人気ブログランキング |

タグ:漫遊記 ( 1149 ) タグの人気記事

以前、女子高制服フェチの部下がいました。制服を見れば即校名が出てくる驚くべき才能?の持ち主でした。私はその種の癖は持ち合わせていませんが、女子高生の制服は確かに見ていて気持ちのいいものですね。
最近、台湾で女子高の制服図鑑がアップされました。Googleのマップを使ったマニアックなものですね。
e0094583_22382567.jpg

e0094583_22384229.jpg




クリックするとチェックできますよ。ちなみに台湾には冬服はありません。
全台高校制服大全!GOOGLE地圖找給你看;
話說從小到大,學校制服一直是你我心中那最美好的回憶。
比起男生那種毫無變化的無聊制服,女生的樣式看起來賞心悅目多了。
全台「女生」制服大蒐集!
來看看大台北地區的制服都是哪些樣式吧,雖然是女生款限定,但大家不管是懷念、好奇・・・看看記憶中或是印象中制服的美好吧。
e0094583_1859932.jpg
e0094583_18592111.jpg
e0094583_18593119.jpg
e0094583_18594476.jpg
e0094583_18595662.jpg
e0094583_190983.jpg
e0094583_1902220.jpg
e0094583_1903169.jpg
e0094583_1904363.jpg
e0094583_1905632.jpg
e0094583_1911082.jpg
e0094583_1912312.jpg
e0094583_1913636.jpg
e0094583_1915150.jpg
e0094583_192932.jpg
e0094583_1922070.jpg
e0094583_1923348.jpg

by officemei | 2013-12-15 19:06 | ■台灣
重庆谢记老火锅(少陵横街店) ;
地址:成都・武侯区少陵横街9号(88号会所旁)
订座电话:028-66799888
屋号に重慶とありますが、店は成都です。
ここの火鍋はお勧めですね。最高!
e0094583_14141221.jpg
e0094583_14142458.jpg
e0094583_14143288.jpg
e0094583_1414395.jpg

by officemei | 2013-12-14 14:16 | ■四川
重庆・镇八方老火锅;
地址:渝北区金童路303号303号奥园10期22栋6-7号(奥林匹克花园)
订座电话:023-81985818 、18375620699
食べるのには些か勇気がいります。
味も日本人には合わないかもしれませんが、四川火鍋の粋ですね。
e0094583_1347689.jpg
e0094583_1347235.jpg
e0094583_13475579.jpg
e0094583_13484814.jpg
e0094583_13485699.jpg
e0094583_13491754.jpg
e0094583_13492462.jpg
e0094583_13493013.jpg
e0094583_1349367.jpg
e0094583_13494130.jpg
e0094583_13494749.jpg
e0094583_13495470.jpg
e0094583_1350156.jpg
e0094583_13503732.jpg
e0094583_13504560.jpg
e0094583_13505753.jpg
e0094583_13511657.jpg
e0094583_13512497.jpg
e0094583_13513332.jpg

by officemei | 2013-12-14 13:55 | ■重慶
成都南郊的石羊场客运站,每天有数班发往罗城的客车,需2个小时左右;
从宜宾高客站乘坐大巴直达乐山,车程90分钟,票价62元; 乐山联运车站有直达罗城古镇的车,车程90分钟左右,票价15.5元。
自驾路线:成都-乐山160公里;乐山-犍为县60公里;犍为县-罗城30公里。
e0094583_13324771.jpg


罗城古镇是比较原生态的川西小镇,并不是真正意义的旅游景点,所以在罗城停留的时间要看自己的喜欢程度,这里的住宿条件并不太好,爱地方特色人文的朋友会更喜欢这里,可以多住几天体验下。
在罗城古镇上,满街喝茶的乡民,一年365天,天天如。短短的一条街上,你来我往的乡民们基本上把茶馆当成了自己的半个家,每天如果不坐上喝杯茶,绝对不能舒服地过上一天。
在古镇上经营茶馆有10多年的一位大娘说:“其实许多人都是自带茶杯和茶叶,但都要到茶馆里坐上一阵子,兴许是为会朋友,兴许是为了解镇上新闻,反正,喝茶就是古镇的最大特色。”在外人看来,着实弄不懂茶客们每天到此喝茶的原由,而其间所有的乐趣恐怕只有他们自己才最为明白。(茶座免费,一杯茶2元,小吃从3元的羊杂汤到6元的罗城牛肉不等)
古镇上的茶馆一般9点多才慢慢有人聚起,到下午人最多,熙熙攘攘的,好不热闹。
e0094583_13332040.jpg
e0094583_13332925.jpg
e0094583_13334276.jpg
e0094583_13335741.jpg

by officemei | 2013-12-14 13:37 | ■四川
台湾気象局内ではマグニチュード4.5以上の地震が起きると、ちびまる子の「おどるポンポコリン」のメロディが流れ、局内には緊張が走るそうです。
e0094583_1344718.jpg

相信很多人都對小丸子的卡通片尾曲耳熟能詳,但俏皮音樂對氣象局的地震測報中心人員來說,卻是得全員上緊發條的警鈴聲,因為在地震測報中心只要小丸子音樂響起,代表台灣發生了規模超過4.5以上的地震,工作人員得在5分鐘內完成作業,並彙整訊息、對外發布;除了小丸子音樂之外,地震測報中心為了讓24小時全年無休的輪班人員可以即刻反應,還分別設置了不同音樂聲,讓工作人員可以掌握地震規模。
熟悉旋律,這是很多人在童年時光聽過的櫻桃小丸子卡通片尾曲,但相同音樂換到這卻變成備戰警鈴。
早上8點24分,澎湖外海發生規模4.7地震,因為規模大於4.5,氣象局地震測報中心成員一聽到小丸子鈴聲響起,30秒立刻進行作業,先確認是哪個偵測系統發出地震資料,再開始製作報告,同時發布訊息,並回報長官,整個流程絲毫不能出錯,就是為了在5分鐘內將地震消息傳出去。
只是怎麼會選小丸子當警鈴,其實有原因。地震測報中心主任郭鎧紋:「10年前,當時最紅的卡通影片就是櫻桃小丸子,所以我們只是把櫻桃小丸子的這個片尾曲拿來當作我們的(警示)音效。」


by officemei | 2013-12-13 13:44 | ■台灣
e0094583_21465742.jpg


台湾のお葬式はどのようにおこなわれるのでしょう。
日本のそれとは大分違いますので、参考に以下の動画をご覧ください。
台湾では火葬と土葬いづれもおこなわれていますが、風水に照らせば火葬墓より土葬墓のほうが良い気が集まるとされています。




さて、台湾でも中国でも、葬式には「哭葬女」(泣き女)を呼ぶことがあります。彼女たちは葬儀の時に、遺族の代わりに激しく泣くことによって悲しさ・辛さ・寂しさを表現します。れっきとした職業です。




なかにはブラスバンド演奏で葬送することもあります。
e0094583_21524138.jpg




追記;
テレサ・テンのお葬式(鄧麗君的葬禮);
彼女の告別式は準国葬、青天白日満地紅の国旗が掛けられました。



私も何度かお墓参りに行きました;
テレサ還暦;

おまけ;
かつて台湾のお葬式では、弔問客を前にストリッパーが歌やダンスを披露し死者の魂を弔うとい­う風習がありました。もうずいぶん見かけませんが私は南部で一度だけ体験したことがあります。
大陸の江蘇省では同様の風習がメディアで非難されたことがあります。
by officemei | 2013-12-09 21:50 | ■台灣
图解PM2.5致病过程;
e0094583_921484.jpg


私はこの半年間上海から離れていますが、北京周辺のみならず、ついに上海周辺も住みにくい状況になってきました。
上海市当局の測定では、PM2.5を含む大気汚染指数が400を上回り、6段階で最悪の「深刻な汚染」となっているようです。
在上海アメリカ総領事館のPM2.5濃度測定値は、1立方メートル当たり600マイクログラムを超えて最悪レベル。数百メートル先のビルが霞んでほとんど見えず、道路では日中から車がヘッドライトをつけて走行。高速道路も一部区間が閉鎖され、街では歩行者の多くがマスクをしています。
各地の病院では呼吸器科を受診する人が激増、住民の生活に支障が出ているとか。
e0094583_9132370.jpg
e0094583_9134833.jpg

中国史では王朝が革(あらた)まるときに、必ず天災が起こっていますね。
いやいや天災ではありませんね、共産党の施政に天がNOと言ってるようなものです。
天をも恐れぬ所業に鉄槌が下される、南無阿弥陀仏・・・

中国江蘇省南京市で、マスクを着けファッションショーに臨むモデルたち;
e0094583_9143570.jpg
e0094583_9145376.jpg


上海の様子(夜ではありません);
e0094583_920697.jpg
e0094583_9202174.jpg


私が住んでいた頃の上海を返してほしい・・・

おまけ;
1975年から1978年の3年間ずっと北京に暮らしていた頃、人々の生活は等しく貧しかったですが、北京の空は澄んでいましたよ
こんな風景は、まるでSF映画じゃないですか!
e0094583_9261499.jpg

by officemei | 2013-12-08 09:29 | ■上海
中國廣州車展
先月開催された(2013年11月22日-30日)広州モーターショー。
広汽ホンダ、東風日産、広汽トヨタなど日系合弁企業が広州に本社を構えているので、広州は中国における日系車の拠点となっています。しかし残念ながら種々の要因で他国メーカーに押されっぱなしの状態ですが、このモーターショーを契機に挽回できるよう期待しています。
さて、ここ10数年の中国では模特(発音はmote/モデルやコンパニオン)が注目されるようになりました。
ファッションモデルやカーコンパニオンはともかくも、家具の展示会にベッドでお色気をふりまくコンパニオンまで現れています。
更には益々エキサイトし、18禁まがいの姿態を来場者に見せつけるまでになってきました。車を見に来る人よりも、こっち目当の人が多いようにも感じられますが・・・
本末転倒、エログロナンセンス!

車展廠商為了吸引民眾看車,模特兒甚至故意走光,引發爭議!
e0094583_11112593.jpg
e0094583_11115546.jpg

e0094583_11114014.jpg

公序良俗;
家具展;
by officemei | 2013-12-07 11:30 | ■廣東
ずっと若い頃、古亭國小で國語の授業を聴講し、台湾師範大学で短期間の中国語講座に通っていたことがありました。民國63年のことです。
e0094583_1123242.jpg

私が居候していた葉さん宅は龍泉街という所にあって、ここから師範大学は近く、行き帰りにはキャンパスの東端に接した道路に並ぶ学生向けの食堂をしょっちゅう利用しました。
そのあたりが今や師大夜市といわれるほどに、ブティック・カフェ・レストラン・バーなどのこざっぱりした店から、雑多なB級グルメの屋台まであって賑わっています。
昔の面影はすっかり無くなってしまいましたが、学生街の活気に溢れたまちになっています。
e0094583_1133559.jpg

e0094583_1132883.jpg
e0094583_113447.jpg
e0094583_1135563.jpg
e0094583_1141082.jpg
e0094583_1141878.jpg
e0094583_1142675.jpg
e0094583_1143997.jpg
e0094583_1145072.jpg
e0094583_115034.jpg
e0094583_1151071.jpg

by officemei | 2013-12-04 10:53 | ■台灣
茶葉について;
私の従兄は姫路で老舗の茶店を経営している。子供の頃、茶葉を保管している倉庫が我々の遊び場だった。充満する茶葉の匂いの中でかくれんぼをして遊んだ情景を今もって鮮明に記憶している。

さて、林華泰茶行。
重慶北路二段193號にある「林華泰茶行」も、既に100年以上経つ老舗の茶店だ。
そもそも林家の祖は福建・安渓の地で茶葉の生産を手広くおこなっていたが、清朝末期の荒廃する世情を嫌い、新天地を台湾に求め渡台し根を下ろした。
当時、台北一の繁華街であった大稻埕に店を構え、奥には茶葉の焙煎場を有した。
以後アジア諸地域、遠く英米まで中国茶を輸出し、「林華泰茶行」の名声はゆるぎないものとなっていく。
e0094583_20194657.jpg

「林華泰茶行」の店内に入ると茶葉の匂いが充満している。薄暗くひんやりとした広い空間には老舗の持つ風格が漂よい、土間には大きな茶缶がずらっと並んでいて、蓋には茶種、等級別に一斤(600g)の値が記されている。
e0094583_2021532.jpg
e0094583_20211793.jpg
e0094583_20212745.jpg

試飲はできないが茶缶をあけて色艶、手触り、匂いを確認し、量り売りで購入する。
台北では旅行ガイドブックなどに掲載されている有名な茶店が多いが、真空パックがほとんどで、試飲した茶葉と購入した茶葉が果たして本当に同じものかどうか疑わしい場合もあるが、ここは昔ながらの売り方で目の前で茶葉を確認できるから安心だ。

私も些か功夫茶、茶芸を嗜むが、茶葉の購入についてはいつも少量にし、一旦開封すれば日を置かず飲みきることにしている。そうしないと本来の茶葉の味が失せるからだ。だから茶種それぞれを四両(一斤の1/4、約150g)ずつ購入する。

茶葉の等級は新鮮度、味、外見、品種と気候、土壌、焙煎時間などによって決められる。
凍頂烏龍茶は600~4000元/斤、小種烏龍茶なら60~400元/斤、白毫烏龍茶(東方美人茶)で400~2400元/斤。
包種茶(清茶)は80~2400元/斤、鐵觀音で60~2400元/斤、碧蘿春なら400~800元/斤、龍井(緑茶)は400~800元/斤、茉莉香片も60~800元/斤くらい。このように品質・等級により値段もぴんからきりまである。

いいお茶に出会ったときはほんとうに爽やかな気分に浸れる。
口中、鼻腔、喉に心地良い快感が奔るものだ。
e0094583_2059338.jpg


和昌茶荘という店もおすすめだ。店主がとにかくいい。
e0094583_205335.jpg
e0094583_2052076.jpg
e0094583_2053591.jpg


茶器について;
「新純香」という茶店の娘、王さんに茶器を見立ててもらった。娘といっても40前後。母娘で経営している茶店で、置いてある茶器に店の感性を感じる。
すぐ近くに「天仁銘茶」の分店もあるが、そこは私の感性に響いてこない。
彼女は嘗て千葉大学に留学したのだそうだ。相当達者な日本語を話す。
私がその昔、古亭国小で中国語を学習した話をすると、なんと奇遇なことで、彼女もそこの卒業生だった。
彼女がその小学校に入った頃、私はそこの高学年の国語授業を聴講していたので、校内ですれ違ったかもしれない。
ともかくもいい買い物をした。茶葉も茶器もお勧めだ。
e0094583_20182918.jpg
e0094583_20174161.jpg
e0094583_20181767.jpg


茶芸講習会;
台北・「茶九会館」に出向く。館主・黄浩然氏から中国語でマンツーマンの「台湾茶芸講義」を受けた。
氏は有名な茶芸館「竹里館」の店主でもある。
「如何にすればより美味しく飲めるか」、その一点が知りたかった。
今回の受講における最大の収穫は、美味しく飲めるには間合いがあること、それが氏の「点前」を何度も観察していて感じた。
茶葉の品質の良否や湯温(適温)、茶具等あらゆる前提が整っている条件でも、湯を注いだあとの間合いがポイントになりそうだ。
私がこれまで見よう見真似の我流で行なっていた所作の中に、この間合いはまったくなかった。
それを感じただけでも大いにプラスだ。
台湾茶芸、実に奥深い・・・
e0094583_20251678.jpg
e0094583_20255821.jpg
e0094583_20261035.jpg
e0094583_2026224.jpg
e0094583_20263829.jpg
e0094583_20265335.jpg
e0094583_2027274.jpg
e0094583_2027421.jpg
e0094583_2028269.jpg


茶葉料理;
上述「茶九会館」館主・黄浩然氏が経営する「竹里館」の茶葉料理。
e0094583_20363178.jpg
e0094583_20364967.jpg
e0094583_2037378.jpg
e0094583_2037125.jpg
e0094583_20372649.jpg
e0094583_20373838.jpg
e0094583_20375743.jpg
e0094583_2038727.jpg
e0094583_20381798.jpg
e0094583_20382678.jpg


猫空の茶芸館;
台北南郊にある猫空では鉄観音と包種茶が栽培されている。山間の鄙びた風景ではあるが、谷あいから台北市街を望むことができ、いつの頃からか、ここに数十軒の茶芸館が営業を始めた。
台北市内から近いこともあって、夏の夜は涼を求めて大勢の台北市民が押し寄せる。
市内にある瀟洒な茶芸館とは異なり、山間の緑に囲まれて飲むお茶もまた一興。峠の茶屋といったほうがいいかもしれない。
e0094583_19524261.jpg
e0094583_19525233.jpg
e0094583_1953336.jpg
e0094583_19531449.jpg
e0094583_1953444.jpg
e0094583_19535560.jpg
e0094583_1954651.jpg


茶芸館について;
年甲斐もなく、ぼくは渡辺満里奈のファン。
おにゃんこの頃からの。テレビのいろんな番組に彼女の丸顔が出てくると、なぜか気持ちが安らいだ。その彼女が本を出している。それも、台湾の茶芸について。
彼女の台湾茶芸に対するひたむきさが行間から溢れているので、ぜひ満里奈ファンの方、それに台湾のお茶に興味ある方はご一読下さい。「満里奈の旅ぶくれ・たわわ台湾」です。
e0094583_20513710.jpg

台湾の人はよくお茶を飲む。
泡沫茶を出すようなカジュアルなところから、茶芸館、レストラン、公園の憩いの場まで、いつでもどこでもお茶を飲んでいる印象がある。

映画の中でも、日常のさり気ない小道具としてよく登場しているが、何気ないようでいても、台湾の人たちがどれほどお茶を身近に、そして、大切に感じているかが見て取れるような登場の仕方をよくしている。
侯孝賢監督の代表作「悲情城市」の中で、長男の文雄が早朝、愛人宅で目を覚まし台所へ行き、すでに起きている女性が静かに朝の台所仕事をしているところ、誰が聞くでもない今見た夢の話をしながらお茶を淹れる、何も起こらない朝の風景といったシーンがあるが、私はこのシーンが大好きだ。

電球ひとつの部屋の灯かりを点け、昔の学校のストーブに置いてありそうな大きなやかんを女性が黙って手渡し、使いこみ色の変わった素焼きの茶壷を手ぬぐいでまず磨く。奥の暗がりには働く女性がずっと映っている。この一連の動作に、本当の日常を切り取って見たような感覚を覚え、観るたびに素敵なシーンだなあ、と思ってしまう。茶壷を手ぬぐいでごしごし拭くというところが好きで、私も真似して家でせっせと拭いている。そうすると、茶や茶壷への慈しみが湧いてくるもので、買ったときよりも「きれいに育っておくれ」という気持ちが増してくる。形から入るというのも、案外悪くない。
話がそれてしまった。そう、それくらい日常的なのだ。

今年の1月に行ったときに、台北にも、雨後のたけのこのごとく、スターバックスやそれに似たカジュアルなコーヒーショップができていて、その多さには驚いたが、それでも台湾の茶芸館は健在である。
一度店に入り、席についたら、そこはもう自分だけの世界。まるで家にでもいるかのように、各々の時間を楽しんでいる。どんなに長居をしても、店の人から迷惑そうな顔や、嫌な顔なんてされることはない。
「茶芸館」と呼ばれるところには、だいたい個室や半個室のような、かすかに光が洩れるくらいの布などで仕切られた空間がある。昔の建物を改造していたり、昔風な造りをしているところは、特にそのようだ。
それぞれにおしやべりを楽しんでいるが、店内には心地よい静寂が漂う。しかし、なにやら狭く、どこか排他的な閉鎖感を感じることも確かである。そこは、誰でも誘うわけではなく、特別な、同じ価値観を分かち合うもの同士が集う場所のような気がするのだ。

陽の光が入る席には、静かに湯気を出しつづけているやかんが火にかけられ、好きなときに茶を淹れ、湯がなくなれば足してもらい、日がな一日、飽くことなく過ごす。一日中、将棋に興じるおじさんたち、一人勉強する学生、おしやべりするカップルや学生に、会議をするビジネスマンたち、もちろん家族連れまでが茶芸館に集う。
そういえば、台湾の男の子は、女の子を口説くのに、茶芸館に誘ったりもするらしい。喫茶店や、ましてやお酒を飲む場所ではなく、茶芸館というのがなんともほほえましい、風情のある光景を想像させる。
しかし、なんて優雅で贅沢な時間の過ごしかただろう。せかせかと忙しい毎日を送っていると、喫茶店に行くのも、打ち合わせのため、仕事の合間の時間つぶし、といった感じになってしまう。
それでも、どうせ行くのならおいしい一杯を、と探すけれど、お茶を味わいに行く、そこで一日なり半日過ごすなどということはなかった。

私が子供の頃、近所の喫茶店は父の憩いの場で、何をするわけもないのだけれど、ただマンガが読める、厚切りのトーストが食べられる、なんて他愛もない理由で、そこに連れて行ってもらえるのがとても楽しみだった。
父はというと、土曜や日曜の午後に、そこでコーヒーを飲みながら、それぞれ好きな時間に集まってくる友達や、店の人と話をしたり、本を読んだりして半日を過ごしていた。私も退屈することなく、その空気に馴染んでいたことを憶えている。
昔の文人の過ごしている姿や、こうして文化が育っていったのだろう、なんていうことを茶芸館から想像してしまう。悠久の時が偲ばれるような優雅な風情などは微塵もなかったが、今思うと、喫茶店のあり方としては、今よりも人と人とがもっと近く触れ合っていたり、好きに過ごさせてくれる空気があったように思う。
時々、人の気配を感じたいときや、息を抜きたい、環境を変えたいというようなときには、喫茶店に行きたいと思う。行けば安くおいしいお茶が飲めて、人の気配が感じられ、一日ゆっくり過ごせる遅くまで開いている店があればな、と今つくづく思っている。

いろいろなことを教えてもらいながらお茶を飲み、親しんでいると、茶には喉を潤し、味わうこと以外にも楽しみ方があることを知る。
まず、一人で楽しむ。
一日の仕事が無事終わり、帰る道すがら「今日は何を飲もうか」と思案する。家にたどり着き、顔を洗うよりも前にやかんにたっぷりの湯を沸かす。大急ぎで化粧を落とし(あるいはそのまま)、その日の気分でお茶を選び、ちんちんに沸いたお湯で茶を淹れる。このときは大抵、香りのよい鉄観音や凍頂烏龍茶を飲むことが多い。最近はおいしいプーアルを購入したので、プーアル茶をということも多くなった。
飲んでふうっと一息つくと、その、アロマテラピーにも匹敵する香りの効果と清涼感で、一日の疲れがほぐされ、身体が癒される。喉の奥、舌の付け根あたりには甘い味が残り、その余韻も楽しむ。お茶の通ったあとは、ケミカルなものではない自然のエキスを吸収したように、身体が歓び、渇いてクシュクシュになっていた細胞も潤ってくる感じがする。疲れを忘れ、気持ちをすぐに切り替えられる。地味だと言われようが、暗いと言われようが、最近はこの時間に、一日のうちで一番のささやかな幸せを感じてしまっている。
ふたり、あるいは数人で飲むときは、リラックスして、想像力を働かせ、お茶の旨さを表現する言葉を探しながら楽しむのもいいかもしれない。

中国茶には、様々な印象や想像を喚起させる魅力がある。おいしいお茶を飲んだとき、それを的確に伝える言葉が見つからなくて、自分の持つ語彙の少なさに苛立つことがままあるが、それを表すのは、その人の記憶にある匂いや風景や言葉だったりするから、最初は思ったままを表現してみたい。
よく、ソムリエが「秋の雨上がりの森の中、落ち葉の下に眠る湿った土の香り」とか「乳飲み子の肌の香り」とか、わかるような、わからないような、しかしニュアンスは伝わってくる表現をする。その表現も自分の記憶を辿ったところのどこかにある情景や言葉だったりするらしいので、お茶を表現するときも、感覚を研ぎ澄まし、五感を使って、眠っている記憶を思い起こしていくと、思いがけず出てくる言葉や情景が見つかるかもしれない。

お茶が好きで好きでたまらないという、ある日本の茶商を営む男性は、お茶への気持ちが頂点に達したとき、飲んだお茶がどんな土で、どの樹から、どのように作られたかがわかったという、表現とはまた違ったところの域に達した究極の人もいる。まあ、これは特別な例だけれど。
花のような香り、桃みたいな香り、栗のような味や蜂蜜のようなこく、清らか、可憐、雅やかなどなど。そこから、思いを巡らせていくのは案外楽しいもの。とは言っても、こうなると、おのずと自分との対話にもなってくるから、誰彼かまわずご一緒にというわけにはいかない。それはちょっと恥ずかしい。酒の席を共にするのとはまったく異なる、茶を通してのコミュニケーションは、同じ価値観を分かち合える人、心を開ける人、開いて話をしたいと思う人と共に楽しみたい、密なコミュニケーションの手段でもある。
お茶は、なくても生きていけるけれど、知ってしまったら最後、贅沢な嗜好品となり、あると断然気持ちが豊かになれる、ちょっと大人の楽しみでもある気がしている。

紫藤廬。お茶や台湾に詳しい人に、台湾のおすすめの茶芸館を聞いたら、必ずこの店の名前はあがるだろう。
「紫藤廬」は台湾で一番古い茶芸館だと聞いたことがある。
日本統治時代に建てられた自宅を今は茶館として開放しているため、どこかハイカラな日本建築風で、テーブル席と共に畳の部屋もある。ここがとても落ち着く。
また、入り口を入って右側奥に、ゆったりとした感覚で座卓が置いてある天井の高い板の間があり、柔らかい陽の光を感じながら静かにお茶が楽しめる。
カフェや茶館の理想的な役割であると思われる文化交流の場、サロンとしてもその功績は広く知られているようだ。店には店内で催されるコンサートのポスターやチラシが、さりげなく置いてある。
以前、私たちがお茶を飲んでいた板の間の向かいの席で、企画展のためか自作の書を広げている人がいて、私たちに、どれが好きかと尋ねてくる女性がいたりした。
そもそもここの店主がこの茶館を始めた理由と言うのが、台湾大学の教授だった店主の父親のもとに集まった芸術家たちのように、誰もがお茶を飲み談笑できる場所を提供したいとの考えからで、その志は、茶にも菓子にも庭にも息づき、しかも押し付けがましさは一切ない。
静かな空間で心落ちつかせることができる。店のカードにも書いてあるように、沈思(深く考える)、思維(思考)するもよし、対話(対話)、品茗(茶を味わう)するもよし、時々は時間を忘れて過ごしたい。
庭の藤棚の花が咲きほこる頃に、次は行きたい。

台湾は“お茶の学校”です;
映画「闘茶」。
日本から香川照之・戸田恵梨香。台湾からF4のヴィック・チョウ(仔仔こと周渝民)、超売れっ子女優のチャン・チュンニン(張鈞甯)。香港からは名優エリック・ツアン(曽志偉)が出演している。音楽はショーン・レオン。

この映画の特徴は、背景の台湾。台北の慈聖宮・屋台街・西門町・猫空・淡水・華山創意文化園区や、中部南投縣竹山鎮などの台湾各地でロケをおこなった。
幸せになれるお茶を求めて、京都から台湾へ。
この映画、内容はいまひとつだったが、台湾でお茶を喫したい気分にはなる。



茶葉蛋;
台湾のコンビニ、必ず置いてある茶葉蛋。口中に茶葉の匂いがほんのりと残る。
e0094583_20435555.jpg
e0094583_2044678.jpg

by officemei | 2013-12-02 12:33 | ■台灣