色濃く残しています。

【青田七六】
住所:台北市大安區青田街7巷6號
電話:(02)2391-6676
営業時間:ランチ11:30-14:00/午後茶14:30-17:00/ディナー17:30-21:00
定休日:無
交通:MRT古亭站から徒歩約15分
e0094583_1538748.jpg


[PR]
by officemei | 2013-09-24 01:20 | ■台灣
波麗路西餐廳(ボレロ);
台北にはまだまだ古い街並みや店が残っていて、タイムスリップしたような不思議な気分になります。レストラン「ボレロ」もそのひとつです。
ボレロは台湾がまだ日本だった頃の1934年(昭和9年)に、当時台湾一の繁華街だった迪化街界隈にオープン、たちまち当時の上流階級の人気店になったそうです。
資産家や文化人がステーキ、ワイン、アイスクリーム等、当時の最先端の洋食を味わっていた光景が目に浮かびます。又ここはお見合いの席としても有名だったようですね。
初めてこの店でステーキを食したのは1974年のことでした。まだ貧乏学生だった私(今もだけど)が初めて台北の洋食を味わった思い出深いレストラン、当時の店の雰囲気は今も脳裏に焼き付いています。

日治時期,在洋行與領事館林立的區位影響下,早受歐美文化影響的大稻埕,在台北市算是最早接受「洋化」之地。1930年代,「純喫茶」的咖啡廳如雨後春筍般的出現,1934年開張的「波麗路」也是其中之一,以精緻西式套餐和一流的音響設備聞名。
1934年,曾在日人開設的西餐廳學習廚藝的廖水來創辦了「波麗路」。因為對藝術與音樂的愛好,廖水來以法國名作曲家拉威爾一首圓舞曲『BOLERO』作為店名(ボレロ),並配置當時第一流的音樂設備、以播放進口古典音樂作為廣告。波麗路也是室內裝修的先驅,在室內還是泥土地的年代,廖水來就從義大利進口磁磚鋪地、引進如同沙發椅、吊扇、冷氣,都是「當時最時髦的玩意兒」。1947年進行室內改裝構成了今日餐廳的主要形貌。
波麗路令人津津樂道的另外一個特色,便是「相親」,以往男女姻緣多由媒人撮合,而當時可供男女雙方介紹認識的隱密地點甚少,波麗路遂成為最佳相親之地。據說早一輩有不少夫妻便是在這裡相識、攜手走向紅毯的。
e0094583_14204779.jpg
e0094583_14205824.jpg
e0094583_14214828.jpg
e0094583_1422513.jpg
e0094583_14222963.jpg
e0094583_1422421.jpg
e0094583_1423276.jpg
e0094583_14233296.jpg
e0094583_14234559.jpg
e0094583_1424854.jpg

Official Siteはここをクリック;
[PR]
by officemei | 2013-09-23 15:13 | ■台灣
台中駅はまだ台湾が日本だった頃に建築された重厚な趣ある駅舎です。
e0094583_22121556.jpg

駅前には当時の建築物が今も散見されます。その駅前の一画に赤レンガ造りの「宮原眼科」があります。昭和2年(1927年)に開院したそうですが、終戦後日本人は内地に送還、建物は国民党政府に接収され台中市衛生院として使われていました。その後この衛生院も閉鎖され、ずっと無主のまま建物だけが取り壊されもせず残っていたそうです。その場所にパイナップルケーキで有名な日出グループが新たに「宮原眼科」をオープンさせました。店の名前は「宮原眼科」ですがアイスクリーム(冰淇淋)の専門店です。さて、この「宮原眼科」の姉妹店として8月に新たなお店がオープンしました。「台中第四信用合作社」(台中第四信用組合という銀行)というネーミングで、かつての銀行の建物をリニューアルしてアイスクリーム等を提供しています。ここのマンゴーアイスは絶品で、列を為すほど賑わっています。値段も相当お高く450NT$!
でもこの値段には店の雰囲気代も含まれていると考えれば安い!
「宮原眼科」も「台中第四信用合作社」も古くからその場所にあった名称をそのまま使った面白さと、店のレイアウトの素晴らしさ、そして味の良さで勝負する日出グループの発想力にただただ脱帽です!
e0094583_18593230.jpg
e0094583_18594966.jpg
e0094583_190467.jpg
e0094583_1901949.jpg
e0094583_1903672.jpg


関連サイトはこちらをクリック;
台湾のマンゴー最高;
[PR]
by officemei | 2013-09-23 15:11 | ■台灣
公園號酸梅湯(臺北市中正區衡陽路2號);
很久以前公園號酸梅湯一杯一塊錢,今天一杯25元,一杯水可以見證幾十年來的物價改變,但是不變的是公園號酸梅湯的口味,一直都沒有絲毫的改變。要喝酸梅湯,還是要到公園號!
e0094583_17201568.jpg

我々世代は新公園(現在の二二八和平公園)と言った方がピンときますが、その新公園の西側道路を隔てた角にある老舗「公園號」について記しておきます。この店の酸梅湯は台湾一の味と私は思います。初めてこの店で酸梅湯を飲んだのは1974年春のことですから、以来40年近く通い続けています。蒋介石率いる国民政府が台湾に遷ってのち、日本統治時代に建設された新公園の向かいに店を構えました。そもそもこの酸梅湯は北京の名物で、中国伝統の清涼飲料・暑気払いの飲み物でした。湯(スープ)とはいえ、この酸梅湯は冷やして飲みます。原料は、烏梅、桂花、氷砂糖、蜜で、甘酸っぱく梅と木犀の匂いが口中に残りさっぱりします。なので、この店のおやじ(老板)は恐らく北京周辺から台湾にわたってきた外省人だったのでしょう。
ずっと以前、公園号酸梅湯は1杯1元でしたが現在25元。1杯の飲物が数十年の物価変動を示しています。でもその味はまったく変わっていません。台北、いや台湾全土で、いやいや中国本土や華人圏内も含めて、酸梅湯の味一番はこの店です!

e0094583_1762130.jpg
e0094583_1765812.jpg
e0094583_1771623.jpg
e0094583_1773816.jpg


関連サイトはここをクリック;
[PR]
by officemei | 2013-09-21 10:17 | ■台灣
重慶雲陽県平安鎮、辺境の一寒村で三代続き細々と漬け物甕を作る李さん。こうやって百年の月日が流れ、生活必需品としての器を黙々と作ってきた職人一家だ。じっとその手をその動きを見ていると心が洗われる・・・
e0094583_1614477.jpg
e0094583_1622355.jpg
e0094583_1623730.jpg
e0094583_1625651.jpg
e0094583_163886.jpg
e0094583_1632675.jpg
e0094583_1634978.jpg
e0094583_164743.jpg

[PR]
by officemei | 2013-09-20 19:49 | ■重慶