人気ブログランキング |

<   2010年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

坂本龙马是改变日本的英雄人物,他于1835年在日本四国南部的土佐出生,其父亲是一名下级武士。坂本龙马通过主导当时最强大的萨摩国 (Satsuma)和长州(Chosyu)的同盟,成功推行了明治维新。他“开化”和“尊王”的思想界定了近代日本的国家哲学。1867年维新取得成功,但他被反对派暗杀,年仅32岁便与世长辞。
e0094583_15553646.jpg


「土佐もいつの日か変わるかもしれん。下士も上士ものうなるがじゃ」。
下級武士の息子として生まれ、差別に苦しんできた坂本竜馬(福山雅治)が、後に三菱財閥の礎を築いた友人、岩崎弥太郎(香川照之)に向かってそう叫んだ。
“变天的日子就要到来了!”下级武士的儿子、一直饱受歧视的坂本龙马对后来创立三菱集团的朋友岩崎弥太郞如此喊道。

3日にスタートしたNHKの大河ドラマ『龍馬伝』の一シーンだ。朝日新聞は「変化を求める情熱は幕末のオバマのようだった」との評論家のコメントを紹介した。初回の視聴率は23.3%で、日本のドラマ視聴率としては非常に高かった。
这是3日开始播放的日本国营电视台NHK历史剧《龙马传》中的一个场面。《朝日新闻》介绍专家的收视感想称:“渴望变化的热情同幕末(幕府时代末期的19世纪中期)的奥巴马很相似。”该电视剧第一集的收视率为23.2%. 从日本电视剧的收视率情况看,这个成绩非常好。

坂本竜馬は日本を明治維新へと導き、世界の強国へと押し上げた英雄だ。古代から現代に至るまでで日本人が最も尊敬する人物の一人だ。高度成長期の1960年代に作家司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』が大ヒットしたことをきっかけに、竜馬は「成長」と「夢」を象徴する人物に数えられるようになった。そんな竜馬が再びブームを巻き起こしている。
坂本龙马是引导日本进行明治维新使日本跻身世界强国行列的英雄。从古至今,他是日本人最尊敬的人物。在司马辽太郎20世纪60年代撰写的讴歌高速增长的小说《龙马奔走》中,他是主角,与此同时,他在日本也是象征“成长”和“梦想”的人物。现在,坂本龙马正在掀起又一个热潮。

東京・丸の内の丸ビルでは2日から『龍馬と土佐の志士たち』と題した企画展が開かれ、4日には数百人が訪れた。来場者の半分は女性だった。過去の竜馬ファンは、小説『竜馬がゆく』に魅了された男性がほとんどだった。それもサラリーマンとして日本の全盛期を支えた60代の人たちだ。しかし、最近は「歴女(れきじょ)」と呼ばれる歴史ファンが新たにファン層に加わった。会場を訪れた女性は「これからは竜女(りょうじょ)と呼んでね」とほほ笑んだ。
4日,东京中心街丸之内(Marunouchi)大厦7楼展览场。名为“坂本龙马和土佐(坂本龙马的故乡)的志士们”的企划展吸引了数百人前来观看。其中半数是女性。过去坂本龙马的粉丝主要是迷恋于小说《龙马奔走》的60岁以上男性,他们曾是勤劳的工薪阶层,是支撑日本全盛期的功臣。但最近出现的女性古装剧迷“历女”们也加入到龙马的粉丝行列。来到展览场的40多岁女性笑着说:“请以后叫我‘龙女’。”

3日付毎日新聞によると、鹿児島県の霧島神宮には竜馬目当ての参拝客が押し寄せているという。霧島神宮は竜馬が新婚旅行で立ち寄った場所だ。また、日本経済新聞は「竜馬ビジネス」が好調だと報じた。竜馬の故郷だけで竜馬の写真を商品に使用するためのライセンス申請が昨年12月に300件を超え、高知、長崎、京都と竜馬の足跡をたどる「竜馬の道」という旅行商品も人気を集めているという。
《每日新闻》3日报道称:“鹿儿岛雾岛神宫迎来大批前来参拜的人。”雾岛是坂本龙马在度蜜月时曾游览过的地方。《日本经济新闻》报道称:“有迹象表明,‘龙马商业’将要百花齐放。”报道称,仅在坂本龙马故乡希望将龙马照片用于商品中的授权申请数量在12月就超过了300件,并且连接坂本龙马曾活跃过的地方高知、长崎、京都的“龙马之路”旅行商品目前深受欢迎。

日本の竜馬ブームは今回が3回目だ。高度成長期の60年代と日本経済が全盛期を迎えた80年代に小説出版やドラマ放送をきっかけとしてブームが生まれた。しかし、今回は日本経済が低成長とデフレに苦しむ最悪の状況でのブーム到来で、以前とは状況が異なる。
在日本掀起“龙马热潮”已经是第三次。在高速发展期的上世纪60年代和日本经济迎来鼎盛时期的80年代通过小说出版和电视剧的播出,曾掀起了龙马热潮。但这次日本经济因低增长和通货紧缩而陷入最萧条期,因此与前两次有所不同。

NHK『龍馬伝』の鈴木圭チーフプロデューサーは「疎外と格差の問題で発言権が弱まりつつある青年に『自分も時代を動かせる』というメッセージを伝えたい」と語った。
对此,电视剧《龙马传》的制作人铃木圭说:“目前由于被冷落和差距问题,青年人的发言权日益被削弱,因此希望向青年人传递‘我也能够推动一个时代’的讯息。”
by officemei | 2010-01-06 15:57 | ■日本
e0094583_12585741.jpg

1月8日がやってくる。
1976年1月8日。
私は当時、北京でラジオ・TVから流れる葬送曲を聴いていた。
周恩来総理の訃報。
この日、北京のまちは何とも言えない重苦しい空気に包まれていた。
中国の大衆が如何に彼を敬愛していたか、その沈痛さを肌で感じた。
日本の指導者が亡くなったとしても、私たちはこのように嘆き悲しむことは先ずあり得ないなあとも思った。
あの日から、確かに中国は変貌した。
文化大革命の終焉、極左路線が崩壊し、改革開放に中国は向かった。
そして今日の中国がある・・・

人民未忘周總理;
1976年1月8日,新中國第一任總理周恩來因病在北京逝世,當時成千上萬的民眾自發走上街頭,沿十里長街送別周總理。

e0094583_1257434.jpg
e0094583_12573298.jpg

(文革以前、外遊中の総理)
e0094583_12575960.jpg
e0094583_12582421.jpg


私は1975年からの数年間を北京で過ごした。

特に、1976年に起こった様々な出来事は生涯忘れることはないだろう。
その歴史の真っ只中にいたことが、私の人生を支えている・・・
1976年・中国;
1976年・周恩来総理逝去;

周总理的一句名言;
人总是容易看到人家的短处,看到自己的长处。
应该反过来,多看人家的长处,多看自己的短处。
这样不仅能使自己进步,也能帮助别人进步。
by officemei | 2010-01-05 02:00 | ■北京
小淵沢にある古神道「身曽岐(みそぎ)神社」;
e0094583_1755094.jpg
e0094583_175522100.jpg
e0094583_1755314.jpg
e0094583_17554128.jpg
e0094583_17555565.jpg
e0094583_1756589.jpg

神社に参拝した折に感じるあの感覚は、恐らく日本人にしか感じないものかもしれない。なんと表現すればいいのだろう、清冽さ、身が清まる心地・・・
穢れをおとす、身を清めることを「禊ぎ(みそぎ)」というが、なにか自然の摂理や荘厳さに真摯に向き合いたい気持ちが芽生えるのは日本人のさがかもしれない。
中国では、神道は侵略国家日本の象徴のようにみなされる。
実際旧満州の各地に神社が建立されたが、日本の敗戦後にはすべて壊された。
台湾でも国民党により各地の神社が壊されるか転用された。
しかし現在に至るもまだ存続しているところもあって、台湾人の神社に対する意識と大陸の中国人の意識の違いがこんなところにも垣間見える・・・
台湾に今も残る神社;
by officemei | 2010-01-03 01:56 | ■日本
e0094583_19154861.gif科系新星,快樂出列;
(時代とともに変わる大学)

教改多年,儘管褒貶不一,但廣設大學的目標的確已經達成。而在大學的新興系所中,也看到了一直以來所追求的創意與多元價值。
(長年にわたって進められてきた教育改革の評価はさまざまだが、大学の拡充という目標は達せられた。また、新興の学部学科には、教育が追求する創意や多様な価値観が見られるようになった。)

這些年,大學究竟出現了多少新系所?又帶來哪些新思維?在培育人才的搖籃中,系所消長反映的是我國高等教育發展的方向,也是產業變遷、社會需求和價值觀的改變,更是未來國家競爭力的關鍵所繫,不能等閒視之。
(大学にはどのような新しい学部学科が設けられているのだろう。そこにはどのような考慮があるのだろうか。大学における学部学科の消長は、国の高等教育発展の方向を反映しており、また産業や社会のニーズ、価値観の変化を示している。そしてさらに重要なのは、将来の国家競争力の鍵を握っているという点である。)

這幾年台灣高等教育擴張之快,令人目不暇給。
(近年の台湾の高等教育拡張のスピードには驚くべきものがある。)

15年前,台灣只有50所大專院校,如今已成長3倍,激增到162所。技職升格、新興大學增加,學生人數自然隨之增加。從在學人口數來看,高等教育人口的百分比,也從1990年的15%躍升為39%;台灣18到22歲的年輕人,有一半以上(57%)正優遊於大學殿堂中。
(15年前は50校しかなかった大学が今は3倍以上の162校まで増えた。技術専科学校が大学に昇格し、新たな大学も創設され、学生数も大幅に増えた。高等教育を受ける人数の全人口に占める割合を見ると、1990年には15%だったのが39%まで上昇し、18~22歳の若者のうち57%が大学に通っている。)

早期的大學是培育社會菁英的殿堂,以研究、創新、傳遞知識為職志。但在高等教育日趨普及之後,大學的定位與功能起了變化,開始朝多樣性發展。這樣的定位轉變,也反映在科系光譜的消長上。
(かつて、大学と言えば社会のエリートを育成する殿堂であり、研究や革新、知識の伝承を目的とする存在だった。しかし高等教育が普及するにしたがい、大学の位置づけと機能にも変化が生じ、多様な発展を見せるようになった。その変化は、学部学科の消長からも見て取れる。)

和香港理工大學的紡織與製衣學系中有專攻胸罩設計的課程、英國大學也有「唱片企畫科」等等相比,我國大學系所乍看之下顯得中規中矩、平凡無奇。不過,近年大學在大環境日趨開放、大學生異質性加大等條件影響下,都積極在系所間進行整併或調整。
(香港理工大学の紡織服飾学科にはブラジャーのデザインを専門に学ぶコースがあり、イギリスの大学にはレコード企画学科がある。これらと比べると、台湾の学部学科は平凡なように見えるが、環境の変化や学生のニーズの影響で、学部学科の併合や調整が進んでいる。)

新興科系比一比; 
(新興の学部学科)

根據台灣大學師資培育中心副教授王秀槐2003年底所發表的研究,近二年我國大學新增系所數目之多,前所未見。
(台湾大学教員育成センターの王秀槐副教授が2003年に行った研究によると、台湾の大学における最近2年の学部学科・大学院の新設数は過去にない数に上る。)

2002年,53家大學增加了190個系所,比起1995年的42個激增4倍;2003年又一舉新增456個系所,讓考生選填志願時簡直無從下手。而這項研究尚不包括近3年新增的大學和92家技職體系院校與師範院校,否則數目將更為可觀。
(2002年、53の大学で190の学部学科や大学院が新設され、1995年時の新設数42の4倍に増えた。2003年には新設数が456に達し、志望学科を選ぶ学生も何を選んでいいのか分からない状態だ。しかも、この統計には最近3年間に創立した新大学や大学に昇格した専科学校や師範学院は含まれていないのである。)

這股設立新科系的風潮席捲各大學,不分傳統大學(佔新設系所總數之52%)或是新設大學(佔48%);也沒有公立大學(44%)和私立大學(56%)的差別。王秀槐指出:「這顯示不論成立先後、公立私立,面對瞬息萬變的社會和經濟挑戰,各大學都必須全力以赴,努力跟上時代的腳步。」
(学部学科の新設は一部の大学の現象ではない。既存の大学(学部学科新設数の52%)、新設大学(48%)、公立大学(44%)、そして私立大学(56%)と、大きな差はない。王秀槐副教授は「大学創立の時期や公立私立に関わらず、どの大学も瞬時に変化する社会や経済の課題に直面し、懸命に時代についていく努力をしている」と指摘する。)

研究顯示,近年新增系所可分為高科技產業、國內所需專業技術、提升生活品質、基礎文理學科,與族群語言文化等5大領域,其中又以專業技術類為最多。
(研究によると、近年の新設学科は、ハイテク産業、国内需要のある専門技術、生活の質の向上、基礎文理学科、エスニック言語文化の5大分野に分類でき、中でも最も多いのは専門技術の分野だ。)

她指出,為因應全球化趨勢,培育具有國際競爭力的人才,像電子、通訊、材料、生物科技等領域隨之興起;培養本地所需的管理、醫學、環境、傳播等方面人才的專業技術類也大行其道。
(王副教授によると、グローバル化に対応して国家競争力を向上させるために、電子、通信、材料、バイオなどの技術分野の需要が増え、国内需要のためには経営、医学、環境、マスコミといった分野の需要が増えている。)

此外,為因應台灣社會發展的新興需求,包括生活品質精緻化、高齡化社會等趨勢,以及藝術、運動休閒、景觀規畫類等科系也應運而生,堪稱是最具特色的類別。
(この他に社会の発展から生じるニーズとして、生活の質の向上や高齢化、そして芸術、スポーツ、レジャー、景観計画などの分野も増えている。)     Moreをクリック

More
by officemei | 2010-01-02 19:06 | ■台灣
台北101は、高さ509m・地上101階、“101”の名前はこれに由来する。
この“台北101”・大晦日のカウントダウンイベントは、2005年の大晦日から始まった(今回で第5回)。
新年の0時ジャスト、台北のまちは101の花火で始まる、188秒の華麗なショウ。
これを見ないと新年が始まらない・・・
e0094583_11404111.jpg

e0094583_10122535.jpg

台北101新年花火(2010);



台北・これまでの様子;
第4回;台北101新年花火(2009)前編
    台北101新年花火(2009)後編
第3回;台北101新年花火(2008)前編
    台北101新年花火(2008)後編
第2回;台北101新年花火(2007)
第1回;台北101新年花火(2006)
by officemei | 2010-01-01 10:15 | ■台灣