そうだ、京都へ行こう!
思いついてすぐ出かけられる距離にいないことが残念至極。
祇園祭が始まると関西は夏真っ盛り。
京都は思い出のまち・・・
祇園界隈;
先斗町界隈;



[PR]
# by officemei | 2014-07-14 23:50 | ■日本
告別九份時已屆黃昏,夕陽為天際抹上柔美的色彩,一切顯得安詳而平靜,景色也變得更加詩情畫意。同時擁有高山屏障與遼闊海景的九份,除了有首屈一指的山海風光,春夏秋冬晴雨晨昏日夜景致各具特色。遠處海港與山巒籠罩在淡淡的霧靄中,若隱若現的浩渺與深邃,總有那麼一片風景,一種記憶,烙印心底。
e0094583_1713161.jpg
e0094583_1715267.jpg
e0094583_174941.jpg
e0094583_1753446.jpg
e0094583_1755042.jpg
e0094583_176449.jpg

[PR]
# by officemei | 2014-07-07 17:06 | ■台灣
サッカーW杯日本―コートジボワール戦が行われたブラジル・レシフェで、日本サポーターが、敗戦後のスタンドでゴミ拾いする姿が報道され、マナーの高さが称賛されている。
日本にとって手痛い敗北を喫した直後のスタンドで、現地入りしたサポーターの行動が話題になっている。試合後、日本人サポーターはサムライブルーのポリ袋を持って、客席周辺のゴミを拾うなどして清掃。その姿が各国で称賛されている。
共同電によると、試合から一夜明けた15日の地元紙は「敗北したが、日本の応援団のカリスマ性はブラジル人の心をつかんだ」と好意的に報道。ゴミを拾う日本人サポーターの写真がインターネットで出回っており、中部ミナスジェライス州の新聞は「日本人のマナーを称える声がブラジルで広がっている」と伝えた。
ポルトガル語が分からないにもかかわらず、写真撮影をするために近づいてくるブラジル人に次々と応じていた侍のコスプレ姿の男性サポーターも紹介。地元男性の「日本人はとても感じがよい」とのコメントも添えられた。
称賛の声は海を越え、英国の大手紙「メトロ」は「フットボールファンは大試合に負けると、ゴミを投げてスタジアムを汚すと思われている。だが日本人は掃除して自分たちを慰めている」と分析。「近年の試合ではまれな光景だが、日本ではホーム、アウェーに関係なく日常的に行われている」とも報じた。
日の丸サポーターによる、試合後のスタンド清掃は、98年のW杯フランス大会から海外で驚きをもって報道されている。
東京五輪招致活動では、フリーアナウンサーの滝川クリステル(36)の「お・も・て・な・し」が世界の注目を浴びた。客をもてなす“もてなしの精神”だけでなく、訪問先で尽くす礼儀も日本人が大切にする文化。2年後にリオデジャネイロ五輪を控える同国で、その次の開催地となる日本のマナーを世界に示した格好だ。

在日本与科特迪瓦共和国进行足球世界杯对战的巴西累西绯,日本支持者在日本队输掉比赛后,起身将自己所在观众席中的垃圾拾起来,媒体报道了这一景象,并称赞日本人讲文明有礼貌。
在遭遇到对于日本人而言重大的失败之后,来到巴西本地观战的日本支持者的行为成为人们谈论的话题。比赛之后,日本支持者手持印着日本武士蓝的塑料袋,拾取观众席周围的垃圾,进行清扫。为各国所称赞。
共同电报道,比赛之后第二天15号,当地报纸友好地报道:“虽说是输了比赛,但是日本支持团非常人所有的素质,震撼了巴西人的心。”拾取垃圾的日本支持者的图片在互联网上广泛传播,巴西中部的米纳斯吉拉斯州的报纸也报道“称赞日本人高素质的声音在巴西不断传播”。
虽然不会葡萄牙语,但是也介绍了一次又一次地配合为了拍摄照片而靠近的巴西人,作出日本武士角色扮演姿态的日本男子支持者。也添加了当地男性“日本人自我感觉良好”的评论。
称赞的声音越过大洋,英国知名报纸《都市报》分析道:“球迷在比赛输掉之后,一般是要乱扔垃圾,弄脏看台的,但是日本人清扫看台来安慰自己”。同时也报道:”是近年来很少见的景象,但是在日本,不论是在家里还是在外面,这都是很平常的事。”
日之丸支持者比赛后进行清扫的行为,早在从98年法国世界杯的时候起,就在海外满含惊叹地被不断报道。
在申办东京奥运会的活动上,自由发言人滝川克里斯特鲁(36岁)说的“款待”,受到世界的关注。不仅仅是款待客人的“款待精神”,在所访问之地尽礼仪,也是日本人看重的文化。在2年后举办里约热内卢奥运会的巴西,向全世界表现了2020年举办奥运会的日本这个国家的文明。
[PR]
ついに始まりましたね、FIFA World Cup 2014。
こんなCMもいいですね。 
e0094583_20223611.jpg


[PR]
我是日本人,我在台灣讀書 專題報導;


[PR]
# by officemei | 2014-06-13 19:33 | ■台灣