タグ:漫遊記 ( 1149 ) タグの人気記事

上半身は冬服、下半身は下着だけで地下鉄に乗るイベントが世界中のおバカさんの間で流行しているそうです。以下は台湾で1月に催された「地鐵無褲日」(No Pants Subway Ride)の模様。
e0094583_1675153.jpg

e0094583_1665485.jpg

e0094583_1693748.jpg



[PR]
by officemei | 2014-03-07 02:48 | ■台灣
e0094583_9544373.jpg
フルーツ天国・台湾でも一番ポピュラーなフルーツ、それは「芭樂(拔子)」だと思います。
中国では「番石榴」と呼ばれていますね。英語ではGuava。最強のビタミンC含有率です。

芭樂的維他命C 是柑桔的8倍、香蕉・鳳梨・蕃茄・西瓜的30-80倍,也是人類攝取維他命C的最好來源。
e0094583_9355411.jpg


拔子
[PR]
by officemei | 2014-03-07 00:09 | ■台灣
大気汚染(官僚汚職もありますが)、悲しいかな、中国では益々「汚」を感じます。
e0094583_2022498.jpg

[PR]
e0094583_20133290.jpg

[PR]
e0094583_11264230.jpg「この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡」 (角川文庫)という本があります。
第19回山本七平賞受賞の歴史ノンフィクションです。台湾海峡の制海権を中華民国が確保し今日に至っている、その基となる金門島死守に関連した物語です。

内容紹介;
1949(昭和24)年6月、九州・延岡の海岸から小さな漁船が夜陰にまぎれて静かに離れていった。船が目指すのは、真っ黒な海原のはるか彼方にある台湾。その船には、日本陸軍の元・北支那方面軍司令官、根本博中将が乗っていた。
傍らには、「俺の骨を拾え」と言われて随行を命じられた通訳が一人。この時、蒋介石率いる中国国民党と毛沢東率いる中国共産党との「国共内戦」が、まさに決着を迎えようとしていた。共産軍の攻勢によって、大陸から撤退し、いよいよ金門島まで追い込まれた蒋介石。根本は蒋介石を助けるために「密航」を敢行したのである。
「義には義をもって返す」。根本には、終戦時、蒋介石に言葉では表せぬほどの恩義があった。その恩義とは一体、何だったのか。
密航の途中、座礁や船の故障で、九死に一生を得ながら、根本は台湾に辿り着く。感激した蒋介石から根本は「林保源」という中国名を与えられ、金門島に赴く。そして、次々に作戦を立案し、押し寄せる共産軍に立ち向かった。
解説は、歴史研究家の秦郁彦氏。知られざる現代史の真実が今、紐解かれる。

e0094583_1012541.jpg


私は何度もアモイ側から金門島を望んだことがあります。
いわゆる金門島(いくつかの島の総称)は、福建省の厦門市(アモイ)と海を隔てて接しています。大陸側(中華人民共和国)からの至近距離で2.1kmしか離れていないこの島は、今に至るも中華民国(台湾)の実効支配下にあり、かつては国共内戦の最前線でした。
1949年、国民党が台湾に移ってのち、この地は国府軍の軍事的拠点となり、一般人の出入りは厳しく制限されます。1958年には有名な金門砲戦(823砲戦)が発生し、多数の死傷者を出すも国府軍は金門島の防衛に成功。その後、1992年11月7日の戒厳令解除後は多くの観光客が訪れるようになりました。
この金門砲戦とは1958年8月23日から10月5日にかけて、中華民国が実効支配する金門島に対し中国人民解放軍が砲撃した戦闘をいいます。戦闘開始2時間で4万発、1日で5万7千発の砲弾が飛び交いました。当時中華民国は国連常任理事国で、国連は中華人民共和国に対し非難決議を行いました。アメリカは第7艦隊を台湾海峡に派遣、核の使用も検討されたのです。
その後21年間にわたり形式的な隔日砲撃が繰り返されるも、1979年(米中国交樹立の年)にようやく終息します。
現在金門島は、いわゆる「三通政策」を受けて、中国からも台湾からも観光客が訪れる観光地となっています。つわものどもが夢のあと・・・

在五十年代臺海兩岸的對峙與炮火之中,這裡是硝煙彌漫的戰場,曾經血流成河、哀鴻遍野,但誰會想到在自然的更替和歲月輪迴中,往日的戰火已化為今日的幽靜與閒適?有一句話說:「我們曾經以為擁有漫天星斗,如今方知只是匆匆看客。」活在這個世界上,還有什麼好爭的呢?
張愛玲有一句名言:「歷史,是一個美麗而蒼涼的手勢!」但金門的歷史蒼涼而不美麗,過往戰爭的殘酷,經歷烽火的歲月,只有金門人才有最深切的感受。慶幸的是在解除軍事管制後,今日的金門已呈現一片觀光榮景,金門的風土民情、文化背景和自然生態,正期待著大家的認識與瞭解。
e0094583_11174617.jpg
e0094583_11175571.jpg
e0094583_1118639.jpg
e0094583_11181721.jpg
e0094583_11182465.jpg
e0094583_11184078.jpg
e0094583_11185069.jpg
e0094583_1119535.jpg
e0094583_1120431.jpg
e0094583_11202366.jpg
e0094583_11203959.jpg
e0094583_1120492.jpg
e0094583_1121622.jpg
e0094583_11211544.jpg
e0094583_11213339.jpg


[PR]
by officemei | 2014-03-04 02:31 | ■台灣
1978年12月、鄧小平は「四つの近代化」を掲げ、市場経済体制への移行を決定します。
先に豊かになれるところから豊かになり、その影響で他が豊かになればよいという、いわゆる「先富論」を掲げ、国内体制の改革と対外開放政策が始動しました。改革開放政策のスタートでした。
1980年から実質的に深圳、珠海、汕頭、アモイ及び海南省に5箇所の経済特区を設置し、1984年には大連、秦皇島、天津、煙台、青島、連雲港、南通、上海、寧波、温州、福州、広州、湛江、北海の14沿海都市を開放していきます。
今日の中国の繁栄は実にこの時期から始まったのです。

文化大革命当時、中国各地には「革命委員会」なるものがありました。はっきり言ってわけのわからない革命的大衆,革命的幹部,それと人民解放軍代表のごちゃまぜ「三結合」による革命委員会が、本来の地域行政を担うべき各地の人民政府に取って代わって君臨していたのです。しかし、この革命委員会も文化大革命の終息により消えていき,旧来の党と行政機構(人民政府)が復活します。写真は、改革開放路線のゴーサイン発令後の1979年11月時点のものですが、革命委員会はまだ機能していました。
e0094583_17251480.jpg
e0094583_17253825.jpg
e0094583_17255460.jpg

[PR]
e0094583_14495128.jpg以前、NHKスペシャル「空海の風景」を旅するというドキュメンタリー番組がありました。その後文庫本になりました。
「空海の風景」は、弘法大師空海を理解するに最良の素材です。
10年ほど前のことですが、仕事の関係で福建省霞浦県を訪れる機会がありました。当初、「福建の霞浦」と聞いて思い出したのが「空海の風景」。この地は彼が乗った遣唐使船が暴風に遭い漂着したところでした。平安京に遷都してさほどの年数が経っていない頃に空海は渡海します。1200年ほど昔の事です。それまでは無名の存在でしかなかった空海が、歴史の舞台に初めて光彩を放つのが実はこの漂着地霞浦に於いてです。詳しくはぜひ「空海の風景」を一読ください。
更に陳舜臣の「曼荼羅」を読めば完璧です。

e0094583_14511792.jpge0094583_1451495.jpg













e0094583_14554250.jpge0094583_14551771.jpg













さて、霞浦には「空海大師紀念堂」というのがありました。日本の真言宗信者と地元の人達が共同で建立したそうです。

e0094583_10521370.jpg
e0094583_10523173.jpg
e0094583_10525442.jpg
e0094583_1053562.jpg


e0094583_1113484.jpg

霞浦は省都福州から高速道路を飛ばし約3時間の距離にあります。そんな辺鄙な場所にある高校(霞浦職業中専学校)を訪れるのがこの時の主目的でした。訪れて驚いたのは、なんと鄙には稀なる学校というべきか!各学年に日本語専修クラスがあって、しかも日本人教師が常駐していたのです。
中国各地には日本語履修クラスを開設している学校がいくつもありますが、資格を有した日本人教師が直接指導している学校はまだまだ少ないのですが。
この学校でお会いした先生方は本当に純粋な人達で、心が洗われる思いでした。こんな田舎まちにも日本人教師がいる!という新鮮な驚きでした。
これといった地元産業も無く、総じて寒村といった体のこのまちで、三年間日本語を学び、日本語能力試験一級や二級に合格する学生もかなり多いと聞きました。この一事からしても先生方の日頃のご苦労を十二分に推察できました。
学生たちは卒業後、比較的日系企業や工場の多い福州・福清、或いはアモイにまで行って就職するのが夢だそうです。家庭の経済的背景は同じ福建の裕福なまちと比べると相当に厳しそうでした。
e0094583_10545595.jpg
e0094583_10551284.jpg
e0094583_10552620.jpg
e0094583_10554537.jpg
e0094583_10561770.jpg
e0094583_10563641.jpg
e0094583_10564666.jpg


霞浦の干潟の美しい風景は、中国でも多くの観光客をひきつけています。ずっとずっと昔、この地に遣唐使船が漂着し、そして空海が世に出ていくスタートをきったと思うと、ロマンを感じますね・・・
e0094583_1142346.jpg
e0094583_1143931.jpg
e0094583_1145044.jpg

e0094583_115630.jpg

e0094583_1151724.jpg

e0094583_1152589.jpg

e0094583_1153726.jpg

e0094583_1155447.jpg

e0094583_1161325.jpg

e0094583_1162571.jpg

e0094583_1164154.jpg

e0094583_1165480.jpg

[PR]
by officemei | 2014-03-03 00:09 | ■福建
自然冷凍で鮮度良好?
e0094583_1961564.jpg
e0094583_1963337.jpg
e0094583_196583.jpg
e0094583_1971427.jpg

[PR]
by officemei | 2014-03-01 19:11 | ■遼寧
中国では犬に塗料やヘアカラーを使ってパンダ柄に染めたのを見かけたことがありましたが、本当に中国で「パンダ犬」が誕生したというニュースです。
2月20日、江蘇省の塩城市に住む飼い主宅で先月6匹の子犬が誕生し、そのうちの3匹が、すくすくと育っていくうちに、パンダ柄に成長したそうです。
このパンダ犬の母親は現地で「中華田園犬」と呼ばれる犬だそうで、父親は白のペキニーズとのこと。3匹のパンダ犬は生まれたときは、白に灰色の模様だったのが、成長するにつれて灰色部分の色が濃くなり、どんどんパンダに似てきたのだそうです。
大いにあり得る話ではありますが、何しろ偽物大国の中国ですからねえ・・・

2月20日,江苏盐城一户居民家中,三只“体貌”酷似熊猫的小狗在快乐玩耍。据主人介绍,它们的妈妈是条深褐色的被称为“中华田园犬”的本土狗,爸爸是条白色的“京巴”犬。上个月6只狗宝宝出生时,有3只小狗的皮毛是深褐色,另外3只白色毛中夹着灰色的花纹,随着时间的推移,后面这3只狗的灰色花纹越来越深,到现在全身黑白相间,长成一副“大熊猫”样。

e0094583_19264572.jpg



ちなみに、以下は以前見かけた偽パンダです。
パンダ88,000元(約130万余り)で販売中。
どう見ても犬だけど・・・それにしては高すぎる。
e0094583_19324156.jpg

[PR]
by officemei | 2014-02-22 05:06 | ■江蘇
上海人民広場のお見合い(釣り書)掲示板:
e0094583_1646215.jpg

e0094583_8503426.jpg

e0094583_851471.jpg

e0094583_8512984.jpg

e0094583_8515363.jpg

e0094583_8522384.jpg

e0094583_8524137.jpg

e0094583_853368.jpg

e0094583_8532235.jpg


随着生活节奏的加快和社会竞争的加剧,“大龄青年”已是当今社会的普遍现象,从相亲娱乐节目《非诚勿扰》跨地区地热播,到大量剩男剩女的出现,俗称“找对象”的相亲会,引无数父亲、母亲、爷爷和奶奶们趋之若鹜、煞费苦心,“白富美”与“高富帅”的博弈正时时上演着现代版的“龙凤配”。



[PR]
by officemei | 2014-02-19 03:49 | ■上海