タグ:漫遊記 ( 1149 ) タグの人気記事

福建省都・福州市は、市街地約250万、近郊を併せると約600万の人口を有する。
古くより榕樹が多く、「榕城」とも呼ばれる緑濃いまちだ。
e0094583_2343698.jpg
このまちは規模として適当なサイズにまとまっていて、南方特有の匂い(言葉で形容し難い)があり、私の好きなまちのひとつでもある。

e0094583_2383136.jpg

今回で九度目の訪問、仕事に追われて観光らしきものは一度もしていないが、福州を筆頭に、福清、アモイ等のまちにも、又神戸や姫路にも福建人の知人が多くいる。




e0094583_23182488.jpg


この地は華僑のふるさとと言われるほどに、古くから海外へ生活の場を求める人が多いが、私の故郷兵庫県も特に神戸を中心として福建出身華僑が多く、福建閥が存在する。
マレーシア・インドネシア・シンガポールの華人社会でも福建閥は大きな力を有しており、私にもシンガポールとペナンに福建を本貫(本籍)とする友人が何人もいる。

e0094583_093363.jpg

そもそも元朝の頃の泉州(福建)は国際港で、イスラム世界の人たちも常住していた。
その盛況ぶりはマルコポーロの「東方見聞録」にも記載されている。
明朝の頃の鄭和も福建人で、大船団を率いて遥かアフリカやアラブの世界まで渡航しているが、その船団基地は福州にあった。「中国の大航海者 鄭和」(清水新書)を一読されたい。

福建人は海外移住者が一族縁者に必ずいるのが普通という環境なので、中国の他の地域の人たちと比べると、明らかに違った海外感を持ち、できれば海外で一旗挙げたい、といった山っ気も持っている。
そのことがいい目に出るか悪い目に出るかは、例えば・・・
成功者は莫大な資金を故郷に投じ、学校や病院などの建設資金を寄付し、地元に貢献する。
失敗者は闇の世界に身を落とし、違法行為を続けて当該国官憲に逮捕され犯罪者となる。
その中間の人たちは、ある者は堅実にその国に根を張って生きているし、ある者は闇の世界で生き続けている。
日本における「蛇頭」「密入国」「不法滞在者」「偽装結婚」「風俗営業摘発者」といった関連名称の中には相当数の福建人がいるのが現実だ。
その故か、福建人をとやかく言う日本人はかなり多いが、悪い奴はどこにもいるし、とりわけ福建がダーティなイメージを冠せられるのは間違っている。
むしろ、進取の気風に富んだ気質、と賞賛すべきかもしれない。
物事は純粋に一方だけを見ることはできない、清濁併せてその上で判断すべきだ。
福建はいい匂いのするまちだ。私はそれを良しとしたい。
[PR]
by officemei | 2005-10-21 20:02 | ■福建
内モンゴル自治区フフホトでの晩餐メインディッシュ。
羊の頭部姿焼き。
e0094583_2044682.jpg

モンゴルの饗宴は酒と唄がメインだ。
スピーチと乾杯と唄が繰り返し続く。
アルコール度数の強い酒をぐっと干して、民謡(民歌)を声量豊かに歌い上げる。
日本の馬子歌にも似た旋律で、目を閉じるとモンゴルの草原を想起させる。
勧められる(敬酒)と、先ず指を酒に浸け、その指を天と地に向けて弾き、献酒したのち自分の頭に向けて弾く。
酒は飲み干さなければならない。
これが繰り返し続き、そのつど唄う。
嘗て、遊牧民族は街や村を形成しなかった。
草原を移動しながら人生を過ごす。
そのための住居がパオ(包)だ。移動のたびにたたみ又組み立てる。
数家族単位のグループで草原を放牧するので、外来者との接触が少なく、たまに訪れる者があれば歓待する。
いろんな話や情報が聞けるからだ。
従って出会いを大切にし、大いにもてなす(好客)。
現代のモンゴル人にもその気風が脈々と受け継がれている。
よく飲み、よく歌う。男も女も。
e0094583_1284013.jpg

e0094583_16431249.jpg


[PR]
by officemei | 2005-10-13 20:45 | ■内蒙古
雨。
このまちの匂いを嗅げずじまいで明日上海に帰ることになりそうだ。

感じたことは韓国人の多いこと。
山東半島の東端に位置するまちなので、青島もそうだったがここも特に多いように感じる。
当然ながら日本よりもはるかに近く、歴史的にも古くからの往来があったからでもあろう。現に朝鮮族の人たちもこの半島には古くから居住している。
ここに限らず天津も大連も韓国企業の進出が多い。
有名なサムソン(三星グループ)の大工場も天津に拠点を設けているし、瀋陽や吉林の朝鮮族自治区にも韓国は入り込んでいる。
この煙台でも随分と幅を利かせているようだ。
まずハングル文字の看板がやたら目に付く。
ホテルのビュッフェは韓国料理のバイキング。
旅行者向けのタウン情報紙は日本語も英語も無く韓国語版。
背広姿のビジネスマンが数人ずつかたまって大声で韓国語を喋り、テレビの番組はいくつものチャンネルで韓国ドラマを流している。
私が泊まっているホテルにはテレビの有料成人番組があって、それも韓国版(見てません)。
ソウルやプサンに行ったときに感じたことだが、韓国のホテルの部屋には靴下、パンツ、コンドーム、それに異性を刺激するコロンとかの有料グッズが置いてあった。
この煙台のホテルにも同じグッズが置かれている。
韓国人の男性はこんなものを多用するのだろうか。
需要があるから置いてあるのだろうが、ラブホテルじゃないっちゅうの。
e0094583_19481755.gif

[PR]
by officemei | 2005-10-09 22:17 | ■山東
空港に着くと久しぶりの顔が出迎えてくれた。

姫路の老舗レストラン「新北京」の王世鐘さんだ。

後継者に後を譲って神戸の自宅に家族を残し、母方の里、ここ煙台で悠々自適の生活を送っていらっしゃる(当地で日本語を講義されている由)。
この人は生まれも育ちも学校も関西なので、華僑というよりも知性的関西人と言ったほうがぴったりくる。


e0094583_7121139.jpg
夕刻までのひととき、合歓の木の街路樹、坂道、市場、旧市街「所城」の胡同等を二人で散策し、その後一人住まいのお宅にもおじゃまし、近くのレストランで食事をともにした。
話は尽きなかったが王さんは明日神戸に一時帰国(?)されるし、私は朝から面談があるので9時前に散会。

山東省内では済南、湽博、青島を訪れたことはあるが、このまちは初めてだ。
王さんの話によると、煙台という地名はそもそも明の時代に倭寇の来襲を狼煙で報せる砦に由来するらしい。
「芝罘」という地名が中国近代史の中にかなりの頻度で出てきたと記憶しているが、東隣のまちが「威海」即ち清朝末期の海軍基地「威海衛」だし、日清戦争後の条約などでこの芝罘という地名が年表のどこかに出ていた筈だが、残念ながら手元に調べるすべが無い。
煙台市の中に「芝罘区」とあるから、ここは嘗ての「芝罘」なのだが。

山東省は嘗ては貧しい地域だった。
「討荒」といって、この地から旧満州へ流れていった人は相当多い。
宋の時代、水滸伝の舞台梁山泊の兄さんたちも多くは地元山東の食詰め者で、清朝末期の義和団の乱も山東人によって起こされた。
古代においては山東には斉の国があり、国都臨湽は当時一番の盛況を誇る大都市であったし、孔子の故郷である魯の国も現在の山東省内にあるので、燦然と輝く中原文化の版図に属するが、東端に位置するこの辺りは同じ山東でもその圏外、未開の地であった。
そもそも「中原」とは現在の黄河中流域周辺を指すから、沿海地域などは文化及ばぬ野蛮な地という概念が古代から中世まで存在していた。
近代になると、ドイツが青島に租借地を構え洋風の街並みが現出する。「青島ビール」の味はドイツの技法を今日まで伝えており、ここ煙台は19世紀末からの歴史を誇る「張裕」ブランドのワインとブランデーで全国、否、全世界に名を馳せている。
清朝末期、列国は相次いで沿海地域にその橋頭堡ともいうべき租借地を築き、ここに初めて洋風文化が根付いた。
以来上海を筆頭に、天津、大連、青島、そしてここ煙台等の地は、異文化体験を有するまちとして位置づけられ、それらのまちも人民共和国建国から文革の終焉までは逼塞を余儀なくされていたが、開放路線の始まりとともに蘇生し、既に約25年近く中国の経済発展の牽引役となっている。

大学時代の恩師である故井上隆一教授は、戦時中に山東の「坊子」という田舎町の駅長をされていた。
酒を酌み交わしながらその当時のことをよくお聞きしたことが今も脳裏に刻まれていて、山東に来ると恩師の面影をふと追ってしまう。
この恩師によって私の今日があり、弟子の私は今もこうして中国の地を飛び回っている。
(お元気な頃の井上隆一教授と奥様)
e0094583_17544818.jpg



さて現代の煙台はどんなまちなのか。
初の訪問で時間もさほど取れないので、まだ嗅覚に匂いを感じないが。
[PR]
by officemei | 2005-10-09 22:12 | ■山東
贋ブランドオンパレードの商店街
天津から塘沽の開発区に入る手前に「洋貨商店街」がある。
二、三百メートルの歩行者天国(ちょっと古臭いかな)になっていて、鞄、時計、ライター、小物等の専門店が軒を並べている。
塘沽開発区で人と会う約束が一時間ほど早く着いてしまったので、時間つぶしに寄ってみた。
未開発の荒れた土地にここだけ人の群れがあった。
車の進入を禁止しているので、手前の道路の路肩を簡易駐車スペースにし、近在のおっさんが入出庫の管理をしていた。
駐車一回につき3元。
そこにみすぼらしいおばはんが「CD、中身は洋物だよ、安いよ」と、安っぽい、いかにもいかがわしいCDを売りつけてくる。
まとわりつくといった方が適切か。
遼寧省外のナンバープレートをつけた大型バスが何台も駐車している。
団体客のショッピングコースにもなっているのだろう。
先ずはぶらっと一回り。で、いくつかの店に入ってみた。

鞄・小物類、時計・・・。大体この種の商店街と言うかバザール、泥棒市場は上海にも有名な所があるが、警察の巡回も厳しくなっていて、ここのような大胆な陳列は控えつつある。
ここじゃ公開・露出・もろ見えで、おまけに警察が人ごみを整理する状況で、並んでいるすべての商品が贋ブランド。
A貨・B貨・C貨という精巧度により値段が違う。
粗悪なC貨を主として販売するのは露天商で、これはびっくりするほど安い。
ただ明らかに本物とは違うと素人でも判別できる。
ちゃんと店構えをしたところではB貨を陳列している。
これも良く良く見ると多少色が違ったり、何か判別できる痕跡がある。こんな店で「A貨を見せろ」と言えば、奥から出してくる。
ある時計専門店での女主人との会話。
「お兄さん(大哥)、これは上物だよ。お兄さんなら判って貰えるよね」
「う~ん。いくらだ?」
「1200元」
「冗談がきついねえ。大きくふっかけたもんだ」
「よくみてごらんよ。これだけの物はちょっと他じゃ売ってないよ」
「俺は上海で何度もA貨を買ってるんだ。こりゃそう大した物じゃないさ」
「お兄さん、上海の人かね。なら、これならどう?他の店を覗いてごらんよ。これと同じ物はどこも置いてないよ。疑ってるんならほんとに他を見てきてよ。嘘は言わないよ」
「いくらだ?」
「1500元。お兄さん、(突然大声から小声に変わり)お兄さんなら思い切って1300元にしとくよ」
「よく言うよ。こんなの上海じゃどこの店でも200元ってとこだ」
「馬鹿なこと言わないでよ。そんな物と一緒にしてもらっちゃ。特上のA貨だよ、これは」
「わかった。じゃ他をあたってみるさ」
「お兄さん、1000元。もう一元もまけられない」
黙って店を出ようとすると。
「お兄さん、いくらにしたら買ってくれるんだい」
で、800元・600元・500元となり、
「これのペアウオッチで女物もあるかい?」
「あるさ。値段は男物も女物も同じだよ」
「ならペアで500元でどうだ?」
「お兄さん、無茶な話だよ。これだから上海人はやってられない」
「いや、ダメなら別にここで買わなくたって、帰って同じ物を探すさ」
「じゃあ、わかった。それで手打ちにしよう」
「う~ん。やっぱ女物は止しとくよ。200元なら考えよう」
「あ~?もういいよ!お兄さんも冗談きついねえ」
「ほら、どこでも宣伝してるじゃないか、二つお買い上げの方には更に一つおまけします(買二送一)って。やっぱペアで買うからもひとつおまけしてくれるってどうだい?」
「怒るよ、お兄さん!」
私の購買意志が無いことを察して、積極的アプローチはこれにて修了。
お疲れ様でした。
大体言い値の70%引きまでは値切り交渉するが、すごい人は90%引きまで厚かましくも値切る。
但しこんな店での話。
普通の店ではムリ。一体仕入れ値はいくらなんだか・・・
[PR]
by officemei | 2005-10-09 22:08 | ■天津
このまちは中国北方地域のなかで唯一私の肌に合うまちだ。

いつ来ても何かほっとするようなまちの匂いを感じる。
緩やかな坂、港、市電、レトロな洋館、日本時代の建築物といった「アカシアの大連」(清岡卓行著)の世界と、都市開発によるモダニズムが新旧交々の雰囲気を醸し出している。
北京のような大味なだだっぴろさ、瀋陽のような暗さ、天津のような汚れを感じない、こじんまりと小奇麗にまとまったまちだ。
多分に神戸と対比して見てしまう。
どうも私の感性は水っぽさ(ネオン街とは違うよ)を求めているような気もする。
海や河と緑の山・丘、それに街路樹・濡れた葉や草、多少湿っぽい空気、そんな背景に人の生活と息吹を感じる都市の様相が旨く配合されていればじっくり腰を据えてその中に自分を置いてみたくなる。
だから北は総じて辛い。南が肌に合う。
大学時代の一期後輩(実は同い年)で、今は日立に勤務する阿部という男がいるが、彼も頻繁に中国出張があって、私はふと思い立つと彼の携帯に電話をかけるのが習性になってしまった。
不思議なことに十中八九つながる。
同じまちにいて再会したのは上海での一度きりだが、お互い同じ大陸のどこかにいるんだという安心感があって、学生時代一途に中国語を学んでいた頃の気分に些かでも浸ることができリフレッシュできる。
で、彼は大連出張が多く、逆に私が大連にいるときは何故か他のまちにいる。
(敬遠されてるのかな?)

故山口一郎神戸大学名誉教授とは、ずっと以前、北京で職場も住居もご一緒させていただいた。
先生は文部省出向の単身赴任、私は未だ学生気分の抜けない好奇心旺盛な20代なかばの青二才で、大学教授から見れば、やんちゃな学生と思われていたに違いない。
更には、先生も私も同じ兵庫県民であったことも、可愛がっていただいた背景の一つかもしれない。

北京では、建国門外斉家園外交人員公寓に私たちは住んでいた。
当時としては市内一の高層(15階建て)マンションで、唐山地震の折には激しい揺れと今にも崩壊しそうな音により圧死を覚悟したくらいだ。
今年も二度北京を訪れたが、我が「斉家園」は健在だった。
但し周囲は一変し、高層ビル群の中で精彩はなかったが。

先生とは外食仲間であった。
たまには自炊もするが、お互い単身の身軽さもあってよく食べ歩いた。
先生と食卓を囲む時間と空間は、私にとっては有意義且つ楽しい授業でもあった。
近代思想史の学者で、著名な孫文研究家である先生とご一緒しているにも拘らず、実は私は一度もご専門の講義を拝聴していない。
失礼な言い方ではあるが、先生との会話はアカデミックな色がまったく無かった。浅学な私のために身近な事象から解きほぐして語られたので、より興味深く鮮明に心に残っている。

帰国後数年を経て、神戸(鴨子が原)のご自宅に何度も先生を訪れた。
先生は神戸大学を退官され、関西大学に移られた。お忙しい時間を割いて、私の結婚式にもご出席くださりスピーチまでいただいた。
当時、先生は「今度、大連に日本の文化センターのようなものをつくるんだが、きみ行ってみないか」と何度もお誘いを受けたことがある。
当時私はどうして先生のお誘いに応えなかったのか? 
そんなことが想い出され、先生を偲んで一人酒を酌む。

大連。
いい響きだ。
真冬の大連は経験が無いので、寒さに滅法弱い私にはそれが気になるが。
明日は山東半島煙台へ向かう。
[PR]
by officemei | 2005-10-09 22:08 | ■遼寧
天津でちょっと面白い人物に出会った。
彼の言葉のイントネーションが非常に耳に心地良かったので聞いてみた。
「出身地はどこ?」
「瀋陽だけど」
「ひょっとして旗人(満族)?」
「お~!どうしてわかった?」
「久しぶりに正当な北京語を聞いたから」
「はは」
「どの旗?」
「正黄旗だ。祖父は二品官だった」
「100年前なら畏れ多くてこんなふうに話もできなかっただろうなあ」
清朝は満州族のヌルハチの下、「八旗」といって八つの軍団(軍制ではあるが集団といったほうがいいかもしれない。
一族郎党老若男女の家族すべての生活をも包含した集団)を編成し、満州(東北)の地から全中国を統一した。
その八旗の中でも最上の集団が「正黄旗」だ。
二品の位とは、日本ならさしずめ最上級の貴族に相当する。
NHKの大河ドラマ「義経」で松坂慶子演ずるところの平清盛夫人は「二位の尼」と言うし、織田信長の長男は三位中将織田信忠と称した。
中国では「官品」と言い、日本では「位階」と言う。
直接皇帝(又は天皇)に見えることのできる地位だ。
彼との話の中で意外な思いをした。
日本の中国侵略を現在の視点で否定するのは客観的ではない、と言うのだ。
当時の両国の状況から見れば、日本の満州進出(侵略)には必然性があったし、それを抑止できない当時の中国の国力こそ問題なのだ、と。
すべての事象を後の時代の感性で評価するのは間違っている、と。
これについての私見は敢えて述べないが、そういう考え、見識を持つ人も中国には存在する、ということだ。
彼は清朝最後の皇帝である宣統帝(満州国皇帝)の事を「皇上」(おかみ、陛下)と尊称した。
中国や台湾の歴史ドラマなどでよく耳にする言葉だ。
満族の知識人の中では、戦後60年経った今でも、中華民国元年(1911年)から数えても約100年経っている現在でも、彼のような多分に復古癖っぽい人がいるのだろうか。と言った意味で変な、おもろい人物に出会った。
今日は天津YMCA開設110周年の記念イベントの中、中日両国YMCAの連絡委員会に出席。明日の夜10時頃の便で大連に向かう。
[PR]
by officemei | 2005-10-09 22:05 | ■天津
太原空港にてのいくつかのシーン

・チェックインカウンターにて
東方航空のチケットとキャセイアジアマイルカードを提示。カードは確認もせずにつき返される。
「おい。ちゃんとカード番号を入力しろよ」
「これは受け付けられない」
「どうして?」
「航空会社が違う」
「おい、もっと勉強しろよ。アジアマイルは東方航空も加盟しているじゃないか」
「東方航空のマイレージだけ受け付ける」
「これまでいろんな空港で東方航空を利用してるが、そんなこと言われたことないぞ。ちゃんと確認してから物を言え」
「なら機内で言ってくれ」
「わかった、わかった。名前を聞いておこうか、後日クレームつけるためにも」
「あ~?」
胸元のネームプレートを確認、メモ。

・待合室近くの喫茶にて
「いらっしゃい。ご注文は?」
「コーラちょうだい」
「どのコーラにしますか?」
「え?どんなコーラがあるの?」
外から中身が見える冷蔵庫を手で示して、「あれですが」
「コカコーラだけじゃないか。コカコーラ以外にどんなコーラがあるの?」
「あれだけですけど」
「なら、どんなコーラがいいかって聞く必要ないじゃないか」
「・・・」
「ここはタバコ吸ってもいいの?」
「禁煙です」
「そう、じゃ我慢する」
坐った席の向かいで外国人がタバコを吸い始めた。
「おねえちゃん、禁煙じゃなかったの?あの外人吸ってるよ」
「じゃどうぞ」
「どういうこと?禁煙なのか、吸っていいのか?」
「禁煙ですけど、いいです」
「・・・」
又いらいらしながら待っているとアナウンス。
「南京行きのお客様は到着が遅れていますのであと一時間くらいお待ち下さい」
「あ~あ・・・」
で、ようやく南京に着いた。
35度の暑さ。18度の太原から600キロの距離だ。
中国では4大火鍋と言って全国の暑いまちワースト4を形容するが、その一つが南京。でも空は青く、緑は多く、ほっとする。
下着もびっしょり、シャワー浴びて、さ、これから出陣、出陣。
[PR]
by officemei | 2005-10-09 21:52 | ■山西
タクシーに乗ってぼんやりと道行く人々を眺めていると、かすかに記憶している光景と重なり合った。
初めてこのまちを訪れた1975年、ちょうど今から30年前の光景。
自転車のベルの音、何千何万の「チリン、チリン」が反響し、合い間にバスとトラックの喧しいクラクションの音、拡声器のキンキン声のスローガン、いつもどんより曇った空、灰色・紺色・緑色の人民服、その限られた色彩ですら埃っぽく色褪せていた。
以来このまちには20回ほど訪れているがどうも私の琴線には触れない。
今、目の前の光景は車の渋滞、どの車も埃がこびりついている。
高層ビルと昔からの街並みが無秩序に混在し、その中を色彩鮮やかな服装が、やはり昔と同じように埃にまみれて行き交っている。
嘗ての国際都市長安の栄華を、この現在の西安に見出すことは無理だ。
確かに唐都の遺物、名所旧蹟の類は古都であるがゆえに枚挙に暇もない。
しかし私はこのまちそのものに長安の面影や微かな匂いも感じない。
更には現代中国の活気溢れ、無軌道でぎらぎらした都市の息吹も感じない。
ひとつのまちとしての新旧交々の主張が無いものだから、私のような余所者にインパクトを与えないのだ。
当地の知人は内陸都市だから沿海都市のような急速な発展状況に無い、更には古都長安の文化遺産は手厚く保存され、内外の観光客でまちは溢れている、と言う。
果たしてその程度の感性、認識でいいのだろうか?
正直言って私にはまったく魅力に欠けるまちだ。
時代に取り残され、それでもまちの風格を守っているようでもなく、古い物をどんどん淘汰し滅茶苦茶ながらも活気に満ちて変貌するでもなく、大阪のある漫才師のギャグのように「中途半端やのう!」と言いたくなる。
私の肌にはどうも合わない。明日は山西省都太原に向かう。
動画はこちらへ
[PR]
by officemei | 2005-10-09 21:46 | ■陝西