<   2013年 12月 ( 46 )   > この月の画像一覧

e0094583_18434996.jpg
e0094583_1844688.jpg




台湾のTVで「坂の上の雲」が;
[PR]
by officemei | 2013-12-28 18:32 | ■日本
寒いですね・・・
郷里のB級グルメ「姫路おでん」は生姜醤油につけ、きざみ葱をまぶして食する。


我々世代の関西人はおでんのことを「関東煮(かんとだき)」と言っていたが、今や「おでん」が一般的になってしまった。
ところが、台湾から新たな「関東煮」がアジアを席巻した。
もともと台湾には日本統治時代から今日に至るまで「おでん」の歴史があり、漢字では「黑輪」と書いて台湾語ではOLENと発音する。夜市や屋台の店に「黑輪」とあるのがそれだ。味は台湾化されて日本のおでんとは異なるので、「関東煮」は比較的新しい言葉だと思う。
では、何故おでんではなくて関東煮なのか?
かつて台湾が日本だった頃、台湾航路は関西と繋がっており、関西人が多く行き来したことが背景かもしれない。「かんとだき」という言葉がおでんを超えたのにはそんな歴史があるように思える。
さて、
いつのころからか台湾のコンビニ「セブンイレブン」や「ファミリーマート」で関東煮が売られ始め、今やコンビニの定番商品になってしまった。
そのブームは香港や上海にも、そして中国各地や東南アジアに浸透し「関東煮」の呼称は「おでん」よりもグローバルになっている。
e0094583_11444112.jpg

セブンイレブンの「関東煮」CMは日本ロケと日本語でアピールしている。
台灣7-ELEVEN;


關東煮,日語本名御田(おでん‎ oden),是一種源自日本關東地區的料理。「關東煮」(kanto ni)、「關東炊」(関東炊き‎ kanto daki)是關西人給這種料理的名稱。通常材料包括煮雞蛋、蘿蔔、蒟蒻、竹輪(chikuwa,也叫竹魚板、獅子狗魚蛋)等,這些材料都放在昆布或者鰹魚湯裏煮。可以用來佐飯,也可以當作小吃吃。
有說關東煮源自「味噌田樂」(misodengaku),那就是用水煮熟豆腐或者蒟蒻,再用味噌(麪豉)調味後進食。後來,日本人用鰹魚湯取代味噌,關東煮就得以發揚光大了。
關東各地製作關東煮的方法會有所不同。不過跟一般的鍋料理不同,關東煮製作簡便,材料可以隨時放進湯裏煮。因此冬天的時候,這種料理尤其受歡迎。在日本,關東煮可以在便利商店或者路邊攤買來吃。
在日本以外,關東煮在臺灣也十分流行。實際上,台灣的關東煮大部分已不是日本的原始口味,且在放置的材料上,也有相當的差異性。在臺灣,關東煮又稱為黑輪,讀作オレン‎(oren),這是臺灣話沒有日文d濁音,而讀音訛變。

關東煮大哉問!(本文轉自聯合報)
黑輪、甜不辣、關東煮是指同樣的東西嗎,看似差不多,但其實並不相同喔。
黑輪「おでん」(oden)就是指「關東煮」,多見於關東地區。
關東煮(kandodaki)就是指「おでん」,多用於大阪等關西地區。材料有蛋、蘿蔔、蒟蒻、竹輪等。甜不辣「天婦羅」(tenbura)指炸物,有魚漿做成的原味天婦羅,也有混合其他食材,如:牛蒡天婦羅、蔬菜天婦羅等。
關東煮魅力之一,就像台灣滷味能挑自己喜歡的種類,價格不能太貴,單項價格在10~30元間。
為什麼台灣的日式關東煮比較貴,有的要到20~80元?
答:一般台灣賣的關東煮都是原裝進口貨為多,很少自己做,因此價格昂貴。另外,台式甜不辣多是麵粉製成,成本低、熱量高;日本則多以魚漿製成,成本高。(實踐大學食品營養系講師/徐近平)

白蘿蔔要煮得軟而入味,但不崩裂;油炸類要以熱水去油,每種料要各自調理過,再放於一格格內,味道不但不渾濁,反而一咬下去,還吸得到昆布與柴魚湯頭的清甜。

關東煮沾醬就是黃芥末,不是哇沙米、也不是醬油膏,頂多再加味曾提味,盛好料之後,師傅會將黃芥末泥抹在碗旁,像懸空似的停在那裡。

和滷味一樣,關東煮的湯底很重要,以柴魚、昆布、砂糖、味醂、醬油為主要元素,看似清淡,但入不入味,一吃就知道,因此如白蘿蔔、豆皮這類會飽含湯汁的食材,是很多吃關東煮的人必點的基本款,白蘿蔔釋放出甜味到湯裡、又吸收湯汁的精華,吃的同時就品嘗到湯頭。

傳統吃法並不喝湯,不像台式關東煮,附湯碗與供應高湯服務。

關東煮食材組合性很多,不下數十種,肉類、蔬菜、蒟蒻、白煮蛋、章魚腳都很常見,會因地域、四季輪換食材,如冬季的蘿蔔最美味、部分地區有鯨魚肉做成的關東煮;台灣也會更換種類,但多與季節性無關。

台式關東煮;
台式關東煮特徵在於食材大塊、醬料重味,在日本人看來,這叫「田樂」,而非關東煮。
有此一說,豆腐從中國傳到日本,日本對豆腐烹調也很多元,室町時代,大阪人將豆腐串成豆腐串,挿在火堆旁烤,再沾上味噌醬食用,漸漸多了蒟蒻、馬鈴薯等食材變化,放到碗裡,淋上味增醬,這種料理稱之為「田樂」,也就是「おでん」的前身。
江戶時代「おでん」傳到關東,不用烤而放是改成在鍋裡煮,為了與原有的田樂區別,關西就將這種作法稱為「關東煮」;到了日據時代,吃法傳到台灣,慢慢演變成「關東煮」與「田樂」綜合體,也就成了台式關東煮。
[PR]
by officemei | 2013-12-28 15:28 | ■台灣
台湾にも雪が降るんですよ!
一般家庭では、エアコン以外に暖房設備が無いので、とにかく台湾の冬は寒いです。
e0094583_2313458.jpg



合歓山の景色;
[PR]
by officemei | 2013-12-27 23:16 | ■台灣
e0094583_215276.jpg
e0094583_215563.jpg


イブの日、マクドの台北駅前店(館前店)ではメイド服で営業!
これは台湾マクドナルドで1年に1度行なわれるコンペのリハーサルだったそうです。
コンペは12月27日~31日の期間中、台湾各店で行なわれ、社内審査の結果、受賞店と店員に賞品が贈呈されるとのこと。
27日~31日の間、台湾のマクドナルドでは毎日どこかの店で店員がコスプレをしているので、興味のある人はいってらっしゃい!
台北車站附近的麥當勞,店員竟然穿上女僕裝。
這是麥當勞一年一度的內部員工競賽,每間店都要在12月27~31日依照每間店的安排陸續扮裝,然後經過內部長官評比,獲勝的店家,該店的員工就可以獲得一些小禮物。






[PR]
by officemei | 2013-12-27 21:07 | ■台灣

[PR]
by officemei | 2013-12-27 09:09 | ■台灣
昔、上海から持ち帰った古いトランク。
その片隅に挟まっていた懐かしい写真が出てきました。
1982年・上海大厦(Shanghai Broadway Mansions Hotel)のレストランで撮った一枚です。
日中国交回復10周年(ということは日台国交断交10年目)の記念映画「未完の対局」。
この映画のロケで上海に訪れていた三田佳子です。
私も若かったですね・・・
e0094583_961967.jpg

[PR]
by officemei | 2013-12-26 09:19 | ■上海
自從1843年當時南京條約之後,上海割讓給了英國跟法國,那麼上海就是全中國大陸,­大概在耶誕節氣氛,始終最濃厚的城市,我們特別到了上海,希望來看一下上海現在的耶誕­氣氛。

2013/12/21中天電視(台湾);

[PR]
by officemei | 2013-12-26 07:55 | ■上海

[PR]
by officemei | 2013-12-24 22:08 | ■日本
e0094583_22272851.jpg
「我們流著不同的血液:以血型、基因的科學證據揭開台灣各族群身世之謎」という本があります。「我々には違った血液が流れている:血液型・遺伝子の科学的根拠に基づき台湾各族群のルーツを解明する」とでも訳しましょうか、血液型・DNAの分析結果で、台湾人が大陸に分布する中国人とはまったく異質であることを指摘しています。
著者の林媽利は母親が日本人だそうですが、台湾では著名な医学者で、「台湾血液の母」とも呼ばれているそうです。台湾人の血液型分布を研究し、Miltenberger抗原という特殊な血液型が台湾に多いことを発見、原住民のアミ族に95%、ヤミ族に34%、プユマ族に21%という頻出度は世界的にも稀だそうです。一方、ブヌン族は0%、外省人の長江以北出身者も0%というように台湾人を構成する族群の多様性に着目しています。



內容簡介;
以血型、基因的科學證據,揭開台灣各族群身世之謎。

DNA不會說謊,它清楚明白地告訴我們:
1.近85%的「台灣人」帶有原住民的血緣。
2.「唐山公」其實是中國東南沿海的越族。
3.平埔族沒有消失,只是溶入「台灣人」之中。
4.高山原住民非同源,阿美族為夏威夷人的母系祖先。

林媽利教授,前馬偕醫院輸血醫學研究室主任,國際知名的血型專家、分子人類學家,生涯發表的英文期刊論文超過160篇,學術研討會摘要超過200篇。早期因研究台灣人的特殊血型,及建立台灣捐、輸血制度等重要成就,被尊稱為「台灣血液之母」。

近20年來,她轉而投入台灣族群的研究,但因研究成果大大地顛覆了諸多「公認事實」,意外遭到中國官方及部分學者的圍剿。即使面臨噤聲的壓力,她仍選擇在退休之際出版本書,避開繁複的圖表與數據,以簡潔精要的文字,親自向國人說明血型、DNA研究如何揭開台灣各族群的身世之謎,又得出哪些震撼性的結論:

◎近85%的「台灣人」(閩南人及客家人)帶有台灣原住民的血緣:這一結論確認了先前其他學者從史料文獻、地名、諺語、風俗習慣等的推論,即大部分「台灣人」都是「漢化番」的後代。
◎「唐山公」是中國東南沿海的原住民─越族:也就是說,四百年來陸續渡海來台的「台灣人」祖先,根本就不是族譜所誤載的正統中原漢人,而是一群群被漢化的越族後代。這點,從SARS的擴散路徑也得到了間接確認。
◎平埔族沒有消失,只是溶入「台灣人」之中:平埔族雖大多已漢化,但從血緣看,平埔族並未消失。而且,平埔族不僅與高山族共有相近的血緣,他們還帶有獨特的亞洲大陸血緣,時間可推至數千年前,比原先認知的來自400年前的「唐山公」更為久遠。
◎異質多元的高山原住民:台灣高山族的語言雖同屬南島語言,但他們卻具有不同的體質,應該是在不同時間,從東南亞島嶼及東南亞等不同遷移途徑落腳台灣,然後互相隔離千年。林教授也在國際上首次證實,阿美族與波里尼西亞人之間有母系血緣的直接關聯,因此讓《經濟學人》報導說夏威夷人是「made in Taiwan」。

當然,國家認同不是建立在血緣的基礎上,但也絕非建立在虛構的政治神話上,林媽利教授擔當起科學家的社會責任,以嚴謹的科學態度,在本書中勇敢地戳破廣為接受的主流謬論,並清楚詳述畢生研究之總得,期能做為國人自我認同與尋根溯源的根本素材。


[PR]
by officemei | 2013-12-21 14:44 | ■台灣
e0094583_135876.jpg
醜陋的中国人
柏揚的<醜陋的中國人>一書,直言不諱的內容,句句擊中中國人的禁忌要害,給經常以過去數千年來光輝燦爛歷史而自傲的中嘯人,帶來巨大的震撼,不但在華人社會引起風起雲湧的爭論。譯成日語後,也引起日人普遍的愛讀與莫大的關注,比如「中國人的仁義道德都在書上」等肺腑之言,成為日本文化界時常樂道的「柏楊語錄」。
柏楊說,靈性是一種善良、和平、寬恕等所激發的反應,但是我們的社會不講是非,只講利害,不僅文化人如此,政客更在帶頭縱火,中國人目前正被「向錢看」、「向權看」窒息得眼睛看不清、耳朵聽不見,腦筋只能傳達錢和權的信息,其他任何靈性的訊息都被阻礙。
柏楊認為,中國人是一個在各種壓力下受傷很深民族,沒有培養出讚美和欣賞別人的能力,卻發展出門臭別人或阿諛別人兩極化的語言。要中國人培養出健康的語言,要從心靈的健康著手,「這恐怕要經過一段長時間的教育。」類似這種痛陳中國人缺失的評論,在書中時時可見。
雖然對中國人有許多嚴厲的批評及指責,但基本上柏楊認為中國ΑH還有救,並不是病入膏肩。為了盡一己之力,柏楊和他的朋友正積極推廣中國傳統文化中從沒有過的人權思想,希望人權能夠成為中國人的終極關懷和終極理想,使中國人脫胎換骨,跟其他文明國家一樣,成為一個有尊嚴,而又尊重別人尊嚴的民族。

柏楊;
e0094583_1424456.jpg


日本語訳本「醜い中国人」カッパ・ブックス
内容説明
誇り高い中国人が中国人自身の欠陥をこうも直截に語ったことがあっただろうか。“現代の魯迅”ともいわれる著者は、鋭い批評精神と深い歴史認識そして広い国際的視野において、中国文化の本質を「漬物甕文化」だと定義し、その淀んだ灰汁が中国人をダメにしていると強調する。北京で発売禁止の衝撃の書。

目次
1章・中国人の欠点(派閥闘争と内ゲバ)、自分の過ちを認める習慣がない、中国知識人の硬直化現象
2章 漬物甕文化 「醜い中国人」の原点、心の狭量さ
3章 中国人と日本人の相違点 阿片戦争と黒船
4章 中国史の読み方(儒教精神の弊害;「人肉食」なぜ野蛮な行為が何百回も出現したか;中国の進歩を妨げた人物)
5章 中国人の精神構造(1)老人惚けの大展覧会
6章 中国人の精神構造(2)なぜ近代化できないか
7章 中国人の自己批判 明治維新のここを学べ

追記;
韓国中央日報日本語版(コラム2012年10月01日)抜粋;
「この国の人たちはすぐに浮かれる。器が小さくて、すぐに満たされるからだ。見識が浅く、度量が狭く、小さなことでもやり遂げれば直ちに天下が自分のものになったように偉そうに振る舞う。西洋人は戦った後に握手をするが、彼らは3代にわたり復讐しようと歯ぎしりする」。
熱しやすく冷めやすい韓国人のことではない。魯迅の「阿Q正伝」以来、最も痛烈な中国批評書といわれる柏楊の「醜い中国人」に出てくる言葉だ。歴史が悠久で国土が広大な国に住む中国人だが、実際は広い心や包容力とはかけ離れているという自己批判だ。
隣国と島をめぐって争う中国がすぐに経済制裁カードを取り出すのをみると、柏楊の観察は間違っていないようだ。今年に入って中国はフィリピン産バナナ、日本産工業品の通関を遅延させた。2010年には日本にレアアース(希土類)の輸出を禁止した。中国国内での反日デモ当時、日本企業の製品・販売店や現地工場、さらに一般の日本人が攻撃を受けたというのには驚く。共産党機関紙の人民日報が伝えた、「中国は1000人の敵を殺すために味方800人を犠牲にするという覚悟で立ち向かう」というぞっとするような表現は、柏楊がいう復讐心を見ているようだ。

今回大きな被害を受けた日本が今後どう出るかは、2年前のレアアースカードで白旗を揚げた後に何をしたかを振り返れば簡単に分かる。レアアースを繰り返し扱う日本メディアからは根性と毒気が感じられる。日本は備蓄量を増やし、リサイクルしながら、レアアースが必要のない電子部品を開発した。希土類の鉱脈を求めて、モンゴル・ベトナム・米国、さらには太平洋の水中まで探した。

島をめぐる紛争が始まった5月以降、日中両国の株式市場は下り坂をたどっている。相互投資も急減した。今年に入って8月まで、財政危機を迎えている欧州の対中投資が減ったのを埋めたのは、2けた増加してきた日本企業の投資だった。中国景気が悪化している時期にこうした日本の投資を期待できなければ、「チャイナリスク(中国発の危険)」に備える必要性はさらに高まる。

「海洋国家」の日本が手を握る国は「海洋国家連合」である東南アジア諸国連合(ASEAN)や議会民主主義国のインドという「代案論」が、日本で活発に提起されている。人口や資源が多く、市場潜在力が大きく、中国や韓国と争う歴史・領土問題がないという点が魅力的なポイントだ。16世紀にすでに中国中心の秩序から事実上抜け出した島国の日本らしい発想だ。

韓国は貿易で日本より対中依存度が高い。それ自体でもチャイナリスクが大きい。離於島(イオド)に欲を見せる中国が、韓国に経済報復を加える日がくる可能性もある。政経分離の知恵が重要な時期だが、現実は政経一体だ。(中央SAUNDAY第290号) .
[PR]